menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

アンナチュラルの劇中に出てるかりんとうの購入方法!値段や原材料とカロリーも調査!

 

アンナチュラルのドラマのストーリーは先が読めないのが面白いですよね。不自然な遺体と向き合いその証拠から事件を解決していくというお話しです。

ミコト(石原さとみ)たちが向き合うのは、物言わぬご遺体ばかり。

そのご遺体の亡くなった痕跡を丁寧に拾い上げ時間や原因そしてどんな経緯をたどったのかなども調査で明らかにしていきます。法医学者は日本には170人しかいないとドラマの中で語っていましたが、それだけ過酷で大変なお仕事なんだと思います。

解剖をして、臓器の破片をとって保存したりとなんだか一般の人がその現場にいると滅入りそうな雰囲気ですが、さすが解剖医と臨床検査技師、てきぱきと仕事をこなす姿がドラマでは描かれます。

しかし、やはり体力を必要とする仕事らしく、第7話では東海林夕子(市川実日子)のリクエストにお答えして所長の神倉(松重豊)が大量購入し、UDIラボに段ボールが山と積んであるシーンがありました。

結局、新しく買ったメーカーの違うかりんとうは、飽きたという東海林のひとことで余ることが決定しましたが、これまでUDIラボのメンバーの解剖後の癒しになっていたのがかりんとうです。

アンナチュラルの劇中のかりんとうの購入方法や原材料とカロリーを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラルに出てきたかりんとうの購入方法

第7話では、UDIラボに山と積まれたかりんとうの箱がありました。メンバーがいつもかりんとうを食べているのでリクエストにお答えして神倉所長が購入したものとは若干ラベルが違いますが、これまで何度も出てきたかりんとうはこの商品です。

【劇中登場】アンナチュラル(ピーナッツかりんとう)

出典:TBSishop

550円(税抜)+送料

製品の仕様
・内容量 約160g
・賞味期間 製造より90日(常温)
・製造 日本

金曜ドラマ「アンナチュラル」の劇中でUDIラボメンバーが食べている「かりんとう」を商品化したもの。

普通のかりんとうだと思っていたんですがピーナッツかりんとうだったんですね。

この商品は、TBSの運営している「TBSishop」で購入できます。

TBSishop

ドラマに出てくるものなどを扱っていますが、このかりんとうはショップのドラマ全体のランキング3位ということからかなり人気だということがわかります。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラルのかりんとうの原材料とカロリー

かりっと上げた生地の外側に白蜜をからめて粗びきのピーナッツをまぶしているものです。

原材料
糖類(砂糖、水飴、果糖)、小麦粉、ピーナッツ、植物油脂、ピーナッツ粉末、卵黄粉末、蜂蜜、食塩、イースト

 

見るだけでカロリーが高そうですねー(;^ω^)

この商品のカロリーは公式からは出ていませんので、一般的なかりんとうのカロリーを調べてみると・・・。

だいたい、100gのかりんとうのカロリーは440kcalくらいだそうです。

このアンナチュラルのかりんとうは内容量160gですので、全部食べると600kcal以上ありますね。さらに、ピーナッツがまぶしてあるのでその分のカロリーもプラスすることになります。

ま・・・アンナチュラルのメンバーも解剖後の疲れた身体の糖分補給ですから、かなり甘い物でないといけないわけです。

第7話の感想とネタバレです。

まとめ

アンナチュラルでは、解剖医や検査技師などが「死」と向き合うのと同時に食=「生」も表現していると思います。ミコトや東海林もよく食べるシーンがありますよね。

「かりんとう」もまたドラマにとっては大事なアイテムなので、興味のある方は食べてみてください。

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ