アンナチュラルの中堂の過去!第3話の感想と赤い金魚の秘密が気になる 

これまで、解剖の現場でのシーンが多かったのですが、アンナチュラル第3話では舞台を法廷に替えてミコト(石原さとみ)が活躍をしました。そして、もうひとりの解剖医である変わり者の中堂(井浦新)も大活躍をしています。

第3話で語られた中堂の黒い(たぶん)過去と感想、そして第1話で語られた「赤い金魚」についても考察してみました。
[clink url=”https://doramemo.com/annenatural1-kanso”]

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル第3話の感想

中堂役の井浦新さんって写真でしか知らなかったのですが・・・

第3話では、めちゃくちゃ頼もしい男でした!

ドラマが始まってから、謎の多い男でしたが第2話では、そのずば抜けた頭脳でミコトを湖から助け出し、第3話では法廷でベテラン検事を言い負かしていました。

UDIでは、自分の考え以外にはなびかず、メンドクサイ人だと思ってたんですが、真向切って対立するミコト(石原さとみ)の言うことにふわっと妥協したりするんですよね。

最初に出てきた、坂本(ずん・飯尾)から中堂がパワハラで訴えられるんですが、ミコトが提案したクソと言うことの禁止の誓約書

①クソとは言わない
②高圧的にならない
③パワハラを行わない

こんなのにあっさりと署名してしまうのは、ただの変人ではないなと思いました。

法廷で仕事を終え、帰る途中で言った言葉がまた印象的でしたね。

「人なんて皮をはいで切り刻めばただの肉の塊だ、死ねばわかる。」

中堂が最初出てきた時は、しゃべり方がどうも作ってる感じがして違和感を感じていたのですが、この言い方とセリフとで第3話はスパーンと締まりましたしカッコよかった。

しかし、このドラマの面白さは、中堂がこんなことを言ったあとに、UDIのメンバーでバーベキューをするというシーンが織り込まれるのが笑えました。

[clink url=”https://doramemo.com/annenatural2-kanso”]

 

スポンサーリンク

 

中堂の過去に何があった?

第3話のラストでは、少し中堂の過去が明らかになりました。

今回法廷で対立した烏田というベテラン検事(吹越満)は、中堂の過去をよく知っているようでした。

・ニッショウ医大に過去に勤めていた。
・もしかすると人を殺してしまったのかもしれない。

この2点が烏田検事の口から語られました。

法廷で、中堂に事件をひっくり返されて激怒し「いつまでも逃げおおせるとは思うなよ!」と捨て台詞を吐いていました。

烏田検事が中堂に話しかけた言葉

法廷でお会いするとは思いませんでしたよ。
それもまさか証言台に立つとは。
皮をはげば全員同じ、あなたが言うと説得力がある
法医学者は人殺しの方法を知り尽くしたプロですからね

週刊誌の記者も中堂のことを知っているので、なんらかの事件の当事者もしくはその解剖をして問題を起こしたのかもしれません。

赤い金魚って何なのか?

アンナチュラルを見てると節目に出てくる、葬儀屋の木林南雲(竜星涼)。中堂は誰にもなびかず、誰にも心をひらかない一匹狼がなぜかこの木林とだけは仲が良いのです。

そして、第1話で中堂が木林に「赤い金魚」が見つかったか?と語り木林に金を握らせる場面がありました。

その時、木林は「今日はありませんでした」と答えるんです。

まだ、本当の意味は解っていませんが、葬儀屋に尋ねるとなると遺体でしょう。ただ、他の死体とは判別のつくなんらかの目印があると思われます。

「赤い斑点」もしくは「赤いあざ」など、なにか赤く変化するものでしょうね。

ただし、「今日は・・・」と言ってることから、わりと出てくるご遺体だと思います。

つまり、ミコトの本当の家族が亡くなった原因の一酸化炭素中毒に関係するのではと想像します。第2話で同じように一酸化炭素中毒で亡くなった遺体をミコトが見た時に、ご遺体は「サーモンピンク」のような色になると説明していましたよね。

そういったところから、ミコトの過去と中堂の過去の事件とは何らかの糸でつながっているのではないかと思うのです。

アンナチュラル第3話の流れ

半年前に起こった主婦のブロガーが殺された事件で解剖医として出廷してほしいと烏田検事からUDIに依頼がありました。

ミコトは中堂に言いますが、中堂は元部下の坂本から訴えられていて無理だと言います。

仕方なくミコトが対応し、法廷にたち証言をしますが、凶器はセラミック製の包丁とされていましたが、法廷で初めて見せられた3D画像で矛盾を指摘し、証言をその場で撤回することになります。

その理由は、刺した包丁が背中の骨に作ったキズの形状でした。

被害者は左ききで、凶器とされるセラミックの包丁も左利き用。しかし、形状はどう見ても右利きのもの。

弁護士は、次の公判にミコトを誘い、今度は弁護側の証人として出廷します。しかし、裁判官は皆年を取っている者ばかりなので注意をするようにと忠告されます。

案の定、烏田が用意した新しい、超ベテランの法医学者が検察側の証拠に間違いないと言い、ミコトは反論。

烏田は、ミコトが女性であることを指摘しあおりミコトはまんまとその作戦に乗り、言い争ってしまいます。

「女性だから、感情的になる」

そう印象付けた公判になり、週刊誌でもゴシップ記事が書かれ、当の犯人とされている夫の要一(温水洋一)もあきらめ無実であるが罪を認めてしまおうと言い出しました。

ミコトは、凶器の判定のため自費で大きな肉の塊を購入し包丁も数本買い検証を行いました。

これと言った決めてもない中、UDIに残していた被害者の傷の肉片の成分を調べることを思い立ちます。

調べてみると、包丁はセラミックではなくステンレスだったことがわかり、アワセド(京都の高級料亭で砥石として使われている)の成分も検出。

内容は、アワセドで研がれたステンレスの包丁が凶器。

しかし、前回失敗したミコトが法廷に立つわけにもいかず、中堂と交代することになります。

中堂は、法廷でこのことを高圧的に答え烏田と対立し、京都の料亭を営む被害者の弟を突き止めます。

そして、ミコトは、中堂の誓約書を持ち坂本に会い、話をまとめました。

 

[clink url=”https://doramemo.com/annenatural4-kubota”]

 

まとめ

第3話では、初めてミコトと中堂が手を組み、お互いの事案を解決するという共同作業が行われました。

中堂は、UDIでも上から目線の高圧的な態度でしたが、法廷でもやはり高圧的は態度でした。

そして、ミコトを怒らせ有利に事を運んだ烏田検事を怒らせたしなめるシーンまで演出するという粋な演出までありました。

第3話を観て、中堂の過去が少しだけあらわになり、深刻な事件に関係しているような雰囲気で気になりますね。

今後のつながりも楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です