アンナチュラルの白井の復讐と海老原(少年X)にモヤモヤ!第7話の感想とネタバレ

毎回、観ているものの想像を超えてくるストーリーのアンナチュラル。第7話も学生のゲーム感覚の遊びかと思われたものが、実は深い問題を抱えていて、ミコト(石原さとみ)に降りかかってきました。

場所を替え、それぞれの犯人たちの闇も見え隠れするストーリーに毎回思わず見入ってしまいます。

アンナチュラル第7話の感想とネタバレ、そして今回の主人公となった白井と横山、さらに正真正銘の行方不明の少年Xの海老原にフォーカスしてみました。

 

[clink url=”https://doramemo.com/annenatural-karinto”]

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル第7話の感想

今回の内容はどこにでもありそうな問題が表面化したそんなストーリーでした。ゲーム感覚でミコト(石原さとみ)に挑戦してきた白井という学生というイメージで進んでいたお話しが、最終にはどんでん返しが待っていました。

挑戦を受けたミコトは受けてたち、見事ストーリーを見破るのですが、その白井が本当に抱えていた深い悩みをも読み解くんです。

公開で行われた知恵比べですが、その中には白井の悲痛な想いがありミコトにある言葉を言わせたいという真のメッセージを送っていたのです。

ミコトも、何かわからないけれどもそのメッセージを犯人が言わせたいということだけ気づいていた。

いつも冷静で変人の中堂(井浦新)も今回ばかりは、動画中継を見て居ても立っても居られなくなりミコトの要請で協力するんですが、最後、白井を助けに行ったところでは、メチャクチャ頼りがいのある男でした。

死を選ぼうとしている白井に対して、きっぱりと行った言葉そして、遺体となってしまった横山にそっと自分の上着をかける東海林夕子(市川実日子)にもグッときましたね。

仕事がら、遺体に情はかけてはやってられない、しかし、こういった行為が亡くなった人に対して敬意を払っているというか、UDIラボの人たちは、人の死というものに真向から向き合っているという感じもしましたね。

アンナチュラルの第7話を観た人の感想は?

 

行方不明の少年Xの海老原くんはどこに行った?

ストーリーでは、ミコトの弟が勤める予備校で白井という生徒がミコトに連絡を取ってきました。すると、遺体と一緒にいるパプリカの顔をした少年がミコトに挑戦をしてきたのです。

その場には、白井、被害者Yと人質のXの足だけが映し出されました。

弟やミコトたちは白井の学校に出向き、連絡の取れない男子生徒をピックアップした先生が出した資料の中にあった生徒の名前が海老原崇クンです。

亡くなっていたのは、横山伸也くんだったのですが白井が言った人質Xとは、人形だったのです。

そこで、ふと気になったのが、人質X候補だった海老原くんの居場所です。ドラマでは、最後まで明かされませんでした。

海老原くんを心配する声も・・・。

あまりにも心にズシンとくるお話しだったので、海老原くんが無事保護されたのかそれとも家に帰ったのか気になる人が多かったようですね。

海老原くん!早く家に帰ってお母さんを安心させてください。心から祈ってます。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラルの第7話のネタバレ

ミコトの弟の三澄秋彦(小笠原海)の勤める予備校の生徒がミコトに会いたがっていると言ってきたため予備校に出向きますが、その生徒の白井は現れませんでした。

ミコトは、白井にいつでも連絡を取っても良いからとアドレスを弟に託しますが、突然連絡がかかってきた白井に連絡を取ると、動画の生配信をしていました。

自らを殺人者「S」と名乗り、「人を殺した」そう言うと同じ部屋の後ろには少年の血だらけの遺体がありました。

遺体の死因を見分けろというまるで挑戦状のような内容でした。

そして、隣の部屋にはもう一人の少年、Xがいてミコトが答えられなかったらもうひとり殺すと言いました。

制限時間は視聴者数が10万人を超えた時。

ミコトはその挑戦を受けてたち、遺体の瞳を見せるように要求。

身体には、3か所の刺し傷、そして瞳孔の開き具合から死後15時間以上と考え、逆算して推定時間夜8~10時頃と推定しました。

ヒントは視聴者数によって4つ与えると白井は言い、ひとつめのヒント「Yくんを殺したのは別の場所」と語ります。

次のヒントは3万人になったら・・・。

久部(窪田正孝)は、画面の遺体の足に上履きがあったことから白井の通っている翠川高等学校に行き行方不明者の確認をします。

すると、白井の情報と共に、横山伸也と海老原崇という生徒が連絡が取れないことがわかります。

学校では、久部と東海林がルミナール液を使い、血痕の跡を追っていくと、体育館の道具室にたどり着きました。

そこにあったのは、血だらけのマットの跡・・・。

再度ミコトたちは、白井から送られてきた動画を確認すると、被害者Yの身体には複数も打撲痕があることも見つけます。無数にある打撲痕は同じ時間ではなくそれぞれ違う日についたものだとミコトは言いました。

ミコトの弟は、白井が仲の良かった女子生徒に話しを聞くと、白井と横山そして小池という少年がつるんでいて、備品倉庫で小池がナイフで脅し横山に乱暴をしていたところを見たと言います。

乱暴は、担任も把握していましたが、仲が良いからおふざけだったとイジメをちゃんと受け止めていませんでした。

そして、白井の動画に出てきたサバイバルナイフは、小池が学校に持ち込んでいたことも判明。

小池はナイフが盗まれたと言い張りますが、死亡推定時刻のアリバイを聞くと猛全と暴れだしました。

しかし、小池は言いたくないと語りません。

調べていくと、小池のグループでは白井がターゲットとなりイジメが横行していたことが徐々にわかってきました。

ミコトたちは、次なる調査のため科学捜査用ライト(ALS)を備品倉庫に持ち込み反応を調べました。すると、その場には血だけではなく白い粉のようなものも落ちていることがわかります。

警察が小池について調査をすると、犯行時刻とされる時間に、本屋で万引きをして身柄を引き留められていました。

動画の中で白井は、ある小説らしき一説を読み始めます。

調べてみると「ソア橋事件」という短編推理小説。

遺体のナイフの刺さり方、現場の白い粉からソア橋のトリックを引用していることがわかります。

結果は横山の自殺。

白井にミコトは、法医学者としてそこまでの見解を言いますが、その先にあったイジメの状況や因果関係も語り、自殺の本当の原因は「イジメによって殺された」と語ります。

白井は、その場でもう一人殺すと言い自分の顔を出し自殺を図ろうとしますが、血液反応を追っていた中堂らが部屋に入り白井の手にあったナイフをとります。

※次回はとうとう久部六郎の正体がわかりそうです。

[clink url=”https://doramemo.com/annenatural4-kubota”]

 

まとめ

この事件の真相は、横山が自殺だったということとなりました。

・小池のグループに横山と白井がいた
・白井は小池の言いなりとなりイジメを受けていた
・横山がかばったが、小池たちのターゲットが横山になる
・横山と白井は二人で小池に一矢報いるべく犯行を考えた
・自殺をして罪を擦り付けようとしますが、小池はその時刻に万引きでつかまる
・それを目撃した白井ですが、横山に連絡をとるもすでに自殺を決行していた
・紙粘土にナイフをさかさまに刺し自分で倒れこんで背中を刺した後、外にあるおもりをほどき凶器を窓の外の排水路に入れるというトリック

こういった経緯があり、次は白井がミコトに挑戦するという形でギャラリーを増やしたあげく自殺を見せつけるという作戦が決行されましたが、結局ミコトたちの調査で思いとどまることになりました。

白井と横山は、命を消すことしか解決策がなかったのかといろいろ考えさせられる第7話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です