anoneは暗いけど泣ける!偽札の伏線と3話の感想

anoneの第3話が放送されました。あまりドラマでは泣かないのですが、今回はちょっと泣かされましたね。

このドラマは主人公は辻沢ハリカ(広瀬すず)なんだけど、本当の主役って林田亜乃音(田中裕子)なんじゃないかと思わせる3話でした。

暗いけど泣ける内容や、偽札がとうとうその目的を果たし始めた第3話の感想です。

 

スポンサーリンク

 

anone第3話の感想

このドラマでは、いわゆる大物俳優がキャスティングされています。

女性では、倍賞美津子さんや、田中裕子さん、小林聡美さん。

倍賞美津子・・・ハリカのおばあちゃん(児童施設の虐待をしていた学園長)
田中裕子・・・元印刷工場で住み、ハリカと偽札が縁で繋がりを持つ
小林聡美・・・カレー屋の阿部サダヲと行動を共にする

それぞれ、すごく良い味を出していてさすがだな・・・と思うのですが、今回は田中裕子と小林聡美が直接交渉をするシーンがありました。

緊迫の交渉の末、まとまった時にふたりで古いタバコを吸うシーンがあったのですが、その存在感たるやビックリしていまいましたよ。

田中裕子さんは、娘に捨てられて一人で孤独に生きている暗いおばさん。

おそらく、町の中でいても絶対見分けられないくらい、日常に溶け込んでいます。

前回に、持本(阿部サダヲ)と青羽(小林聡美)が偽札と知らずに、隠し金を目当てに林田の印刷所に押し入り、そこにいたハリカ(広瀬すず)を拉致してお店に帰ると、持本が古くから知っている男、西海(川瀬陽太)が模造拳銃を持ってさらにカレー屋で立てこもるという展開。

ハリカが林田の娘と思い込んでいる持本と青羽、西海はハリカをネタに隠し金を持つ林田に身代金を要求するんです。

交渉に行くのは、青羽。

詳しく言えないので、青羽が遠回りに娘のことと説明すると、どうもかみ合わない。よくよく聞いたら一晩だけ一緒に過ごしたハリカのことだと林田が気づくんですよ。

娘の話では、重い雰囲気だった林田が、ハリカがとらわれていると知ると夫の保険金1000万をポーンと払ってしまうんです。

このあたりで涙腺が崩壊しました。

感想の文章だけではうまく伝わらないと思うので、ほんとにこの部分は田中裕子さんの名演技を見てもらった方が良いです。

ドラマを見ていると、えっ!ハリカにそんな大金を払うんだーって意外性が先にたつんですが、田中裕子さんの説得力のある演技で涙に代わりました。

心理はわかりませんが、おそらく一晩だけ一緒にいただけですが、林田の心に響いたのでしょうね。

そして、この騒動のきっかけとなった優しすぎる男のカレー屋持本も、ハリカを事件に巻き込んでしまった責任を感じているのか、立てこもり現場でハリカのことを気にかけるんです。

青羽が交渉に出かけたあとも、トイレから脱出させようと試みたり、逃がそうとしたり。

余命がないことで、自由に生きようとしている持本でしたがやはり悪い人になりきれないのか、犯人西海が、自殺しようとしている時にも必死に説得をする。

anoneは、登場人物すべてにそれなりの事情があり、掘り下げていくようですが、犯人の西海もそう。

西海のやったことは絶対に許されないことですが、この男の事情もちゃんと織り込んでいました。

西海は、上司を模造拳銃で撃って逃げていた最中でした。

「一番の幸せは、終電で帰ること」

さらっと語りましたが、1文ですべてを語っているような気もしますよね。

私も、過酷な残業の経験がありますが、忙しさや疲れって人を蝕むんですよね。いくら前向きに頑張ってても肉体の疲れからあまりよくないことを考え出すという悪循環は忙しい人なら経験しているかもしれません。

「生きている意味がわからない・・・・」同じく西海が語った言葉ですが、これってこういうシーンではよく使われる表現です。

西海は、「裁判を受けたりするのが嫌」・・・と言うんですよ。

手続きとかそういうんじゃなくて、「偉そうに言われたり、命令されるのが嫌なんだー!」って言った時に、この男の背景が見えてきました。

ずっと、上司に偉そうに叱られていて、仕事ができずにいつも帰れない・・・そんな日々を送っていたんだろうな~と思いました。

この西海は、騒動を起こしたあげく青羽に騙されて自分のふがいなさを絶望し、持本が止めるのも聞かずに自殺してしまうのです。

今回、偽札の伏線がひとつ回収された回でした。

 

スポンサーリンク

 

第3話での偽札の伏線回収

林田亜乃音と辻沢ハリカ、そして持本と青羽とつなげたのは林田の夫が印刷工場で作っていた偽札でした。林田は、夫が作った偽造紙幣を床下から見つけるもなにかの拍子に外に出回ってしまい、回収をしていたんです。

林田が海辺で偽札を燃やしているのを見た持本と青羽は、隠し金だと思い、それなら奪ってしまおうと林田の家に強盗に入ります。

林田の家で一晩泊まり、家の世話をすることになったハリカは持本たちが押し入っている時に帰ってきてしまい拉致され、カレー屋にもどると、そこに不動産屋で元持本をだました西海が模造拳銃で上司を撃った後に入ってきて3人を人質にします。

林田が大金を持つ(偽札)と信じている持本は、ハリカがその娘だと思い込み話をすると西海が娘を人質に身代金を獲ろうと計画。

青羽を林田との交渉係にしてハリカが拳銃を向けられている写真を撮り向かわせるのです。

現地にいくと林田が燃やしていた大金も印刷だとからくりも判明・・・。

そして、交渉は林田の夫の保険金1000万で成立。

身代金を青い袋に入れ、海の前で待つ犯人に橋から投げ落とし、ハリカは開放され犯人はあわてて逃亡・・・。

しかし、そのお金は青羽が細工をし、片面だけ印刷をした模造のお金だったことが途中でわかります。

そんな間抜けなことをしてしまい犯人の西海は絶望して海岸で自殺・・・。

たまたま居合わせた、中世古(瑛太)が、偽札の袋を持ち去り、そして、知恵のある青羽は本物の1000万を持ち家路につきます。

まとめ

第3話の最後に、林田はハリカを抱きしめ、ハリカがなぜ自分のためにお金を使ったのか?と問うシーンがありました。林田は言葉で言い表せないから笑いながら泣くんです。

anoneの名言は心に刺さりますが、感想を書く者としては文章で表現しづらいドラマです。

セリフ以上のものが動画に詰まっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です