明日の約束のあと一人は霧島だった!怪しい及川光博と結末の最終回予想も!

明日の約束も圭吾の事件を元に、いろんな膿がでてきましたね。毒親の名前の通り吉岡真紀子(仲間由紀恵)は筋金入りの母親でしたし、怪しいと最初から言われていた及川光博(霧島)もやっぱり事件にかかわっていました。

8話では、実行犯というワケではなくすべての糸を引いていたと言った方がよさそうです。8話のネタバレと共に、今後の展開も予想をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

明日の約束のあと一人

亡くなった圭吾と白井香澄(佐久間由依)は幼馴染でした。お互い、イジメにあい圭吾は自ら命を絶ち、香澄は学校を退学するということになったのです。圭吾は亡くなる前に香澄と会っていて、香澄の恨みを晴らしてやるとイジメの中心となっていた望月を歩道橋から突き落とし障害を負わせました。

生き残った香澄は、圭吾の無念を晴らすべく、イジメの張本人といわれるバスケ部の顧問の辻、そして2年の長谷川を次々に襲っていきます。藍沢日向(井上真央)は香澄に圭吾との共通点を感じ連絡を取ると、香澄は「あと一人」まだやり残していることがあると逃げてしまったのです。

その一人が誰なのか、圭吾の事件の真犯人なのではと話題になっていました。

第8話では、あと一人は霧島(及川光博)ということが、香澄の行動でわかりましたね。ただ、この霧島がした事というのが視聴者の想像のつかないことだったのです。

スポンサーリンク

第8話のネタバレ

真紀子は圭吾のスマホを見るとそこには「お母さんのせいで死にました」とメッセージがありました。

日向はいろんなことが重なり、夜の学校で倒れそうになります。たまたまそこに居合わせた霧島が介抱をし、カウンセリングルームに連れて行きます。すると香澄から校門の前にいるからと電話が入り慌ててふたりは校門に駆けつけますが誰もいない・・・。

カウンセリングルームからふたりが出るのを確認した香澄は素早く霧島のカバンからパソコンを取り出し持ち帰ります。霧島は、自分のカバンからパソコンがなくなっていることを知ります。

圭吾の妹は、圭吾の事件を嗅ぎまわっている記者と接触をし、母がこれまで何をしてきたのかをデータ化したものを手渡しました。それは、真紀子が圭吾の部屋に盗聴器を仕掛けて記録していたもの。

妹は家に帰り、真紀子のパソコンから圭吾の声の記録をすべて削除してしまいます。理由は少しでも母に注目をしてほしかった・・・それは殺意であっても・・・。

母が家に帰ってきて、圭吾の声が無くなったことを知り妹に手をかけようとしますが結局なにもせず大事なパソコンを抱きしめ泣くばかり。ちょうど父が帰ってきて声を荒げます。

妹は自分自身で児童相談所に連絡を入れ、入所するように依頼していました。

新聞記事が公になることがわかり、真紀子が雇った弁護士事務所も訴訟を辞めることを学校側に謝罪してきました。その後、香澄に罪滅ぼしとしてお使いを頼まれた望月が日向に連絡を入れてきて、霧島のパソコンを手渡します。

その中身を知った日向は霧島に対し、圭吾がクラスの人からイジメを受けるようになったこと裏で糸を引いていたのが霧島だったことを知ります。

最終回の結末はどうなるか予想

第8話での結末は、日向の手から霧島へ問題のパソコンが手渡されました。

「圭吾くんが、クラスで孤立する理由をつくったのは霧島先生だったんですね」
「ええ・・・その通りですよ」

これがラストでした。次週予告では、真紀子の影もチラホラとでてきていることから、なにかの目論見があり真紀子と霧島がつながっているのではとも感じました。

ここからは、結末の予想です・・・

真紀子は、夫が愛人を作り家を空けてしまったことに寂しさを感じ、圭吾にどんどんとのめり込むようになった。中学では、学校のやり方に納得せずに口出しをして何度も早退をさせるなど異常な行動を起こしていたのです。

つまり、圭吾を自分のもの(所有物)として外の環境になじまないで欲しかった。バスケや学校で友人を作るなんてまっぴら。自分から離れないで欲しいと強く思うがあまり行動を束縛し、孤立することを母が望んだのではないか・・・。

そこに目を付けたのが、1年B組の霧島です。二人をつなぐものは「金」。真紀子の実家は裕福で政治家の夫の資金援助もしているほどでしたよね。つまり自由になるお金を霧島に手渡し学校の圭吾を見張り、仲間ができそうになると孤立をさせるように仕向けたのではないかと想像します。

その前にあった香澄の件は、香澄が圭吾に近い存在だから・・・。それを真紀子が知って霧島を使ったのではないかと予想をしてみました。

まとめ

・香澄の言う、あと一人は霧島だった
・香澄は霧島のパソコンを盗み、悪事を知る
・日向もパソコンの中身を見てしまい、霧島が圭吾を孤立させた張本人だと知る。
・結末は、やはり一番の黒幕は圭吾の母の真紀子で霧島を金で雇ってのではないかと予想する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です