明日の約束第7話の感想とネタバレあらすじ!香澄の狙いは霧島か真紀子か?

前回は、バスケ部を襲ったのが圭吾の幼馴染の香澄だとわかりました。香澄はあとひとりと言い残し去っていきましたが、いったい誰の元に向かったのでしょうか・・・。

周りを見れば、怪しい人ばかり・・・、特に香澄にも圭吾にも関係している霧島の不可解な行動や、毒親の真紀子も圭吾にとっては重い存在だったので、命を絶つ理由ともなり得ます

日向のプライベートでも、自分の毒親をどうコントロールすれば良いのか思い悩んでいますが、無事結婚できるのかも心配です。

スポンサーリンク

明日の約束第7話のあらすじ

バスケ部の1年生である圭吾(遠藤健慎)は不登校の末、自ら命を絶った絵。その事件以来、学校とバスケ部がイジメだとやり玉にあげられ周りから騒ぎ立てられた。

圭吾の母の真紀子(仲間由紀恵)も学校と担任の霧島(及川光博)や日向(井上真央)を相手取り訴訟を起こすと言い出した。バスケ部の顧問の辻(神尾佑)とバスケ部部長の大翔(金子大地)が続けて襲われる事態となった。

目撃証言から、その犯人は圭吾の幼馴染である香澄(佐久間由衣)だと気づきます。香澄は2年前にイジメが原因で学校を辞めていて、自分をいじめた者たちに 復讐を考えていたものの、圭吾が実行をしてくれていた。そのお返しとして自分が圭吾の無念を晴らそうとしていたんだと。

日向は香澄を思いとどまらせようとするも、まだやり残したことがあると言い残して消えてしまった。

その後、記者の小嶋(青柳翔)が香澄のことをかぎつけ、日向の前に現れる。理由は、ネット上では圭吾の母親が毒親として暴露され、圭吾の事件が起こったときの悪い評判が書きこまれていたために香澄のターゲットは母親の真紀子ではないかと予想をしていました。

一方、日向は本庄(工藤阿須加)の家に結婚のあいさつのために行くと、11年前に兄が事故で亡くなったことを知らされる。本庄もまた、日向の母親尚子(手塚理美)とふたりの間を結婚を機会に良いものにしようとしますが日向は上手く表現できません。

尚子は本庄と会ううちに、男の悪い部分が見えてきたと言い出してしまう。

スポンサーリンク

明日の約束第7話の期待度

30代 女性
幼馴染同士、それぞれのイジメられていた相手に復讐していってたとはビックリしました。担当の霧島先生も前回には、母親が毒親だとSNSの炎上させているような表現もあったので、香澄の最期のひとりがいったい誰なのか気になります。おそらく、今香澄が狙っている最後のひとりがすべての鍵を握っている人に違いない!

20代 女性
イジメを見て見ぬふりをしたいたっぽい霧島先生。どうも母親に罪をなすりつけたい感じですが、目論見はうまくいくんでしょうか・・・。新聞記者も圭吾の父のこととか嗅ぎまわっているし、まだ闇がありそう

30代 女性
日向と本庄の実家の秘密が少しずつ現れてきていますが、本庄もなにかまだ隠しているような気もするし、(兄の本当の亡くなった原因とか)タイトルの「明日の約束」というのが、日向の少女期の毒親尚子に強制的にやらされていたものと知り背筋が凍りました。尚子は日向を自分の思い通りの人間にしたかっただけだったんだと思うと親と子の関係って何なんだろうと考えさせられた。

明日の約束第7話のネタバレ(流れ)

放送終了後更新いたします。

明日の約束第7話の感想

放送終了後更新いたします。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です