明日の約束の第9話の感想とネタバレあらすじ!霧島の闇が意外にも深かった

生徒が命を絶ってしまったことから始まったこのドラマ。最初から怪しさが漂っていた霧島先生(及川光博)がとうとう、自分の悪事を認めました。本人にすれば悪事というよりもその行動こそが正しいと思い込んでいたような節もあり日向(井上真央)と真向から対決します。

スポンサーリンク

明日の約束の第9話の感想

霧島先生が、どうやって圭吾をみんなから仲間はずれにしたのかという手口が語られるとともに、さらに深い闇があったことが発覚しました。結局圭吾を追い詰めたのは、母親だけではなくいろんな力が加わっていたようです。

最初は重いストーリーとどこを見ても病んでる親と娘と息子ばかりでドラマを見ると気持ちがどよよーんとなってたのですが、最終回が近くなるにつれどんでん返しはないもののなぜそんな行動をとったのかが鮮明になり思わず集中してみているという現象が起こりました。

亡くなった圭吾だけでなく、束縛している母も、妹も欲しい愛情が受けられずに病んでいたことがわかります。しかも、霧島先生の不可解な行動にも理由がありました。

日向も見の周りのしがらみと決別することになるんですが、意外にもサバサバしているというか明るくなったのが印象的でしたね。そりゃ、事件にどっぷり巻き込まれて毎日疲弊することがなくなったら明るくなるわなー(;^ω^)

まだ、あと一波乱ありそうですが、良い方向に行ってほしいと思います。

スポンサーリンク

明日の約束の第9話のネタバレ

ここからはネタバレです。

日向は、香澄が霧島から奪ったパソコンの内容を見てしまった。霧島は受け持つ生徒たちのデーターを作っていて圭吾のものを見て「罰」が必要だと判断。圭吾と同じクラスで仲の良かった男子生徒渡辺に声をかけ、何か問題はないのか?と聞いたあと「じゃ・・・吉岡の勘違いか」と独り言を言い去っていきます。

そのあと、圭吾をみんなの前で呼び出すということをしたために渡辺は自分のことをなにか告げ口しているのではないかと思い込みます。そこから、二人は険悪なムードになり、圭吾はクラスで仲間外れにされることになりました。

バスケ部でのいざこざも渡辺がそっとビデオにとっていることを見ていた霧島は、教室に生徒がいない間に渡辺のスマホから動画のデータを抜き出してSNSに拡散をしました。

なぜそんなことを!と日向が詰め寄ると「自分なりの教育だ」と霧島は言ってのけました。自分の持論を展開したあと日向が責めるとあっさり自分の非を認め、自分は教師失格だと・・・。ただそういった扱いを受ける者には受けるなりに問題がある。

圭吾の件を持ち出すと、霧島は原因は頭のおかしい母親のせいだといいました。そして、日向も圭吾から告白されたことを黙っていたのではないのか?と霧島は日向を責めました。

真紀子(仲間由紀恵)の元には夫が来ていました。それは、2年前に渡した離婚届を出すための催促。

「私はちゃんとした家族を作りたかったんです」
「子供たちのために、私自身のために・・・」
「私はどこで間違えたんですか?私のどこがいけなかったんですか?」

夫は、息が詰まると言い放ち去っていきました。

日向の元に和彦(工藤阿須加)から電話がかかります。和彦は謝りますが、すでに日向の心は決まっていて、別れ話を切り出します。

そんな中世間では、女優が殺人事件を起こすという事件がおこり騒然となります。当然、毒親のことはみんなの記憶から消え去ろうとしていました。

1年B組では、ホームルームで、圭吾の家に生徒たちがお線香をあげにいきたいと霧島に話していました。しかし、霧島は頑なに許すことはしません。時がいつか事件を風化させるというだけで取り合いませんでした。

生徒からの相談を受け霧島と二人で話すことにした日向。そこで、なぜ圭吾にペナルティを与えようと思ったのかと霧島に尋ねると、担当を持ったころ、真紀子が学校に現れ霧島の過去、仙台のあおば中央高校に勤めていた時のことを探り出し釘を刺しにきていたんです。

霧島は今の学校に来る前、前任の学校で女子生徒に性的暴行をでっちあげられ退職となっていました。

保護者は全部バカ!と開き直り言い出す霧島に悲しそうなまなざしで日向は見るしかありませんでした。

新聞記者から連絡が入り、真紀子の娘からリークした盗聴の証拠のデーターを貸し出して良いと言い出しました。そのデーターを日向が聞いてみると、ごく普通の仲の良い親子の会話でした。

その後、望月から日向に連絡が入り、香澄がいなくなったんだと。最後の一人の霧島のところに行ったのではないかと語ります。日向は慌てて帰宅した霧島をおいかけるとそこには香澄の姿がありました。

結局、最後のひとりを狙うことはやめたんだと言い出し、圭吾を責めたのは自分も加わっていたのではと思いとどまったのです。日向にすべて話した香澄は一緒に警察に行くことを決心していました。

香澄が最後に手渡した霧島のパソコンのすべてのデーターを日向は校長に見せました。すべてを知った校長は霧島を呼び出し怒りをぶつけると霧島はあっさりと処分を受けると語ります。

そして、日向も自分が黙っていたことを学校側に報告していなかった責任を取り学校に辞表をだしました。家に帰った日向はどことなくふっきれていて笑顔もこぼれています。

一方、真紀子は物置に黒いロープをもって入り結び目を作りドアノブにくくりつけました。

まとめ

・霧島がすべての糸を引いていて、事件の糸口を作っていた
・しかし、実は霧島は過去に別の学校で、暴行事件に巻き込まれで退職をしていた
・霧島はすでに、生徒や保護者に対して偏見を持っていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です