ブラックペアンのキャストに加藤綾子アナ!竹内涼真の役や第1話のあらすじも!

嵐の二宮和也さんが日曜劇場のドラマ出演が10年ぶりだと話題になっています。前期の99.9も松潤が出演していましたので、このドラマも目が離せません。

日曜劇場といえば、豪華なキャストで脇を固めることでも毎回話題になりますが、ブラックペアンでも同じく豪華メンバーとなりました。

原作より、ブラックペアンのキャストや役どころ、そして第1話のあらすじをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean-imi”]

 

ブラックペアンのキャスト

ブラックペアンの原作は新人研修医の世良雅志の話で進んでいきます。今回のドラマについては、オペ室の悪魔と呼ばれるスゴ腕の外科医の渡海征司郎が主役となっています。

世良役は、2クール前の陸王ではこはぜ屋がマラソンシューズを造るきっかけを作ったマラソンランナー茂木裕人という重要な役割を果たして大人気となった竹内涼真さんがキャスティングされていますし、今季の目玉キャストと言えば元フジテレビアナウンサーの加藤綾子さんではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

渡海征司郎(とかいせいしろう) 二宮和也

入局してから10年になる総合外科学教室の医局員であるが昇進には全く興味がなく、万年の平局員である。会議等の医局が開催する行事にはほとんど顔を見せないことや、態度がよくないが、手術の才能と腕が良い。いつも外科の控室にいることが多いので「オペ室の悪魔」とも呼ばれている。

手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医

世良雅志(せらまさし) 竹内涼真

研修医。東城大学医学部付属病院総合外科が区教室(別名、佐伯外科)に入局した。東城大学医学部の時にはサッカー部に所属。

高階権太(たかしなごんた) 小泉孝太郎

世良の指導医で、総合外科学教室に赴任してきた。経歴としては帝華大学で第一外科教室の助手、そしてマサチューセッツ医科大学に2年間留学経験も持つ。

「スナイプAZ1988」という食道自動吻合器を利用して医療技術を変えようとしているが佐伯とは対立する。

佐伯清剛(さえきせいごう) 内野聖陽

総合外科学教室の教授。「神の手」を持つと称される心臓外科医でもある。「佐伯外科」のトップで、なぜかいつも手術を行う時は「ブラックペアン」という真っ黒なペアンを他の手術用具と一緒に並べている。

垣谷雄次(かきたにゆうじ) 内村遥

総合外科学教室の医師で世良との付き合いはサッカー部から。世良の8年先輩で世良の思ったことを口にするところをたしなめることもある。

「チームバチスタ」の第一助手で、胸部大動脈瘤バイパス手術の専門家でもある。

黒崎誠一郎(くろさきせいいちろう) 橋本さとし

総合外科学教室の助教授で心臓血管外科グループの頂点。高階に対してはあまりよく思っていない。

北島達也(きたじまたつや) 松川尚瑠輝

世良と同期で優秀で信頼されている研修医。

関川文則(せきかわふみのり) 今野浩喜

総合外科学教室に入局して5年目になる医師で世良の上司。

藤原真琴(ふじわらまこと) 神野三鈴

手術室とICUの看護婦長。

猫田麻里(ねこたまり) 趣里

手術室の主任看護婦。普段はよく昼寝場所を探し回っているため藤原からはよく思われていない。

花房美和(はなぶさみわ)葵わかな

手術室の看護婦。手術での機器出しの経験はそれほど多くなく経験は浅い。

田口公平(たぐちこうへい) 森田甘路

医学部の2年生。世良から教育指導を受ける。海渡の告知方法には賛同しない。

速水晃一(はやみこういち) 山田悠介

医学部2年生。世良から教育指導を受ける。海渡の考え方には肯定的。

西崎啓介(にしざきけいすけ) 市川猿之助

帝華大学の教授。 日本外科学会理事長選では、佐伯のライバル。

木下香織(きのしたかおり) 加藤綾子

元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や新機器開発の治験の窓口となっている

ブラックペアン第1話のあらすじ

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。

三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永も注目する手術だ。

そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。

そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが・・・。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった。

出典:TBSテレビ「ブラックペアン」

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean-imi”]

 

まとめ

今回の本格的な医療ドラマのキーマンとなるとも言われている治験コーディネーターを女優経験のない加藤綾子アナが演じるのはかなり驚きました。

ただこれまでの日曜劇場でも陸王の阿川佐和子さんや下町ロケットの高島彩さんなど、「えっ・・・この人が!」みたいな話題造りの出演もありましたが、それぞれ役をキッチリこなしてこられていますので、上手な話題のキャスティングなんですよね。

なので、今季の加藤アナの演技にも期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です