ブラックペアンにソムリエ田崎真也!第3話の感想とネタバレ!

オペ室の悪魔と言われる渡海先生の本領が発揮されたブラックペアンの第3話。手術中に急患が出たために2つの手術をまたいで一気に2人を救うという技を見せました。

それも、高階先生のためにあえてスナイプを使わせるというところまで計算をした渡海先生はすごくカッコよかった。

心タンポナーデという症状でショック状態になったのは、ソムリエの田崎真也さんでした。

ブラックペアン第3話の感想とネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean2-kanso”]

 

ブラックペアン第3話の感想

このドラマでは、元アナウンサーのカトパンや、加藤浩次など初めてドラマ出演をする人が目立つ中、今回の患者にはソムリエの田崎真也さんが出演されていました。

話題造りでのご出演でしょうが、突然のご出演に驚きました。

田崎さんの演じるのは、楠木秀雄という人。執刀した高階には明かされませんでしたが、実はこの人物は日本の医療を変えるとも言われる、日本外科ジャーナルのやり手編集長だったのです。

しかも、付き添いには紫吹淳さんという豪華さ。

田崎さんは、セリフはほとんどなく棒読みではありますが、第2話も島田洋七が起用されるなど、話題性のある人がキャスティングされるようです。

回を増すごとに、渡海先生の天才的な腕と勘が明らかとなります。

エコーを見るだけでどの医者もわからない問題点を発見したり、心臓手術が危険なため、高階が、夜通し世良と検証したスナイプの進入位置も、何の検証もなくぶっつけ本番で即やってのけてしまう、もうほとんど怪物的な医者。

ただ、倫理とか患者のためとか命を救うとかそういう使命感でなくて、佐伯への復讐心だけで医師をしているという変わり者。

いつも、大金目当てで手術をするんですが、今回もアメリカのスナイプの症例を2つつくったということで、治験コーディネーターの木下(加藤綾子)からやっぱり大金をもらっていました。

ドラマの中では、かなり横暴で言葉遣いや態度も悪い人なんですが、若いのに腕が天才的に良いから周りの医者も従わざるを得ない。高階も同じで、相当経験を積んだ医者なのに、渡海の前ではまるで新人のような雰囲気になるんです。

ただ、第3話では、渡海と高階がやり合うんですが、急患の楠木に対して、高階が推し進めるスナイプ手術をするための準備をしてやったりと、なにも言いませんが、高階に花を持たせるような態度をとりました。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean-koizumi”]

 

楠木が苦しみだした心タンポナーデとは?

楠木は、心臓の手術をするために、東城病院に入院しましたが、佐伯教授が楠木を見て、肝臓の部分も検査をしておこうと言い出すのです。その言葉を聞いて、渡海は楠木の体に異変があることを察知しました。

いつか、楠木がショック状態になることも計算済み・・・。

その、楠木が突然引き起こした病状「心タンポナーデ」とは。

心臓の周りに大量の血液などが溜まり、正常な拍動が出来ない状態で、早急に処置しないと死に至る

出典:TBS「ブラックペアン」

「いまきやがったか・・・」

厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司の息子である隼人を手術している最中に起こった出来事に渡海が言った言葉ですが、ずっと予測していたんですね。

渡海先生恐るべしです。

 

[clink url=”https://doramemo.com/sunaipu-toha”]

 

ブラックペアン第3話のネタバレ

東城病院に2人の患者が入院してきました。ひとりは佐伯教授の患者で楠木秀雄(田崎真也)で佐伯式で手術を受けることになっていました。そしてもうひとりは、厚生労働省の次期事務次官候補である田村浩司(依田司)の息子・田村隼人(髙地優吾)が患者。

しかも、田村は帝華大学の西崎教授(市川猿之助)に話しを聞き、スナイプの手術を受けさせたいと言い、高階もこれまでスナイプで失敗続きのため、意気込んでいました。

高階が隼人を調べると、心臓に欠陥が見つかり、スナイプ手術は難しいと判断し断念することを決意。

しかし佐伯は、スナイプを使っての手術を渡海にさせると言い出しました。

その意図は、スナイプ手術が成功した時の高階の論文。論文の最後に監修をした教授の名前を西崎から自分に変更させようとしていたのだ。

西崎も、高階の論文にはかなり執着をしていて、最後の自分の名前の文字の大きさや文体まで指示するほど大事なもの。

佐伯は、その駆け引きをしていたのです。

隼人の心臓には、スナイプの手術が本当にできないのか、高階と世良(竹内涼真)は、隼人の心臓の模型を作って検証を始めました。何度も何度もスナイプの進入経路を確認するも、どの場所も隼人の心臓の欠陥をクリアできるものではなく、やっとの思いで探し当てた1カ所の場所。

渡海は、その侵入場所や侵入角度をあっさりと答え、高階の調べあげたPCでのデータをゴミ箱に捨ててしまいました。

怒った高階は、渡海の腕の良さは認めるが、ただの手術職人だと言い放ちます。

険悪なムードが流れる中、手術が開始され、執刀医の渡海が鮮やかな手付きで進めていると、ちょうど楠木もショック状態となり苦しみだしました。

それは、心タンポナーデといい、早く処置をしないと命にかかわる症状・・・。

その場のすべての医師が、戸惑うなか、渡海の指示で手術室に運ばせた楠木と田村の同時指示というとんでもない離れ業をします。まずは、田村のスナイプを高階と交代し、楠木の執刀に向いました。

世良は、開腹場所は中央のはずなのになぜか左の脇から開腹した渡海に違和感を感じますが、それは、後から心臓手術で高階にスナイプ手術をさせるための計算。

まずは、必要部分のみ応急処置をしたあと、田村の手術室に戻り、再度困難なスナイプ手術を始めます。

高階は、楠木の手術室に向い、スナイプ手術を成功させました。

今回の手術でいつのように金品を要求しない渡海を見て周りの人間は不思議がりましたが、渡海のもとには治験コーディネーターの木下がやってきてスナイプを使用した謝礼として袋に入った大金を手渡しました。

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean-imi”]

 

まとめ

小説が原作のドラマなので、かなり大げさに書いてあるのでしょうが、医療界のドロドロした戦いや、外科という手術をする医師の技量や焦りなどリアルに描かれた内容は、なんだか新鮮にも映りますし、高階先生のまっすぐさはこの中では救いです。

このお話しの20年後の未来は、高階先生が束ねることになるこの場所で、いろんな経験をしたんだな~と思うと感慨深いですね。

ただ、ドラマで出てくるスナイプがおもちゃみたいに見えて手術器具には見えないのが微妙な部分です。

 

[clink url=”https://doramemo.com/blackpean-cast”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です