ブラックリベンジ第7話のネタバレあらすじと感想!福島の企みは悠斗にまで及ぶ!

夫の復讐に燃える沙織ですが、前回思わぬところからの裏切りを受け絶望をしていましたね。沙織の周りには協力者に見えて実は裏切者がどんどんと現れてきます。実は黒幕だった福島勲もまたもやエスカレートしていきそうな雰囲気です。

スポンサーリンク

ブラックリベンジ第7話のあらすじ

6話で黒幕とわかった星流の編集長、福島勲(佐藤二朗)は沙織の実の妹である綾子(中村映里子)が圭吾と関係を持ち、愛人だったというスクープをさらに誌面に乗せた。綾子は圭吾との事実を認めた上、悠斗(佐藤令旺)の父が圭吾だったことを打ちあけた。

打ちひしがれ、裏切られた沙織に福島が追い打ちをかける。そのことが原因で綾子は心労がたたり倒れて病院に運ばれます。沙織はその病室に現れ眠る綾子の首を絞めようとする。

スポンサーリンク

前回のブラックリベンジ第6話では・・・

第7話のネタバレに行く前に、前回どうなったのか少しおさらいしていきましょう。

前回のお話しでは、沙織と妹の綾子の仲が完全に壊れ去りました。最初は妹のちょっとしたやきもちでした。よく兄弟ではありがちな、姉は(妹は)なんでも持っていてうらやましい。
妹・綾子が高校受験のために雇ったのが圭吾です。生徒が異性の家庭教師に恋心を抱き付き合うこともあると思います。しかし、圭吾は実は沙織と付き合っていた。

綾子が受験に合格したら告白をしようとしていたのに、いつの間にか姉と結婚することまで決まっていたんですね・・・。普通なら、ちょっと仲が悪くなる程度ですが、圭吾に降りかかった災難。つまり、ねつ造記事により追い詰められてしまい、身重の沙織を神奈川に避難させている時に、さらに追い打ちをかけるようなマスコミの加熱ぶりに、圭吾自身が崩壊。

彼の身の周りの面倒を見ていたのが妹の綾子だったからややこしい話になってしまいます。

綾子は、圭吾が精神的に参ってしまった心の隙を埋めてあげようと(本当は姉にも見返したかったと思われます)体を許し、圭吾もそんな精神状態から綾子に心のよりどころを求めます。

しかも、沙織がかわいがっていた子供が綾子と圭吾の不倫の末の子供となると、なんとも皮肉な結果となってしまいました。第6話の最期のシーンでは、沙織が悠斗が書いた絵を破り捨てていましたね。

もうこれ以上とないくらい、沙織も裏切られ続け今後どうなっていくのでしょうか・・・。

ブラックリベンジ第7話のネタバレ

ストーリー
将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。5年後、そのスキャンダルがねつ造された事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、ねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)のスキャンダルを暴き、3人を地獄の底に叩き落す。

沙織(木村多江)は虚しさに襲われてクリニックを受診する、悩みを糸賀朱里(鈴木砂羽)に相談。妹の綾子そして愛する夫の圭吾に裏切られ、どうして生きているのかわからなくなってしまっていました。

朱里は泣いている沙織を抱きしめる。一方で福島は、沙織にさらなる追い打ちをかけるように記事を掲載していく。それは、圭吾と妻の妹との関係とその関係でできた子供の悠斗のこと。福島は部員たちを集めて次の号も圭吾の記事を載せると伝えます。

クリニックのソファーで眠っていた沙織がめを覚ます。朱里は沙織に星流の最新号を渡します。ちょうどそのときに星流の元デスクである天満龍二(平山浩行)から着信があるが、沙織は無視してしまった。

天満は喫茶店にいた、その前に福島が現れる。天満は沙織をこれ以上苦しめて欲しくないというも福島は聞かず、他人の人生など知らないと気にしない。福島は、沙織と南條が書いた記事が名誉ある雑誌スクープ大賞を獲ったことを編集部で発表。

気を良くした福島はこれからも、もっと攻めの記事を作っていくと語ります。そして、田ノ上(大内田悠平)と武藤(島丈明)は綾子の直撃取材を実行します。

2人は悠斗の前でも遠慮なく不倫のことを質問攻めに。綾子あ抵抗して追い返すが聞きつけたマンションの住民たちは綾子の噂話をしていました。家に帰ると、悠斗は悪びれもせず「不倫」の意味を綾子に問います。

それは、幼稚園で友達から、悠斗のママは不倫だと言われからかわれていたのが原因。綾子はなんとかごまかします。

編集部員の芦原(岡野真也)は天満に会いに行き、沙織のことを心配しているとちょうど鶴川が現れます。

そのころ、福島と朱里が久しぶりに会っていました。福島は朱里に礼を言います。それは、圭吾と綾子の関係や息子のことまでをバラしたのは何を隠そう朱里でした。

沙織を叩きのめしてもう歯向かわないだろうと福島は言いますが、朱里にはまだ沙織が復讐をすると断言します。

綾子は悠斗と公園に行くと、友達だったはずの子供たちが悠斗を避けるようにして逃げていきました。友達の母親たちは悠斗と遊ばないように注意していました。

友達は悠斗のことを「ゲスふりん」と呼んでからかいます。綾子が声を出すと子供たちは逃げていきました。もう一度、悠斗からゲス不倫って何と聞かれるも綾子は答えられない。

綾子は、精神的にも疲労困憊となりその場で倒れて病院へ搬送されました。病院から連絡の入った沙織は、病院に駆けつけるも、憎しみが募り思わず綾子の首を両手で絞めようとしていました。そばにいた優斗から声をかけられて沙織は我に返ります。

「僕が悪いの・・・?」優斗は沙織に問いかけますがいたたまれなくなり沙織はその場から逃げていきました。

高槻は、廃ビルに隠れて雑居ビルの屋上で城田に合った時のことを思い出していた。高槻は城田が沙織を強請っている時の、音源を再生しながら警察に突き出すと怒っていました。

城田はその音源を奪い取ろうともみあいになった末、高槻は城田を突き落としてしまった。

天満は、沙織の部屋にいき、城田を手にかけたのは高槻だと語ります。ショックを受ける沙織であったが、高槻を喫茶店に呼び出し真相を確認する。すると、高槻は城田を手にかけたことを認めさらに圭吾の事実を語り始める。

高槻は、圭吾から綾子のことを直接聞かされていました。ほとんど部屋の中で錯乱状態の圭吾の口から語られた言葉に、最低だと驚き突き放して部屋を出てきた。
もしかすると自分がこの時、圭吾に手を差し伸べていたならば、圭吾は亡くならずに済んだかもしれない・・・。

そして、5年後に沙織が高槻の前に現れた時、圭吾への罪滅ぼしとして守らなければいけないと思ったと言います。そして、守っているうちに高槻の心の中にある感情が沸き上がります。
「あなたのことが好きです」呆然となる沙織に高槻はそういいました。これからもずっと守っていくと。

沙織は再度、朱里のクリニックに赴き死にたい・・・と語ります。朱里は、沙織にそもそも星流の記事さえなければ誰も傷つかずみんな幸せだったと沙織の憎しみを福島に向けるように誘導します。

その時、沙織の携帯が鳴り出てみると、綾子の病室にいる福島から電話がかかってきました。
慌てて病室に駆けつけ優斗を保護した沙織でしたが、福島の目的は次のスクープを書きたい。しかし綾子が目を覚まさないので沙織にコメントをもらいたいという。

「いい加減にしろ!もしこれから私の周りの人間を巻き込むのならあなたを殺す」

そのころ朱里は圭吾の写真をスクリーンに映し、1993年の私立恵蘭女子中学校の卒業アルバムを見ていました。北里玲奈というかわいい女子生徒を指でなぞり、記憶の中にはその女子生徒が道端で倒れています。

「ちゃんと見てる?楽しいね」と朱里は独り言を言いました・・・。

ブラックリベンジ第7話の感想

このお話しはどこまで沙織を追い詰めるんでしょうね・・・。福島が黒幕と思っていたらそのまた黒幕が朱里と毎回どん底に落とされてしまいます。地獄に落ちたと思ったらそのまだ底があったというところでしょうか。

人を呪わば穴二つとことわざがありますが、まさしく今はそんな展開です。ただ、このままでは終わらないはずなのでどんなどんでん返しが待ち構えているのか希望とすれば沙織がすべて知っていてラスボスに一泡吹かせるほうが見ている方はスッキリしますね。

今のところ、デスクの天満や高槻は沙織の味方のような雰囲気ですが、これはどうなるかわからなくなってきました。城田殺しの犯人とされている高槻が沙織に告白をしましたが、このドラマですので一筋縄ではいかないような気もします。

まとめ

・福島が仕組んだ、週刊星流の記事第二弾は悠斗の記事
・妹の綾子は心労のためダウン
・駆けつけた沙織は綾子の首を絞めようとするも優斗の声で我に返る
・高槻が城田を殺したと聞いて会いに行く
・高槻は圭吾から綾子との過ちを直接聞いていた
・高槻は圭吾に冷たく言い放ち置き去りに
・しかし沙織と再会し隙になったと告白
・沙織の精神状態は悪く朱里のクリニックに行くも福島に復讐するよう誘導される
・福島が綾子の病室を訪れ次のスクープのために沙織にインタビューしたいという

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です