【ドラマ】僕とシッポと神楽坂の原作から最終回をネタバレ!結末、達也とトキワさんはどうなる?

若い獣医師が、生まれ故郷の神楽坂にある古い医院を引き継いでその土地で動物や町の人々とふれあっていくヒューマンドラマ「僕とシッポと神楽坂」。

主役の、高円寺達也に嵐の相葉雅紀くん、そして医院のお手伝いとして雇われている看護師に広末涼子さんがキャスティングされました。

テレビ朝日の金曜ナイトドラマとして10月からスタートします。

このストーリーは、原作がたらさわみちさんの同名の漫画で1~12巻ですでに完結しているお話しです。

僕とシッポと神楽坂」の、結末最終回)のネタバレをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ僕とシッポと神楽坂の詳細

放送局:テレビ朝日
放送日:10月18日(金)より~
放送時間:夜11時15分~

主題歌 「君のうた」 嵐

原作 「僕とシッポと神楽坂」たらさわみち
『office YOU』(集英社)

脚本:谷口純一郎・国井桂

 

キャスト

高円寺達也(こうえんじたつや)・・・相葉雅紀
加瀬トキワ・・・広末涼子
すず芽・・・趣里
堀川広樹・・・小瀧望(ジャニーズWEST)
まめ福・・・渚(尼神インター)
神主・・・矢柴俊博
加瀬大地・・・矢村央希
看板犬・ダイキチ・・・アトム
地域猫・オギ・・・ミーちゃん
名倉雅彦・・・大倉孝二
田代真一・・・村上淳
高円寺貴子・・・かとうかず子
徳丸善次郎・・・イッセー尾形

 

ドラマキャストの役どころ

高円寺達也(相葉雅紀)

名字がコウエンジだから「コオ先生」と呼ばれている。生まれは神楽坂で、獣医大学を卒業後しばらく動物病院で勤務するも、実家に戻って「坂の上動物病院」を開業した。

ふわふわして気弱な雰囲気があるが、的確な診断ができ、常に動物や飼い主にも気配りできる優しい性格。
最初こそは若手ということで心配されるも、徐々に地域の動物のお医者さまとしてなじんでいく。

加瀬トキワ(広末涼子)

坂之上動物病院で勤務する看護師。大地という息子と一緒に住んでいる。看護師としてはよくでき、優しく周りから頼りにされる存在。

すず芽(趣里)

神楽坂の芸者で、小さいころから達也が好き。貴子から三味線のけいこをつけてもらいによく達也の家には来ることが多い。

達也には、好みのお弁当を作ったりとアプローチしているが、いつも傍にいるトキワにライバル心を持っている。

堀川広樹(小滝望)

東都獣医大の学生で、「ナルタウン動物病院」の研修医。何をするにも一生懸命で、知識も豊富、ただ、やる気がありすぎて突っ走ることもある。

まめ福(渚)

神楽坂の芸者。貴子に三味線のけいこをつけてもらっている。

神主(矢柴俊博)

赤城出世稲荷神社の神主で、突然達也の前に現れることもしばしばで、とっても不思議な言葉を残すので達也は困惑することも・・・。

加瀬大地(矢村央希)

トキワの一人息子で、坂の上動物病院に通い動物たちの面倒を見ている。

看板犬・ダイキチ(アトム)

今は看板犬として坂の上動物病院にいるものの、達也との出会いは、病院に預けられて放置されてしまった犬。大地が達也に言い看板犬となった。

地域猫・オギ(ミーちゃん)

神楽坂の地域猫で、達也の家と病院、そして赤城出世稲荷神社がお気に入りの場所

名倉雅彦(大倉孝二)

達也の幼馴染でフリーライター。達也の飲み友達でもある。

田代真一(村上淳)

「ナルタウン動物病院」の勤務医で腕は良いがちょっと変わり者。トキワが好きで、達也はライバルと思っている。

高円寺貴子(かとうかず子)

達也の母親。三味線の師匠でもあり親一人子一人、女手一つで達也を育ててきた。

 

タイトルのシッポとは?

原作の漫画のタイトル同様に、ドラマも同じタイトルなのですが、このシッポという言葉にはどんな意味が込められているのでしょう?

これは、主役のコウ先生が日ごろ言っている言葉。

病院に来た犬や猫に対して、愛情をこめてつけたニックネーム。

つまり、犬猫でなくても例えばインコとかオウムでもコウ先生にかかれば「シッポ」になるということ。

コウ先生なりの、愛情なんですね。

僕とシッポと神楽坂の原作を無料で読む方法

原作3冊をFODで無料で読むことができます。

amazonのIDを使い、amazon payで設定すると、1カ月間無料でFODプレミアムが利用できます!

・1カ月に最大1300ポイント付与
・「見放題」動画が多い
・マンガ雑誌や書籍がある
・無料設定のマンガが常にある
・100誌以上の雑誌はすべて読み放題
書籍はいつもポイント20%還元
etc・・・


アマゾンkindleなら577円で購入できる完結版の12巻はFODなら428ポイントで購入できます。

無料期間でももらえる、ポイントを使って購入すれば、タダで「僕とシッポと神楽坂」の原作を飲むことができるのでかなりお得です。

・登録なしで「立ち読み」
・登録をして3冊無料でフルで読む

こちらも、ポイントで購入できますし、20%ポイント還元
なのでかなりお得です!!

 

↓FODを、まずは無料でお試し↓
 

 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 

 

ドラマ僕とシッポと神楽坂の1話あらすじ


獣医師の高円寺達也(相葉雅紀)は、勤務していた動物病院を辞め、尊敬する生まれ故郷の獣医師徳丸善次郎(イッセー尾形)の病院で働きたいと戻ってきた。

動物病院に戻ると、徳丸善次郎の姿は見えず、置手紙と預かった犬のダイキチだけが残っていた。

「看板は下ろした、あとは任せた 徳丸」

一方的に、達也に病院を任せたという徳丸に達也は戸惑う。

普通通りにやってくる患者に往診をこなしながら初日を終える。

その後、大地(矢村央希)という少年が、町で轢かれたパピヨンを連れてきた。血だらけのパピヨンを見て、すぐに手術が必要と判断した達也。

息子と連絡がとれないことを心配した大地の母、トキワ(広末涼子)もやってくる。

設備もそろっていない病院でパピヨンを手術することに抵抗を覚えたトキワは他の病院に運ぶことを提案するも、脾臓破裂の疑いがあると達也はその場で手術することに・・・。

トキワもサポートに入り手術が行われるが、達也のその繊細で丁寧な手術に驚く。

達也もトキワが看護師だと知り、病院で働いてもらえないかと切り出した。

 

スポンサーリンク

 

原作、僕とシッポと神楽坂の結末ネタバレ!

「僕とシッポと神楽坂」の原作の単行本は、全部で12巻出ています。

最初は、尊敬する獣医師の元で働くと思っていたコウ先生(達也)が、ふたを開けてみると、病院ごと一方的に任されてしまい、てんてこ舞いとなりますが、それに動じることなくなんとか患者や地域の人ともやっていくことになります。

その大きな手助けをしたのが、加瀬トキワで、AHT(アハト)という動物看護師でした。10年のキャリアのある大ベテランですが、他の引き抜きも断り、コウ先生を助けてきたのです。

トキワには、数年前に南米で行方不明になった獣医師の夫がいます。

 

坂の上動物病院では、コウ先生(とトキワさんがいて成り立っていて、町の人たちも良いパートナーと思っていました。コウ先生も、その存在は認めているし、お互い少しは気になっている存在ですが、それ以上の関係にはなりませんでした。

近所の人も、ふたりがうまくいくように言葉をかけるのですが、トキワは夫の失踪宣告もハードルとなり、意識しないようにしていたのです。

「最良のビジネスパートナー」と言い聞かせトキワも坂の上動物病院で働いていました。そんな時、トキワがインフルエンザにかかり、コウ先生が大地を預かることになります。

病院の方も、トキワがいないことで、カエデ(ドラマではすず芽)が代わって好意で病院の受付などを手伝ってもらうことにしたのですが、それを母が見て、女の子に対して中途半端な態度はダメだとキッパリ。

「そろそろ自覚して」という言葉が妙に達也に刺さります。

達也は、トキワのお見舞いに行くと、そこにはトキワの夫の写真が飾られていました。

その後、達也は手伝ってくれていたカエデを返すことにし、話をすると気を悪くしながらも、カエデは、加瀬トキワさんの「カセ」が取れたら人妻ではなくなる・・・と語ります。

トキワさんが戻ってきて、お互いの大事さを知り前よりも意識し始めるふたり。

達也も、周りから言われるだけではなく、自分からもトキワに居てほしいとはっきりと言い、自分の気持ちを自覚していました。達也はある日、トキワになぜこの病院に居てくれたのかを聞いてみると、トキワは、夫に近いものを感じたと語ります。

「動物への接し方、私の理想の病院だった」

 

あなたは腕がいい、ここはもっと信頼される場所になり大きくなる・・・だから手伝いたいと思った・・・と。

達也も自分の気持ちを伝え、トキワにこれからもよろしく・・・ずっと。

そんな時、達也に勇馬からアメリカでの研修の話が舞い込みます。技術を磨く上で行きたいと達也は思いトキワに話をすると、なんとかすると言う。

即戦力として滝という医師が臨時でやってきました。

今年は、1歩前に進めそう・・・一緒についてきてと達也がトキワに言い、このまま同じ生活が続くと思われた矢先、トキワに義父から電話が入ったのです。

それは、南米で行方不明になっていた夫が見つかったとの知らせでした。

記憶を失って7年間生き延びていたのです。

トキワは一番に達也に伝えました。

達也は、それを聞いて一緒に喜び、トキワが迎えに行く時には大地も預かると答えます。助手として働いていたホリも、進路に迷っていました。

国家試験が通ったら、自分の好きなようにしていいという達也に、物足りなさを感じていたのです。そんな時、教授からホリに千葉の総合動物医療センターへの紹介の話が舞い込んできました。

ぬるいから居心地が良いといっていた滝医師も、日々の達也の仕事ぶりを見て、気持ちに変化が現れます。ホリの現状を伝え、引き止めなくていいのかと達也に言うも彼が決めることだからとあいまいな返事を返したのです。

トキワは、海外に行く前に、病院にやってきて達也と話しをします。ふと、トキワはホリのことを語りだします。

「ホリくんにはちゃんと言った?気遣って変なことになってない?」

キチンといてほしいと言わないと伝わらない・・・

「あなたの優しさは時に相手を混乱させる」

まるで、自分に言い聞かせるように語ります。

外に出て、達也とトキワが握手をした現場を写真をとる影がありました。

その影は、トキワの夫の事件に便乗して達也とトキワの噂を聞きつけた週刊誌「週刊文実」の記者山田でした。

記者は、トキワと達也の状況から恋愛感情があったのではと疑いをかけインタビューを達也に決行しますが、達也はトキワと加瀬に迷惑を掛かると追い返しました。

断られた記者は、手にしているたばこをその場で投げ捨てますが、その火が枯れ葉に燃え移り坂の上動物病院は燃えてしまいます。

ダイキチと猫を助け達也はあっけにとられて落ち込んでいると、名倉がやってきて達也に喝を入れこう言います。

「何度でも助けてやる!こんないい病院なくしてたまるか!」

その一言で、達也は変わる決心をしました。

心配してやってきたホリにも、残ってほしいと本音を語ると、ホリも教授の誘いを断ったことを告げ「坂の上」で使って欲しいと改めて語りました。

滝もやってきて、火事の後かたずけの計画を着々と進めてくれます。

そんな時、トキワがやってきて夫が日本に帰って治療をしていることそして、記憶を失った姿を見てトキワが守らないといけないということを語り涙を流します。

達也も、そうなると思っていたと語り、「ありがとう長い間・・・」と語りトキワを抱きしめました。

ダイキチは、仲良しの大地が引き取ることになり、ふたりと一匹は坂の上動物病院を去っていきました。

 

まとめ

主人公の達也とトキワとの関係は、淡いままで終わりました。

腕が良いのにも関わらずその天然な性格から慕われていたもののほかの人に気づかい自分の気持ちになかなか正直になれなかった達也は、仲間に囲まれながらまた神楽坂で新しく動物医院を続ける決心をしました。

長く一緒にいたトキワは、そんな達也の性格を知りずっと寄り添ってきたのです。

しかし、トキワは達也を見る目の先に行方不明の夫を重ねており、その夫が発見されたことでお互いひとつ前に進む決心ができたのです。

達也にとっては仲間が残り、これからまた街の良い獣医としてやっていくそんな未来のある結末となります。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です