チアダンのヒップホップの子茉希(まき)のポニテがかわいい!ヤンキー役は誰?

2016年の映画チアダンの続編として期待されているドラマチアダン。第3話を終えたところで視聴率が急降下してしまい心配されました。第2話は6.6%と微妙なラインでしたが、第4話は7.3%とまずまずの内容でした。

第4話では、夜、ひとりでヒップホップを踊っていた不登校ぎみの女子高生、柴田茉希がロケッツに参加することになるも、仲間たちとなじめず、また飛び出していってしまったが、大好きな汐里がまた話をしに行き戻ってくるという内容でした。

戻ってきてから、町内会のお祭りで新しい衣装を着て踊るんですが、その姿がかわいいとネットでも評判になっていました。

助手その1
ポニーテールでおでこを出した姿がかわいかったんだよねー
ドラマ博士
ずっと、茉希のそばでささやかれていたあの事件も解決したのです。

 

スポンサーリンク

 

チアダンの柴田茉希とは?

中学の時に起こしたある事件がきっかけで、全ての人と距離を置くようになる。

高校も不登校気味で孤独に路上で踊っていたところをわかばたちにスカウトされる。無視しても諦めずに誘いにくるわかばたちに少しずつ心が揺れていく。

出典:TBS「チアダン」公式

公式にも書かれてある通り、茉希が不登校になり一人でヒップホップを夜な夜な踊っているのには理由がありました。

「中学校時代の同級生の男子にカッターを突き刺した」という話がまことしやかに伝わり、噂となっていたのです。

誰も真相を聞くものもおらず、茉希は自分の殻に引きこもってしまっていました。

第3話では、少しだけ気持ちを許した汐里に、ことの真相を語ったのです。

茉希の噂の真相

・中学時代に、仲のよい女の友人がいていつも一緒だった
・男子生徒がからかい、黒板いっぱいに落書きをする
・茉希が消そうとすると男子生徒が引きはがす
・もみ合い、男子生徒を突き飛ばした
・机に飛ばされた男子は自分でカッターを刺した
・「刺された」と男子は自作自演
・仲のよかったはずの女子も一緒になってあおった

ひどいですねー( ノД`)シクシク…

これじゃ、人間不信になるわ~~。汐里が、騒動のあと初めて聞いてあげて茉希もホッとしたのでしょう。やっと、チアダンスに打ち込む決心ができたのです。

この柴田茉希を演じているのは山本舞香さんです。

柴田茉希役の山本舞香さんのプロフィール

ちょっと二階堂ふみさんに似ていますね!

生年月日:1997年10月13日
身長155cm
出身地:鳥取県
特技:空手(黒帯・小1~)ソフトボール(中学~)
座右の銘「己を信じよ」

出演作
ドラマ:「紺田照の合法レシピ」「漫画みたいにいかない」「&美少女~ NEXT GIRL meets Tokyo ~」「やすらぎの郷」「恋するJK ゾンビ」「ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~」「鼠、江戸を奔る2」「南くんの恋人」「夜のせんせい」など多数

 

映画:「殿、利息でござる!」 「SUNNY 強い気持ち・強い愛」「恋は雨上がりのように」「ギャングース」「未成年だけどコドモじゃない」「ブルーハーツが聴こえる」「暗殺教室~卒業編~」など多数

 

スポンサーリンク

 

これまでの話題

[clink url=”chiadan4-netabare”] [clink url=”chiadansichoritsu-hikui”] [clink url=”chiadan3-netabare”] [clink url=”chiadan2-netabare”] [clink url=”chiadan1-netabare”] [clink url=”chiadan-eiga”]

 

チアダン第5話あらすじ

福井商店街のお祭りで踊りを披露したわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部・ROCKETS。ステージは大成功に終わり、さらにチアリーダー部1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)も加わり部員は10人となった。

福西祭が近づき賑わいをみせる校内で、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発!望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせでやったに違いないと怒るROCKETS一同。

そんな中、部室にやって来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美を心配そうに囲む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。

話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足に怪我を負わされたという。堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚はチアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へ向かう。

果たしてチアダンス部とチアリーダー部の争いはどこまで行ってしまうのか!?
その一方で、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)は、今のROCKETSにはコーチが必要だと感じる。そこでコーチを探すために東京へ向かうが、適任者はなかなか見つからない。諦めて帰ろうとした時、前任校の生徒である木田(岐洲匠)に似ている男性を見つける――。
出典:TBS「チアダン」

まとめ

柴田茉希は、汐里にしか心を開かなかったのですが、チームとしてダンスをするようになりやっと他の仲間とも言葉を交わすようになってきました。

本当はダンスが好きなんだけどなんだか言い出せない・・・。

汐里との友情がきっかけで変わっていくのでしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です