チアダン(ドラマ)第1話のあらすじ!登美ヶ丘高校の伊原六花の役どころは?

実話を基にして作られた映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の9年後を描いたストーリーがドラマとして放送されます。

主人公と舞台を替え、福井県で「JETS」に憧れた女子高校生がまたもや奇跡を起こします。

チアダン(ドラマ)第1話のあらすじや、今回話題の登美ヶ丘高校の伊原さんの役もご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”chiadan-cast”]

 

チアダン(ドラマ)第1話あらすじ

幼い頃に福井中央高校のチアダンス部「JETS」が全米大会で初優勝した演技を見て強い憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)は、自分も将来は同部に入って全米優勝する! という夢を持つ。

物語りは、映画「チア☆ダン」の9年後の話。小さい頃に福井中央高校の「JETS」の快進撃を見て憧れたわかば(土屋太鳳)が主役です。近くにいる強豪校を敵にして、打倒JETS!を掲げることになります。

しかし、その夢を叶えたのは姉のあおい(新木優子)だった。美人で何でも器用にこなす完璧な姉といつも比べられ、わかばはあおいに対してコンプレックスを抱いていた。いつしか好きだったチアダンスさえも“無理、できっこない”と思うようになってしまったわかばは「JETS」のある福井中央高校の受験に失敗。

せっかくの夢を叶えようと、受験はしたものの失敗。わかばにとっては、最初から挫折してしまうんですね。

 

勉強も運動も中途半端な隣町の福井西高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。
高校生活も2年目になったある夏の日、わかばは東京から来た転校生・桐生汐里(石井杏奈)に突然「私とチアダンスをしよう!」という思いがけない言葉をかけられる。

石井杏奈さん演じる転校生の桐生汐里は、東京から来て、JETSを倒すことを目標にしている生徒。この猪突猛進ぶりがわかばの気持ちに火をつけることになります。

最初は強引な汐里をうっとうしく思っていたわかばだったが、汐里のチアダンスへの情熱がやがてくすぶっていた思いに火をつけ、一緒にチアダンス部設立へと動くことに。

しかし、チアダンス部設立を良く思わない教頭の桜沢伸介(木下ほうか)やクラスの学級委員長の桜沢麻子(佐久間由衣)に冷たくあしらわれ、部として成立するには顧問の他に、部員が最低8人必要だと言われる。

チアダンスはひとりではできない競技のために、もちろん人数集めから入らないといけないんですね。

映画でも、メンバーを集めたは良いが、厳しすぎる規則や練習に人がどんどん減っていきました。

 

そこで、わかばと汐里はチラシを書いて配ったり、ダンス経験者や運動神経が良さそうな知り合いに声をかけてみることに。その中には、不登校気味で1人街でヒップホップを踊る柴田茉希(山本舞香)も含まれていた。

実際に集まったのは陸上部の栗原渚(朝比奈彩)、ダンス未経験でダイエット目的で来た榎木妙子(大友花恋)、バレエ経験者の橘穂香(箭内夢菜)、父親が日舞の家元の蓮実琴(志田彩良)の4人。果たしてこの6人でチアダンスが踊れるようになるのか!?

ダイエット目的、陸上部、バレエ経験者、日舞・・・。

みんな目的や、使う筋肉も全然違うのに、チアのような激しく協調性の必要なダンスが踊れるのか、とりあえず入部しとくかーみたいな雰囲気でできる競技ではないので、今後、練習に耐えれるのか心配ですね。

 

そんなある日、あおいが両親にある決意を話しているところを聞いてしまったわかば。あおいの決意に動揺するが、わかばもある決断をし、「JETS」のコーチである友永ひかり(広瀬すず)の元を訪れる。

一方、福井西高校に新しく赴任してきた教師・漆戸太郎(オダギリジョー)。

太郎は前任校で起きたある出来事がきっかけで教師として挫折し、しばらく休職していたが、福井西高校の校長である蒲生駒子(阿川佐和子)に声をかけられ、教職に復職することに。不安と焦りで冴えない顔をしている太郎に駒子はある提案をする――。

オダギリジョー演ずる漆戸先生もなんだかやる気のない先生。最初から、経験者はひとりだけしかおらず、寄せ集めの即席チアダンス部、これでどう戦うのかと心配になります。

JETSの場合には、鬼コーチの早乙女薫(天海祐希)がいました。モデルとなった先生は、全米のチアダンス選手権を見てJETSを作り、情熱を傾けたのが優勝の大きな要因でもあります。

今回は、そんな人もいないとなると、どうやって強くしていくのかがキーポイントとなります。

 

[clink url=”chiadan-rokechi”]

 

スポンサーリンク

 

登美ヶ丘高校の伊原六花さんの役どころは?

このドラマの話題として、昨年「バブリーダンス」で世間を騒がせた登美ヶ丘高校のダンス部キャプテン伊原六花さんがキャスティングされています。

役どころは、麻生芙美(あそうふみ)という女子生徒で、チアダンス部のメンバーということがわかっています。

 

伊原六花さんのプロフィール

 


出典:フォスター

1999年6月2日
出身地:大阪府
身長:160㎝
血液型:A型

 

[clink url=”chiadan-eiga”]

 

まとめ

映画チアダンでもそうだったように、わかばたちが絶対叶うはずのない夢を追いかけていきます。

まだできたばかりの弱小チアダンス部がJETSの背中を追いかけ、さらに追い抜こうという大胆なチャレンジは上手くいくのでしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です