menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

中学聖日記第11話のネタバレとあらすじ感想!最終回、警察署に通報したのは誰?

 

末永聖(有村架純)が警察に連れていかれた前回。未成年を強引に連れ去った大人として通報されてしまったのです。晶(岡田健史)は、勝太郎(町田啓太)が訪れ聖が自分の夢を捨ててしまったと言ったことで身を引こうとしていました。

またふたたびやっと二人の気持ちがつながった矢先の出来事で運命が変わってしまうのでしょうか。

中学聖日記第11話のあらすじとネタバレです。

中学聖日記第10話のネタバレとあらすじ感想!日記の意味はなんだったのか?
中学聖日記第9話のネタバレとあらすじ!ドラマの最終回、結末は原作漫画と違う?
中学聖日記第8話のネタバレとあらすじ!橘あやのの母親、美和の行動で聖がピンチに!
中学聖日記第7話のネタバレとあらすじ!小学校の先生、野上との関係や晶の高校編!
中学聖日記第6話のネタバレとあらすじ!3年後、晶が大人になって再会!
中学聖日記の第5話ネタバレとあらすじ!晶の母と父の秘密が明らかに!
中学聖日記の町田啓太(婚約者)のプロフィール!吉田羊との関係はどうなる?
中学聖日記第3話の動画配信(見逃し)とを無料で観る方法!あらすじや原作漫画もお得に読む!
中学聖日記の黒岩晶のセリフが聞こえない!視聴率低い理由はそこなの?!
中学聖日記のなりすまし犯人は?投稿したのは誰?原作とは違う展開が気になる!
中学聖日記第1話の動画配信(見逃し)とを無料で観る方法!あらすじや原作漫画もお得に読む!
中学聖日記のロケ地撮影場所(1話~最終話)まとめ!キャストと相関図も!
中学聖日記のドラマネタバレ!結末と最終回を漫画最新巻から予想してみた!
【2018秋ドラマ】おすすめ中間ランキングTOP10!実際に観て評価してみた!

 

スポンサーリンク

 

中学聖日記第11話のあらすじ

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。

一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。

ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。
後日、愛子から会って話がしたいと告げられた聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは…。

全てを失い、厳しい現実を突きつけられた聖。
募る晶への想いを胸に秘め、彼女が最後に出した答えとは。そして、それぞれが選ぶ道、“禁断の恋”の結末は―?

出典:中学聖日記

スポンサーリンク

 

気持ち的には、これほどお互いを好きな人同士、引き裂くというのも酷なのですが、母親の立場になったらちょっとかわいそうですね。晶と聖も、もう少し時間をかけて恋を進めるのがベスト。

勝太郎も、原口にフラれてまた聖と人生が狂ってしまい、若干ヤケになっている感もあります。

そして、気になるのは原口の「妊娠」、前回に一瞬そんなそぶりを見せました。しかし、強い女の原口は勝太郎を頼ることなく別れを告げた。

知らず知らずに他人に頼ってしまう聖と、誰にも頼らない強さを持つ原口が、対象的に描かれています。

中学聖日記の原作漫画を無料で読むにはFODが断然お得!
(※私もFODで1300円分のポイントで読みました!)

amazonのIDとamazon payで1カ月無料で「動画」「電子書籍」などをお試しすることができます。
1カ月以内に解約すれば料金はかかりません!

 

 >>FODプレミアムの無料体験で中学聖日記を読む<<
 

 

出典:FOD
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!
 

 

警察署に通報したのは誰?

実際は、大学の学校説明会に聖が晶の気持ちを確かめに探し当て、話しているところに母愛子の姿が見えたので、晶が聖の手を引いて誰もいない場所に連れて行きました。

そこに警察が現れて聖が連行されたのです。

「未成年者の連れ去り」という通報があったために警察が動いたのですが、いったい誰が通報したのでしょう。大学の説明会の現場では、晶の母親の黒岩愛子と聖を連れていった原口がいました。

なので、どちらかが通報したと想像できますが、はやり前回の冒頭で愛子が警告していたので、通報は愛子でしょう。逃げていく息子を見て愛子の堪忍袋の緒が切れたのだと思います。

あと、もう一人・・・。

これまで、聖に復縁を迫っていた元婚約者の河合勝太郎・・・。

今回、聖が晶に会いに行くという行動に走らせたのは、勝太郎が晶に聖の現状を伝えにいったため。聖の実家や、晶の元にも出没しているために今回の騒動は勝太郎が仕組んだ罠だったのかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

中学聖日記第11話のネタバレ

取り調べ

晶と聖が二人でいるところに警官がやってきました。先ほど未成年者の連れ去りがあったと言い署まで同行願えますかと声をかけてきました0。

二人別に取調室に入れられ別に尋問を受けます。

刑事は聖には未成年者誘拐の疑いがある…。そう言われて必死で抵抗する聖。晶も会って話をしていただけと説明をしますが聞いてもらえません。

聖は少年側の親御さんから通報があったと知らされました。ふと聖は以前釘を刺されたことを思い出していました。

「僕が先生を連れ出したんです!」晶の必死の抵抗も虚しく聞いてもらえません。

「3ヶ月以上7年以下の懲役になる。万が一わいせつ目的が加われば10年以下の懲役となる…」
万が一本人の承諾を得たとしても保護者の承諾が得られなければ犯罪として成立をする…。そう説明されて何も言えない聖。

待合室では母の愛子と上布が待っていました。

警察は聖にきつく叱ったことを告げ、事件としては嫌疑不十分になると思うと言いました。

そこに晶が釈放されて出てくると、「先生が悪いんじゃない俺が…!」そこまで言うと愛子は「そうね先生を引っ張っていったもんね!」と晶を責めました。

「こうなったのはあんたのせい!」
「俺が責任を取る!あんたは未成年、責任は取れない!」

冷静にそう言うと晶に携帯を出すように命令しました。

「あの人の連絡先を消すから!」
このまま、同じことをしているとあの人の罪が増えるだけ…

聖が釈放され外に出ると愛子が待っていました。弁解しようとすると、明日1時にここに来てほしいと場所を書いた手紙を渡しました。

聖が家に帰ると、母親がやってきます。聖の実家の部屋に残され新しい住所を見てやってきていたのです。

母に黙って新しい家に入居していることを知って母はショックを受けていました。

「あの子とこの部屋で会うつもりだった?!」

首を振る聖、警察に連行されていたことも愛子から連絡を受けていました。

説明すればわかると母に食い下がりますが、母親は疲れきってしまい、もう好きにしなさい!と突き放しました。

「あなたのことが信じられない、これから一人でやっていきなさい。」落ち込む聖。

誓約書

翌日、愛子が指定した場所に聖が行くと、そこには愛子が雇った磯貝という弁護士が待っていました。愛子はやってこず磯貝が代理人として話をするといいます。

警察の告訴や教育委員会への通報は行わない代わりに示談をしたいと言い出しました。

示談は今後一切黒岩晶と合わない、一切連絡もしないという内容の誓約書にサインをするというのが条件。これを破った場合直ちに500万を支払えというもの。

返事は一週間後…

晶は、出願書を愛子に見せて聖のことを考えさせて欲しいと言いますが、愛子は受験が終わってからと答えます。

聖の部屋の前に千鶴が学校に残してきた私物を持ってやってきていました。聖の顔を見るなり厳しい言葉を投げかけます。

「うまくいくわけない!みんなに反対されて二人で酔いしれてその代償がこれ!自業自得!」

立ち去ろうとしますが思い立ちまた戻って来て聖を抱きしめます。

「本当に出来の悪い後輩!」もし他に喋る相手がいなかったら暇だったら来てあげるから…。

原口の母子手帳

原口がお茶を飲んでいるところに勝太郎が行くと慌てて立ち去ろうとします。勝太郎が俺のこと疫病神みたいにと言うと、疫病神というよりも元カノに粘着しているキモい男と言いました。

「聖の事が心配…」
「違う、お前はただプライドが傷ついているだけ、初めて思う通りにならなかったから。」

なんてね、人のこと言えないか…。

すると、勝太郎が聖が愛子達と揉めているということを伝えます。

原口は聖を呼び出し強引に合わせてしまったことを謝ります。しかし聖は自分が決めたことだときっぱり。話をしていると、原口が席を立とうとした直後、意識を失ってその場で倒れてしまいました。

救急車で運ばれる原口に付き添う聖。

鞄の中の私物を探すと、母子手帳が出てきました。遅れて勝太郎が駆けつけた時、手帳を手渡します。

何も聞かされていない勝太郎は動揺を隠せません。

看護婦がやってきて血圧が安定しないので一晩入院をさせた方が良いと言いますが、聖が病室に行くと原口が仕事に戻ると用意をしていました。

慌てて止めに入る聖、これから大事な仕事が入っていると原口が言うと、聖は赤ちゃんとどちらが大事なのか!と大きな声を出しました。

「とっても幸せなことです、これ以上幸せなことはないはずです!」

その言葉を聞いて、原口は子供を産む決心をします。

「決めた!私母親になる!一人で産んで育てる。今覚悟ができた、聖ちゃんのおかげ。」

「勝太郎さんは?」

誰のために何ができるか、どうするのが正解なのか…でも気づいたんだと…。正解なんてない。

「自分自身の正解を探すの…一人で立ってその先に正解があると信じてる。」

病院の帰り聖は花屋さんでパートを募集していることを知り入って行きました。

晶もまた、講習に参加するため予備校を訪れていると、そこに岩崎るなが現れました。黒岩、お互い頑張ろうね!と声をかけます。

花屋で働き出した聖。弁護士との期限が刻一刻と近づいてきています。

愛子のもとには弁護士がやってきて契約書のことで打ち合わせをしていました。

すると、その話をしている時に、晶がちょうど帰ってきたのです。

弁護士の誓約書の話を聞いて怒り出します。弁護士が手にしている書類一式を投げ飛ばし言い合いになりました。

「今は分からなくてもいつかはわかる!晶のために大人になるまで!!」

書類の中に今の聖の居場所や写真が入っています。それを持って家を飛び出す晶。

車で聖の部屋に向かう弁護士と愛子。一足先に晶が聖の部屋に到着します。

聖が外に出ようとドアに手をかけると晶のか細い声がします。

「開けてください…会いたい声が聞きたい。先生、お願いだから。」

聖は声をあげませんでした。遅れて、弁護士が聖のもとにやってきます。弁護士は中に入り、あきらはいないかどうかを確認しました。

日を改めて、弁護士と愛子と聖が会議室で誓約書の受け渡しを行います。

聖は愛子に私たちの決意は固い、待てる、信じてほしいと伝えるつもりだったと語り始めます。

「でも黒岩君はやっぱりまだ18で危うくて何かの拍子にすぐに感情で流されて進めず昔に戻ってしまう…」
「黒岩君を心配するお気持ちが、よくわかりました。」

そう言うと誓約書を手渡しました。

「黒岩君にとって大事なのは未来です。」

どんなに心で思っても表に出してはいけなかった…、本当に彼を思うなら与えなければいけなかった。時間や距離や可能性…、それが大人としての責任だった。

心からお詫び申し上げますと頭を下げました。

それぞれの未来のため

黒岩家では、平穏な時間が流れているようでした。夕飯の支度している愛子のもとに晶がやってきて二人で夕飯を食べることに。先生は?今日の出来事教えて欲しい…とあきらが言うと愛子は何も答えず誓約書を見せました。

「どうしてこうなったのか、どんな思いで先生がこれを書いたのか…あなたに何ができる?子供にどう答えられる?考えなさい、晶!」

晶は、静かに食事を食べ始めました。そして、夜の街で晶は何も言わず涙を流しながら歩きます。

聖は日本語教師のパンフレットを持ち日本語教師海外教育隊事務所に入ります。聖の表情はとても明るく輝いています。

退院する原口に勝太郎が会いに来ました。勝太郎が何言おうとすると、話を遮り原口がお断りだと。

「籍入れよう一緒にシンガポールに行きましょう…それはお断りだ」と。

原口に勝太郎がもう新しい人がいるのかと聞くと原口はいないと答えます。

その場に聖がやってきて二人に報告したいことがあるという。

愛子は誓約書を見つめながら悲しそうな顔をしていると、そこに塩谷がやってきます。いじめSOSという場所に再就職をしたと報告がてら行ってきたのでした。

愛子は自分がやったことを後悔していて、塩谷に相談すると、塩谷はその行動は正しかったんだと言いました。そして、愛子は誓約書を金庫にしまったのです。

その日から、聖はタイ語の練習を始めました。晶は中学生の時に書いた聖への気持ちを綴ったレポートをぼんやり眺めています。

さようなら先生

勝太郎は聖を呼び出し遊園地に連れて行きます。観覧車の一人分のチケットを購入し聖だけをのせて回り始めます。下から原口が携帯で聖と話をしていて、直後に現れたのが晶でした。

「先生…」
「黒岩君?」
「先生…」
「もう先生じゃない」

最後にどうしても会って伝えたくて…でも実際会うと何話していいか…

「今まで僕は、聖ちゃんといると幸せで、自分のことしか考えてこなかった。でも今は、聖ちゃんに幸せになってほしい。だから、もう会わない、連絡もしない。」
「ずっと願っている、幸せにって。」

聖は初めてあきらに日本を離れることを告げました。

「私を変えてくれた、黒岩君が力をくれたの。この先、一人で立っていく力。会えてよかった…、さようなら黒岩君。」

きっといい先生になる…

聖ちゃん、がんばれー!がんばれー!
がんばれー!

聖の観覧車はどんどん上がっていき、晶の姿が小さくなっていきました。

観覧車を降りると、勝太郎は晶から預かってきた中学生の時の日記を手渡します。2015年の日付があり、最後のページに2018年12月…

聖ちゃんがこの先ずっと笑っていられますように
黒岩晶…と結んでありました。

勝太郎は、二人のそばにいます…、と原口に自分の決意を話しました。仕事も成功させてみせます!意気込みを言うが原口は上司として推薦したんだよ甘いと言います。

さっさと歩いて行きふと立ち止まったと思うと勝太郎の元に戻ってきて抱きしめます。

「待っててやる!だから一人前になって帰ってこい!」
「どんな形でも必ず支えますから!」

受験の日お迎えあきらは向かおうとすると愛子が呼び止めます。手には父から送ってきたお守り。

「いってらっしゃい」
「母さん、ありがとう。行ってきます。」

聖はタイに立つ時母親に電話を入れます。母親はもう離れた娘なんだから勝手に行けばいいと言いますが、もし駄目になったらご飯ぐらいは食べさせてやると答えました。

5年後

5年後、タイで子供たちに日本語を教える聖。海辺を見ていると、社会人になってスーツを着た晶がやってきます。

晶は鞄の中から誓約書を出して聖に渡しました。

そして二人はその場で抱き合います。

中学聖日記第11話の感想

このドラマはやはり、黒岩晶役の岡田健史くんの演技が良くて、思わず見入ってしまいました。15歳、18歳、23歳とそれぞれ演じ分けるのですが、子供のころのちょっと危うい目とは違い、成人して大人になった演技も一瞬ですが、とても上手いなと思いました。

岡田くんの演技で複雑で純粋な男の子の気持ちがより伝わってきたと思います。

このストーリーの中の主人公の聖はどうも、なにをするにも覚悟ができていなくて、友近演じる千鶴と同じ感情をもって見てしまいました。

警察に捕まって、弁護士を通して初めて晶の危うさがわかるって遅すぎる。

誓約書を渡す際、ちょっとカッコよく語るんですが、やっとわかったんかい!とツッコんでしまいました。この聖のふわっとしたところがないとドラマにならないのですが、あえていうとやっぱり「破壊神」だなと。

18歳の時に再会して気持ちが通じ合ったのは良いとして、やっぱり大人の聖が大人になってから会うとか提案できなかったのか・・・、そしたら誰も傷ついたりハラハラしたりしないのにー(;´・ω・)

結局自分の「好き」という感情に負けてしまってあたりが騒然となる。母親なんか土下座までしてるのに…、やりたいことがある~ってタイに行って5年。

何はともあれ、成長した晶と聖が一緒になってよかった…。

凄く良い演技をした岡田健史くんの今後が気になります。

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ