menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

中学聖日記第6話のネタバレとあらすじ!3年後、晶が大人になって再会!

 

とうとう教え子が好きだと自覚してしまった末永聖(有村架純)と純粋な気持ちをぶつける黒岩晶(岡田健史)。婚約者と一緒に大阪に行くはずだった車を追う姿を見て、もうこれ以上自分の気持ちに嘘がつけなくなった聖は車を降りてしまいました。

そして、3年後・・・ここから二人の仲はどうなっていくのでしょうか?

中学聖日記第6話のあらすじとネタバレ、大人になった晶とどんな展開があるのかお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

中学聖日記第6話のあらすじ

 

3年後ーー2018年。
晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚の野上(渡辺大)と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。
晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。
過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて…。

そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母親・美和(村川絵梨)の元を訪ねるが…。

出典:TBS「中学聖日記」

「末永・・・誰だっけ?」と予告では晶が言っています。

あれほど好きだった先生が、たった3年で忘れてしまったのか、それともまだ幼かった男の子が憧れが好きと錯覚してしまっていたのか心情が読み取れません。

聖は、生徒との「淫行」をとがめられ、中学校を依願退職をしました。その後、小学校で働いていることから、教師への夢は忘れていないようですね。

 

中学聖日記の原作漫画のネタバレ

中学聖日記の原作の漫画では、中学時代に起こしてしまった聖とのことで不登校となり、引っ越しをしてしまっています。

高校生になった晶は、岩崎るな(小野莉奈)と付き合います。すでに忘れたと思っていた先生の情報をラインで同級生から聞いてしまい、おせっかいにもその同級生は晶に現在の住所を教えてしまったことから、また晶の「病気」が始まるのです。

「だめだ、僕、又、先生のせいでおかしくなる」

つまり、晶は必死に情報をブロックしているのですが、やはり前のことを知ってる人からは、おせっかいな情報が入ったためにまた先生の近くをうろつくという行動に出てしまうのです。

そして、元婚約者の勝太郎(町田啓太)もまた、原口(吉田羊)からの幾度ものアプローチに答えずにいましたが、酔いつぶれ原口と同じ部屋に泊まるという失態をしてしまいます。

しかし、勝太郎の気持ちはまだ元の婚約者・聖にありました。

聖も婚約解消したにもかかわらず、悩み事を勝太郎に電話してしまったために、勝太郎はまた聖宅に告白をしに行きます。

同じ時期に、同じようにまた晶と勝太郎も聖に近づこうとしたところに偶然にも再会をしてしまい、勝太郎は3年前には、まだ子供だった晶が立派に成長しているのを見て焦りを感じるのです。

上記の内容は、漫画「中学聖日記」の第4巻前後のお話しです!

⇒ FODプレミアムの無料体験で中学聖日記を読む


出典:FOD

中学聖日記第6話のネタバレ

それぞれの3年後

2015年8月、晶は、聖への想いをレポートに書き記していました。

「そして・・・聖ちゃんは消えた」
「僕の15の夏から消えた」

2018年・・・

子星中学の同窓会をすることになり、幹事が黒岩を呼ぶと言い出したのです。岩崎るなや九重(若林時英)や白石(西本まりん)は、当時の黒岩のことを語り始めます。

あれから、黒岩は学校にこなくなり、卒業式も一緒にしていない。当時は、聖と駆け落ちしたとかいろんな噂が飛び交っていたと。

聖は、丹羽(友近)のいる小宮第一小学校の教師をしていました。子供と一緒にいる聖の姿を教員室から野上一樹(渡辺大)が見つめていました。

ふと丹羽に聖の彼氏のことを尋ねると、丹羽は適当にごまかします。

運動場で遊ぶ聖と子供たちを見てる保護者たちも聖に興味深々・・・、結婚がダメになったことだけが伝わっていて本当の事情がわからなかったからです。

そんなところに、生徒の橘彩乃(石田凛音)が通りかかり、聖とぶつかって膝をすりむいてしまいました。慌てて保健室に行き、手当をしてもらった後、ふと聖が彩乃の持っていた本を見て、先生もすきなんだと声をかけるといきなり彩乃は平手打ちをしたのです。

そんな聖の脳裏には、3年前、黒岩に平手打ちをされた時のことが浮かびます。

彩乃は、手を広げるとつぶれた蚊を見せました。

 

橘彩乃の家

橘彩乃は、いつも伏目がちになにか抱えているような女の子でした。

丹羽に頼まれ、彩乃を家まで送ることになった聖。遠足代も支払われていないことから、もらってくるようにそして母親も最近みかけないから、母親の様子もそっと確認してくるようにと。

古びた一戸建ての家が彩乃の家、彩乃が一緒に玄関に入ろうとするとタバコを消し慌てて出てきた母親の美和(村川絵梨)があいさつもそこそこに扉を閉じてしまいました。

遠足代のことを伝えていると、玄関先には男物のスニーカー。

橘美和はシングルマザーではあるものの、男の出入りが激しいという噂が流れている・・・。元々は橘家は大地主だったものの、美和が旦那の親友と浮気をしたために離婚。

「頭でわかっていてもカーっとなる」先生たちがそう噂をしていると、聖は戸棚にあった湯呑を割ってしまいました。

 

再会

聖と野上は茉莉蔵氏のさざなみ雑貨市に来ていました。割ってしまったのは出張中の校長のもの、居ない間に同じ湯呑を買いにきていたのです。

ひとごみを歩いていると、聖に人がぶつかり思わず野上の腕につかまる形になりました。

ふと、ふたりは授業で使いたかった本が本屋にあり相談しているその先には、黒岩の姿がありました。目を離せなくなる聖・・・、野上が声をかけても耳に入りません。

思わず目が合い、突然聖は逃げて行ってしまいました。追いかける野上、2人が一緒にいるところ上布(マキタスポーツ)も通りかかり目撃します。

 

晶は、上布の実家に居候をしていました。母親の愛子(夏川結衣)が定期的に家賃などを払いにやってきますが、晶は会おうとしません。

「いつかまた笑って話せますよ・・・」上布の母親はそう言いました。

上布は、愛子に雑貨市で聖と男性を見かけたことを愛子に伝えます。

 

元婚約者の気持ち

勝太郎(町田啓太)は、東京本社に戻り仕事をしていました。職場には原口(吉田羊)も部長となって戻ってきていたのです。仕事で熱くなった勝太郎が退職願いを出したことが原口の最初の仕事・・・。

「却下!」

勝太郎の主張していることは原口が一任される形で引き継ぐ・・・、「一任してくれる?」そう言いその場をおさめました。原口は、勝太郎が短気になったことは、3年前の出来事が原因ではないかとキッパリ言うと勝太郎は話をさえぎって帰っていきました。

 

告白

丹羽が聖の元にやってきていつものようにご飯を食べようとすると、少し様子のおかしい聖に丹羽がなにかあったのかを問い詰めます。

「晶に会った・・・」

そして、学校を辞めた後のことを思い出したんだと語ります。

家でお手伝いをした後、塾の講師をしたこと・・・そして、それでも教師への気持ちがあったからこそ丹羽は自分の学校の講師の欠員が出たときに声をかけたんだと言いました。

しかも、その助言をする形で、子星中学校の教頭の塩谷(夏木マリ)も手紙を書いてくれたんだと、初めて聖に伝えます。

その場で、ふと丹波は野上のことを勧めました。

 

子星中学の同窓会

子星中学3年1組の同窓会が開かれます。岩崎も香坂(中田青渚)もみんな集まって同窓会が始まろうとしたところに、遅れて晶がやってきました。

シーンとする一同の中、九重が手荒に呼び込みました。

みんなが知りたいのは、3年前の聖とのこと・・・。女子たちに囲まれ、当時のことを聞かれる晶でしたが、晶は「末永って誰?」と聞き返したのです。

 

勝太郎の決心

野上と聖は、帰り道に遠足の打ち合わせをしながら歩いているとそこには荷物を持った勝太郎がやってきていました。勝太郎が軽く会釈すると、野上は空気を読みひとりで帰ります。

そのころ、子星中学校の同級生が終わった後、晶は話がしたいから岩崎を送っていくと言い出したのです。

晶と岩崎は、ベンチに座り今の状況をお互い語り合っていました。

「黒岩は、私がまだ黒岩のこと好きって言ったら引く?」

「考えてなかった・・・」

もう4回目の告白・・・と岩崎がいい、今好きなひとがいるか聞いたのです。

勝太郎は、聖の家に残りの荷物を持ってきていて、別れた日の言い争いがすごく気にかかっていたんだと頭を下げにきていました。それは、聖も同じこと・・・。

別れ際、ふと野上との関係を聞く勝太郎に、聖が勝太郎の近況を聞くと気になっている人がいると答えました。

会社に戻った勝太郎は、原口の元に行き、告白をします。

「上司でバリバリ仕事こなして、震え声でプレゼンしたりする人・・・」
「酒そんなに強くないのに、俺の愚痴聞いてくれて肉一緒に食ってくれる人・・・」
「俺がどん底の時になだめすかしてそばで支えてくれた原口さんが気になります」

 

プラネタリウム

岩崎と九重、白石と晶が喫茶店で話しています。プラネタリウムに一緒に行こうという岩崎に九重と白石は用事があると断ります。ふとその場に来たのが晶の元カノ・・・。

元カノは嫌味のように晶に語り掛け、近くで待ち合わせていた今カレの元に行きました。

妙な空気が流れたあと、プラネタリウムには二人で行こう・・・晶は岩崎にそう提案します。

 

彩乃の母の浮気

遠足ではサツマイモ堀りをしていました。お昼時に野上は聖に、勝太郎のことを聞きます。聖は、元婚約者だと素直に答えていると、彩乃がお弁当を持ってきていないことを知ります。

周りの子供たちがそれぞれ食べ物を渡そうとすると、彩乃は怒りだしました。

彩乃は、聖のお弁当をもらっておいしそうに食べましたが、帰っていく寂しそうな姿を見て、野上と聖は母親にお弁当のことを話しにいこうということになります。

家の前では、大声がしていました。

美和の浮気相手の妻が乗り込んで来ていたのです。誤解だという美和に妻は容赦せず、子供の前で所かまわず物を投げつけているところ聖は割って入りますが、突き飛ばされてしまいました。

野上が大声を出し、一旦収まりますが、妻の怒りが収まらず、娘の前でこう言いました。

「人なんて変わらない!過去に過ちがあった人は、また繰り返す」

片付けを手伝うという聖に、美和は帰ってくれと言う。

 

それぞれの相手

夜、職員室で聖と野上が二人きりで残業しています。野上は帰り際に美和の家で聞いた言葉を持ち出して「過去は過去」だと言います。人の失敗を一生許さない社会と今頑張っている人を応援する社会・・・、どちらが子供たちを送り出したいかは決まっている。

「末永先生はたまに寂しそうな顔をしますよね?」

まだ忘れられないですか?・・・と勝太郎のことではなく晶のことを言いだしました。

そのころ、晶とるなが一緒にプラネタリウムで隣り合わせに座っています。終わった後、るなは帰りたくないと晶の手を引きます。

聖は、3年前にあった出来事を野上に正直に語りました。

「私だけがあの頃のまま、前に進めないまま・・・」

るなと晶は、ホテルに入っていました。はしゃぐるなに晶はあまり乗り気ではありません。お風呂場を見にいき間違ってミストシャワーを浴びてしまったるなは晶にキスをしました。

落ち込む聖に野上は、これまでの聖はよくやってきていると話し、ゆっくりと一歩ずつ前に進めています・・・。

「大丈夫」

言葉にならない聖に野上は近寄り、抱きしめます。

一方、勝太郎もまた会社で原口の手をとり人のいない部屋に入りキスをしようとしていました。

「二度は嫌・・・」もし、聖のことを忘れられなくてきているのなら・・・じゃないほうみたいな扱いが嫌なの。勝太郎は何も言わずキスをします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

生徒と先生の純愛とはいえ、やはり周りからすれば異常な行動・・・。障壁は大きく、周りの人々を傷つけながらこの二人の恋は進んでいきます。

原作漫画を読んで思うのは、聖って結構心臓の強い女性なんだなと思います。天然なところはありますが、正直これほどの処分を受けてまたケロッとして教師を続けているのもビックリですし、自分が傷つけて別れた男にまた連絡とるっていうのもすごく無神経で図太い(笑)

ちょっと天然を越している気もしますし、晶の親はたまったもんじゃないな・・・と思います。

 

スポンサーリンク

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

冬ドラマ(2019)主題歌一覧表

2019 冬ドラマおすすめはコチラ

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!