中学聖日記のなりすまし犯人は?投稿したのは誰?原作とは違う展開が気になる!

美しい女教師とその教え子の恋を描く「中学聖日記」。先生役の有村架純さんと生徒役の岡田健史くんが良い味を出していると話題です。多感な年頃に、ふと目の前に現れた美しい教師に心を奪われ、どうしていいかわからなくなってしまう黒岩(岡田健史)。

末永聖は、赴任早々、まことしやかな嘘に騙されたりうっかりして教職員用のパスワードを落としてしまったり教師とは思えないくらいの無防備な人。

そのおかげで、中学校の掲示板にあらぬ噂を流されてしまいました。

中学聖日記で、掲示板に投稿したなりすまし犯人は一体なのでしょうか?

ドラマ博士
実は、このなりすまし犯人は原作とは違うようなんです。
助手その1
ドラマでは、不審ないでたちでした

 

 

スポンサーリンク

 

掲示板に投稿された経緯

※10月23日追記
(第3話で、問題のビールの缶が出てきましたが丹波千鶴(友近)とご飯を食べるときに出すものでしたね・・・(;´・ω・)
もしかすると、書き込みの犯人は、千鶴の可能性も出てきました。)

末永聖が初めて子星中学にやってきて、学校の掲示板に書き込みをするために職員のパスワードをもらっていたものの、その後出かける時に、机に置いてあったパスワードの紙を落としてしまったのです。

シーンとしては落としたところまでだったのですが、その後、刑事版には心無い投稿がされました。

聖の画像付きで書かれた言葉は以下の通り

・聖ちゃん来年結婚だって
・あざとい チクリ魔
・相手は大手商社マン
・玉の輿
・ウザイ
・学校ヤメロwww

これらは、ひとりでいたずら投稿されたもの。

この掲示板を見て、聖の生徒の中では噂で持ち切り。黒板にいたずらの落書きを書かれ「やめれば?」というヒソヒソ話の中、聖はキッパリと事実を認めて「やめない!」「みんなに会うために婚約者の元を離れてここに来た!」と言うのです。

元々、自分の気持ちに向き合えなかった生徒の黒岩は、この言葉を聞いて、聖への想いを自覚し「先生の事、好きになっちゃいました!」と告白するという流れとなります。

 

犯人とされる謎の人間(男?)

この落書きを入力している姿がワンカットありました。

赤いパーカーを着て、部屋の中でなぜかフードまでしている。顔全体は映さず、打ち込んでいるパソコンの周りには2本のビールの缶(おそらく空になっているもの)口もとだけ見ると、若干黒いような感じがしました。

 

なりすまし投稿犯人像に迫ってみた

全体像では後姿だけ映るんですが、中肉中背で男にも女にも見える謎の人間だったのです。

原作では、この書き込みは生徒の香坂優(ドラマでは中田青渚)がなりすまし犯なのですが、ドラマではビール缶がそばにあったことから「大人」ではないかと言われています。

パスワードをなくした場所が、職員室の聖の机の近くだったことから、職員室に入っていてもおかしくない人物。もしくは学校関係者で大人の可能性が高いと思います。

学校関係者で考えていくと教師4人の内の誰か。

粕谷真弓(池谷のぶ)・・・聖の同僚で社会の教師
入江信彦(是近敦之)・・・聖の同僚で英語の教師
田辺忠之(加治将樹)・・・聖の同僚で体育の教師
塩谷三千代(夏木マリ)・・・教頭で、子星中のボスともいわれる

聖は、赴任当初から塩谷には、口うるさく叱らていることから、生徒にも教師にも若干あきれられている雰囲気があります。原作ほどではありませんが、スキだらけの女性なんです。

同じ同僚だったら腹立つだろうなーと確かに思ってしまいそうなキャラ。

 

なりすましをした理由を考察

聖のことをよく思っていないことは確かですが、ここまでするのは何か理由があるのか考えてみました。

黒岩も聖にキツくあたった時に、「どうせ腰掛だから!」と言いましたが、聖の普段の雰囲気がそうさせているのかもしれません。そうなると、粕谷真弓とも考えられますが、映像に映った背中と男性っぽい輪郭から入江ではないかと予想しています。

「好意」もしくは「常習犯」なのではないかと・・・。

黒岩も、聖に「イライラする」って言ってますよね。好きという感情が、なんだかわからず(好きな)先生に対して乱暴にしてしまう。いじらしい男心ですが、もうひとりこじらせ男子がいると予想します。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

黒岩晶役の岡田健史くんは19歳。2015年の話なのでおそらく原作の後半までドラマで描かれると思います。つまり、中学を卒業し大人になった晶と、聖との別れを含むその後。

合わない日々を過ごした後の再会とまた訪れる恋心に揺れる二人が描かれると思われます。

原作とはかなり違っているドラマの展開ですが、二人の恋は一体どうなるのか見ものです。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です