コンフィデンスマンJPの誓いのキスと結婚式が鮮烈!第7話のあらすじネタバレ感想!

詐欺師が主役となり、ワケアリの人間たちから大金を巻き上げる痛快なドラマ「コンフィデンスマンJP」。

天才詐欺師ダー子(長澤まさみ)そして、百戦錬磨のリチャード(小日向文世)と詐欺師にしては小心者でクソ真面目なボクちゃん(東出昌大)の3人がチームとなって詐欺ゲームを繰り広げます。

今回は、与論要造(竜雷太)というワケアリ資産家の莫大な遺産に狙いを定めます。

コンフィデンスマンJP第7話のあらすじネタバレ感想と、ダー子とボクちゃんの結婚式の誓いのキスの真相なども含めご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/confidenceman6-ucchan”]

 

コンフィデンスマンJP第7話のあらすじ

 

スポンサーリンク

 

ダー子(長澤まさみ)とボクちゃん(東出昌大)は、リチャード(小日向文世)の知り合いだった矢島理花(佐津川愛美)という女性の話を聞く。1年前、バーでリチャードの財布をすろうとして失敗した理花は、天涯孤独の身で、夜の仕事を転々としているうちにスリまでするようになったらしい。

時々理花と会うようになったリチャードはまともな生き方をするよう何度も説得していた。だが、彼女は耳を貸さず、結局しくじって刑務所に服役することになったという。

すりをされ、お金を獲られそうになったのに、リチャードはその女にまともな生き方をするように諭していたとはなんとも懐の広い部分が出ていますね。

しかし、よくよく考えれば自分も詐欺なので、リチャードの言う「まともな生き方」ってなんなんでしょう(笑)

 

[clink url=”https://doramemo.com/confidenceman5-kanso”]

 

出所するまで理花の家財道具を預かることにしたリチャードは、それをダー子の部屋へと運んだ。そこでダー子が見つけたのは、理花の母親の遺品から出てきた手紙だった。送り主の与論要造(竜雷太)は、10億円の資産を子どもの誰かに譲ると手紙に記していた。五十嵐(小手伸也)の調査によれば、要造は鎌倉に住む資産家で現在闘病中。だがその正体は、違法すれすれの株式操作で荒稼ぎしていた経済ヤクザだった。

ダー子は、お金に対しての嗅覚が非常にするどい人ですが、今回は、遺産という形でダー子の元においしい話が舞い込みました。天才詐欺師というにはやはりこういった運も味方につけているところはあります。

この3人がターゲットにしてきたのは与論要造のように悪どいことで稼いだお金を巻き上げるので、悪いことをしているとはいえ、少し勧善懲悪な部分も感じられ痛快に感じます。

理花は、要造が愛人に産ませた子どもだったため、母親や兄姉からひどい苛めを受けていたらしい。そんな生活に耐えられなくなった理花は10歳のときに要造のもとを離れて実母のところに戻ったものの、愛人稼業の母親とも折り合いが悪くなり17歳で家を飛び出してしまっていた。

10億もの資産をめぐっての兄弟の争いは、血を分けた人間どうしでも醜く発展することが多いもの。しかし、18年も前に家を飛び出した愛人の子が突然この期に及んで戻ってきても勝ち目がなさそうですが、そこは「天才」の詐欺師。

徹底的に、ターゲットを洗い出すというダー子のやり方は今回どんな仕掛けを繰り出すのでしょう。

刑務所を訪れて理花と面会したダー子は、彼女が要造の家を出て以来18年もの間、一度も連絡も取っていなかったことを知ると、理花に成りすまして要造のもとを訪ねる。理花の兄姉――祐弥(岡田義徳)と弥栄(桜井ユキ)は、突然現れたダー子に疑いの目を向けていた。

弥栄役の桜井ユキさんをどこかで見たと思ったら、同じフジテレビの「モンテクリスト伯」で、真海のそばにいて、暗躍する女性として出演されている方でした。

今回も若干、要造の娘役でドロドロの遺産相続に関係する人間なので、少し影のある役。

それにしても、10歳の時までは顔を知っているはずの理花になりすますって、ちょっと無理がありそうな感じもしますが、このドラマではそんな野暮なことは言ってはいけません。

ダー子やリチャードそしてボクちゃんの変装の完成度の低さは、このドラマの味でもあります。

 

[clink url=”https://doramemo.com/confidenceman4-kanso”]

 

そんななか、ボクちゃんは、ダー子が要造に話した作り話のせいで、理花を振った造り酒屋の息子役を演じる羽目になり……。

ボクちゃんは、酒屋の息子ですが、どうみてもひと昔まえの中国の俳優っぽく見えます。ふたりの結婚式が行われ決しの覚悟でボクちゃんがキスをしようとしていますが、きっとまたなにかダー子に騙されているんでしょうね。

ボクちゃんは「笑い」を担当する役なので、どう騙されるのかも見ものです。

コンフィデンスマンJP第7話のネタバレと感想

第7話は、意外にもすごく良い話で終わりました。

今回のお金は、若干だましも入っていますが、ターゲットが納得して託したボクちゃんに託した10億円で、綺麗な使い方をして最後には楽しみにしていた花火大会を見るというもの。

逆に言えば、え・・・ここで終わるの?って感じの終わり方。

ここまで強烈な個性の主人公でガンガン進めてきたお話しなので、確かにこういった意外性のある終わり方もアリっちゃアリなんでしょうね。

結局は、与論要造の本当の子供たちがどこにいるのかはわからずじまい。一番、色濃く要造の血を引いている娘の理花だけが刑務所にいることくらいで、後は、わからず。

しかも、この理花の性格が父ゆずりで、かなり破天荒。大金を目にしても「いらない」というくらい太っ腹。

与論は、株で違法すれすれのことをしてきた男でしたが、老い先が短くなり子供たちに遺産を渡すと手紙を送りました。バツイチの兄と姉のフリをした詐欺師2人、そして腹違いの理花に扮したダー子とその婚約者役のボクちゃん。

金のニオイに惹かれて2組の詐欺師が与論家で戦うことになります。

ダー子は、さらにダミーの兄と姉を使い、詐欺師にもう金はないと嘘の証言をさせると、兄と姉のふりをしていた2人はさっさと逃げていってしまいます。

ダー子も用はないと与論の家を飛び出すも、ボクちゃんだけは与論を置いていけずお手伝いさんと最後まで看取ってあげることに・・・。

与論は最後に、うわごとのように10億円をすべてボクちゃんにくれてやると言い、金庫の番号を告げ亡くなりました。

これもダー子の目論見通り、兄と姉の偽物を騙すために、五十嵐に頼み、こっそりと金庫をすり替えていたもの。本物の金庫には10億円があり、ボクちゃんの元には金が入りますが、ボクちゃんは関係者に金を分配し、兄と姉の詐欺師にも分け与えるのです。

与論が亡くなる直前まで楽しみにしていた家族一緒に楽しむ花火大会、詐欺師として与論家に入った人間全員が集まり真ん中には与論の位牌。

位牌を持ってきたお手伝いは実は、与論の最後の女だったと告白されます。

与論が最後に、一緒に家族の写真を棺桶に入れてくれと言いましたが、実際の家族ではなく最後に過ごしたダー子と詐欺師たちの写真でした。

これまでドラマを観てきて、ちょっときれいすぎなので物足りなさはありますが、このドラマでは不幸な人間が出てこないので、気持ちよく観れます。

コンフィデンスマンJPの見逃し動画を無料で観る方法

ここで、ドラマ博士からのお得情報です♪

毎回、豪華ゲストが出演しているコンフィデンスマンJPを見逃し動画を無料で観る方法があります。

それは、コンフィデンスマンJPを作っている「フジテレビ」が作っているFODという動画サイトです。

・昼顔
・リッチマン・プアウーマン
・シグナル~長期未解決事件捜査班~
・モンテクリスト伯
・いつまでも白い羽根
・コードブルー
・隣の家族は青く見える
・海月姫

 

 

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

無料期間内に解約をすれば、料金は発生しません。

特徴
・フジテレビの動画が豊富で独占タイトルが5,000本以上
・FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題
・15万冊以上のコミックがある(いつもなんらかの無料コミックが用意されている)
・ポイントがあり、最大1200ポイント貯めれるのでそれを利用して無料動画やコミックを買える

 

 

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

[clink url=”https://doramemo.com/confidenceman1-kanso”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です