大恋愛第6話のネタバレあらすじと感想!侑市さんはお見合い相手とどうなるの?

紆余曲折あった北澤尚(戸田恵梨香)と間宮真司(ムロツヨシ)。少し冷却期間を置いてから再会しましたが、「脳ミソとアップルパイ」という作品をかき上げて真司はまたベストセラー作家になっていました。

井原侑市(松岡昌宏)が取り持ち、とうとう真司は尚にプロポーズ、第5話では結婚することになったのです。

大恋愛~僕を忘れる君と~の第6話のネタバレあらすじと感想です。

 

 

スポンサーリンク

 

大恋愛~僕を忘れる君と~第6話のあらすじ

素直な気持ちを伝え合い、ついに結婚した尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。
周囲に祝福され、幸せな結婚式を挙げたのもつかの間、二人の行く手に新たな脅威が迫っていた。

新居に引越し、新生活をはじめた尚と真司。ある日二人は、病院で松尾公平(小池徹平)と出会う。
若年性アルツハイマー病患者である公平は、病気が発覚した途端妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた。

一見、子供好きで笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた。
一方、真司は思い切って尚に「こどもが欲しい」と告げる。

尚は「無理だと思う」と伝えるが、迷いもあって・・・。
そんな中、尚は侑市(松岡昌宏)の勧めもあり、自身の病気について大学で発表することになる。

出典:TBS「大恋愛~僕を忘れる君と~」

第5話までが第1章でいったん区切りがついていますが、第6話からは新たな問題が引き起こされる予感。自分と同じ病気を持ち、さらにそのことで配偶者に逃げられてしまった男性。

真司の言うように、子供をもうけたとしても、出産のころまで自分の記憶が残っているかどうかわからない・・・そう考えると不安になる気持もわかります。

 

井原侑市のお見合い相手はどうなるの?

ここでふと気になるのが、尚の元婚約者の侑市さんです。何度もお見合いをして(芹菜 ⇒ 阿佐ヶ谷姉妹 ⇒ 桜井ユキ)桜井ユキとは出会った日に結婚を前提にしてお付き合いしてほしいと申し出があり了承していました。

このまま、時間が経てば結婚をするでしょうが、なんだかまだ影が薄いですよね。

桜井ユキさんが出てきたことで、少なからずは侑市に対して重要な役どころなんだということがわかりますが、侑市はもう吹っ切れたのか・・・。

待ち伏せするほど好きだった尚を、カッコよく真司に渡したのは良いですが、そのショックは大きそう。新薬を勧めてみたり、必死に尚のことに奔走し、教授からもどんな関係なんだと聞かれるほどなので相当心残りがあります。

偽装結婚とはいいませんが、勢いに任せて結婚したあと離婚し尚と公私ともに過ごすのかも・・・と予測しています。

 

大恋愛~僕を忘れる君と~第6話のネタバレ

新婚生活

2014年9月二人は結婚をし新居を構え引っ越しには木村(富澤たけし)や小川(杉野遥亮)も手伝いにやってきました。仲睦まじいふたり、リビングにダブルベッドを置いたのは尚が真司が良い環境で仕事をしてほしいからもうひとつの部屋は書斎にしたい・・・

「それが、私の最後の願いなの」と尚は言います。

木村や小川はまたベッドを動かしたくなったら、また来てやると言い残しそそくさと帰っていきました。

引っ越しそばを食べながら幸せなふたり・・・。書斎で執筆の仕事を終えた真司は尚の眠るベッドにはいります。

 

同じ病気の患者

尚の定期健診に一緒に病院にいく真司。待合室にいると、松尾公平(小池徹平)が突然挨拶をしてきました。侑市の患者か?とぶしつけに聞いてくる公平にふたりは口をつぐみます。

尚が呼び出され、ふたりは診察室に入ると、侑市に深々と頭を下げます。尚が受けた検査結果を見て、侑市は前よりもずっと良くなっているとふたりに言い、心が安定していることで良くなることもある・・・と言うと真司が嬉しそうに笑います。

真司たちが出ていったあと、次は公平の治療・・・。

看護婦は、中の良い夫婦の後に診断を受ける公平がアルツハイマー病と知った直後に妻が出ていったことを話しました。

公平は、悪くなっていると言い、侑市は検査結果は悪くないと答えると、保育士をしているが子供の名前が思い出せなくなっていると言いました。

子供には何度聞いても問題ないが、園長先生は事務の仕事に専念するようにと自分に言うようになったと落ち込みます。

「先生からも言ってください!僕が大丈夫だって・・・」

公平は診断を終えて帰る際、侑市の診察を受けた夫婦の名前を看護師に聞きますが、それは答えらえないという・・・。

待合室で小さい子供が飴を落としたと泣きじゃくっているところに公平がやってきて、上手にあやしているところを尚たちはほほえましく見ていました。

 

アップルパイの行方

脳ミソとアップルパイというタイトルの小説を書いた真司には取材のたびにアップルパイをお土産に持ってこられ、新居はアップルパイだらけになりました。

ドルチェドクルーザという有名なアップルパイもたくさんあるので、木村や小川、そしてマンションの管理人にもおすそ分けをしにいきます。

残ったアップルパイを二人で食べ幸せにひたります。

すると、尚が、脳ミソとアップルパイの続編は書かないのかと真司に尋ねました。真司は、あれはあれで完結していると答えると、尚は、主人公が医者と結婚したあとやっぱり戻ってくるという続きにしてほしいと言い出します。

「あの話は俺たちの話がベースになっているけど、世の中に出した以上、尚ちゃんと俺のものじゃないんだよ」

他の読者が読みたいと思っても続きを書かない。苦しみは描きやすいけど幸せは描きにくい・・・だからもう書く気はない。

実は、真司が書かないと言った本当のワケは、ささやかな幸せはそのままで大切にしておきたいという気持ちからだったのです・

 

子供が欲しい

侑市の元に、母親からたくさんのお見合い写真が送られてきていました。良い返事をしない息子にしびれをきらせた母千賀子(夏樹陽子)が、電話をかけてきますが、乗り気ではありません。

夜、尚と真司はベッドにいます。真司は改まって尚に、子供が欲しいと言いました。

真司は親兄弟がいない・・・だから、親になってみたいんだ・・・と。

「真司と私だけじゃ家族じゃないの?」

夫婦と子供との未来を語る真司に「私は、その子の成長を見届けられない」と尚が答えます。子供がどこかで母親を失うことになる。もし尚の症状が進んでしまったら、自分が父親と母親になると真司は言いました。

母親は記憶を失っていくのを見て子供は傷つかないのか・・・、そんな姿をさらす自分はみじめではないのか・・・尚からはたくさんの言葉があふれてきます。

実家に帰った尚は、母の薫(草刈民代)や沢田柚香(黒川智花)に相談しますが、やはり尚と同じ考え。

尚は診断の時に侑市にも相談すると、最近の回復ぶりを見ていると子供を産むことでそれが生きがいとなるかもしれない。しかし、自分に迷いがあるのならよく考えた方が良いと言いました。

尚は、以前侑市が勧めた治験の薬を試すと言い出します。

 

講演会の依頼

診断後、侑市と尚は一緒にご飯を食べることになりました。そこで侑市は、尚に医学部の学生たちを対象にこれまでの人生や病気のことを話してもらえないかと話します。

治療の一環のため、そして学生の育成のため・・・。

尚は、もう医師として誰かの役に立てる思っていなかったと言い、喜んで引き受けました。

そこに現れ同席をしてきたのは公平でした。尚に名前を聞きメモをしたりと少し変わった様子に尚は引いてしまいます。やんわりと侑市はたしなめると、病院には人がたくさんいるから気が楽なので早くきてしまった・・・。

昨年に公平は学生の前で話をしたというも、公平は全く覚えていません。同じ病気だとわかると公平は尚に頑張ろうと声をかけました。

 

それぞれの仕事

真司は、出版社の女性と打ち合わせをしていました。有名な建築家の野間テツヤの取材をしたいと真司がオファーを入れているが、海外が多くてなかなか日本に帰ってこない、他の建築家ではだめなのかと言うも真司は野間でないとだめだと言いました。

地方でのサイン会の話が上がるも、真司はできるだけ妻といたいと断ると、妻も連れてきたらいいと言う。真司は、尚を表に出すつもりはないとキッパリ。

尚の講演の話を聞くと真司は必ず行くと言います。

そして、治験の話をすると真司は喜びます。

「もし効いたら子供のことも考える・・・それでいい?」と言うと真司は照れくさそうに微笑み尚を抱きしめました。

 

講演内容の執筆

尚はその日から、講演のために執筆をし始めます。繰り返し書き込み、講演の練習を真司の前でもしていると、そこに出版社から真司に建築家の野間が日本に帰ってくる日があると連絡が入りました。

それは、尚の講演の日・・・、断ろうとするもせっかく時間をとってくれるならとお願いすることになります。

真司は尚に謝りますが、尚は別に気にはしていませんでした。

 

アクシデント

講演会当日、母の薫と侑市が見守る中、尚の講演が始まりました。登壇し、話そうとしたところ尚の目の前が揺れ始めます。声も出ずにそのまま倒れこんだ尚。

薫は真司に連絡した後、具合が悪くなり、侑市に抱えられこれはアルツハイマー病と関係するのかと問うと侑市は関係はない・・・しかし

「これをきっかけに病気が進んでしまうことがある」と言います。

「あの子は静かにゆっくり、こちらも納得しながら変わっていくんだと思っていました・・・」

尚はベッドに横たわっているとそこには公平の姿が・・・「真司・・・」と声をだすと、公平は尚にキスをすます。

慌てて病院に駆け付けた真司は、公平を押しのけると尚に声をかけました。しかし、尚はうつろで真司のこともわからなかったのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

同じようなアルツハイマー病を取り扱った映画「50回目のファーストキス」では、毎日記憶が更新されてしまい、前の日のことを忘れてしまう女性と男性との恋を描いていました。

このときには、日記を書き綴るということで二人の軌跡を記したのですが、大恋愛では「子供」がふたりの思い出の絆として残るのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です