menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

大恋愛第8話のネタバレあらすじと感想!侑市(松岡正弘)と薫(草刈民代)が急接近!

 

やっと子供を作ると決心した尚(戸田恵梨香)。悲しみの中にも小さな幸せを見つけて積み上げていく二人の前に現れた目的不明の公平(小池徹平)。

そして、悲しみにくれる尚の母・薫(草刈民代)と、尚の昔の婚約者の侑市(松岡昌宏)が急接近をしました。

大恋愛~僕を忘れる君と~第8話のあらすじとネタバレ感想です。

 

 

スポンサーリンク

 

大恋愛~僕を忘れる君と~第8話のあらすじ

だんだんと病状が進行していく尚(戸田恵梨香)だったが、悩み抜いて真司(ムロツヨシ)との子どもを産むことを決意した。
産婦人科医である尚は、子どもを身ごもるための戦略を実行し、幸せな日々。

一方、侑市(松岡昌宏)は、診察に訪れた公平(小池徹平)に尚のスピーチのときの映像を見せ、ほかの患者に危害を加えるならばほかの医師を紹介すると注意するが、公平は了承せず…。
そんな中、尚は薫(草刈民代)に子どもを産むことにしたと報告に行く。
子どもには断固反対していたはずの薫だったが、すんなりと受け入れた様子を見て、尚と柚香(黒川智花)は“好きな人でもできたのでは!?”と勘ぐる。

その帰り道、スーパーで買い物をしていた尚の前に公平が現れて、何も知らない尚は…。
本の売れ行きが好調な真司は取材が殺到し、担当編集者の水野(木南晴夏)がかいがいしく世話を焼いていた。

尚が自宅に帰ると、玄関にハイヒールがあり、部屋から出てきた水野と鉢合わせしてしまう…。

出典:「大恋愛~僕を忘れる君と~」

小池徹平さん演じる公平は、自分もいずれ記憶をなくしてしまうという不安な精神状態からか、同じ病気の尚に近づき、なにかとちょっかいをかけます。

その中には悪意のあるものも含まれていて真司はピリピリとしています。

まだ公平の目的がはっきりせず、寂しさを紛らわすだけなのかそれとも、自分の命を懸けて尚になにかをする目的なのか・・・・。ただ、そのことすらいつまで覚えていられるのかもわからないので周りとしてはとても心配です。

 

大恋愛~僕を忘れる君と~第8話のネタバレ

子づくり

子供を作ると決めた尚と真司。家では、基礎体温をもとに子づくりを始めました。翌日、真司は取材が多い日でしたが、目覚ましをセットし忘れたのか遅刻しそうになります。

慌てて出ていく真司に「梅入りおにぎり」を途中で食べるようにと尚は手渡しますが、タクシーの中で食べたおにぎりには具が入っていませんでした。

尚は、その日、KITAクリニックに行き、子供を産むことにしたと母の薫に言うと、あっさりと了承したのです。尚はきっと薫が反対をすると思っていたので驚きますが、薫は心境の変化があったと言いました。

事務員の沢田(黒川智花)は、薫に好きな人ができたのではないかと尚に言いふたりは大盛り上がり。

一方、公平が侑市の診察に来たとき、侑市は尚が倒れた時の動画を公平に見せると、自分には記憶がないと言い出しました。侑市は嘘だと見抜き、同じ患者に危害を加えるなら他の病院に行ってほしいというと公平は断ります。

患者は医者を選べるが、医者は患者を選べない・・・。

 

公平が尚に接近

公平は、KITAクリニックの前で尚を待っていました。尚が買い物に行くところに尾行し、巧みに声をかけます。食材を購入し財布を忘れた尚でしたが、公平が変わって支払いました。

侑市は、KITAクリニックを訪れ、薫に倒れた日の動画を見せます。薫は、これが原因で尚の状態が悪くなったと言いますが、侑市は冷静に診断すると、アルツハイマーがひっそりと進行していてこれが原因で急激に悪くなることはないと言います。

ただ、元々公平が持ち合わせていた凶暴な性格が出てきたんだろうと。

真司も取材の場にスマホを忘れてしまったが、もう帰れない。水野が自分がとりに行くと鍵を預かりました。

公平は、尚と喫茶店に入り話をしていました。公平が真司のことを聞くととても幸せそうに答える尚。しかし、公平は自分の妻は病気が発覚してすぐに契約違反だと言って自分の元を去って行ったんだと語ります。

「健康な人といると、相手に負担がかかるから気後れするし対等じゃいられないんだよね」

自分たちには「今」しかない、だから今この瞬間に感じたこと、一瞬の喜びだけを大切にして生きていくと決めたんだ・・・。

尚がぼんやりと家に帰るとそこには真司のスマホを持った水野が家にいました。驚く尚に水野は事情を話し急いで家を出ていきました。

 

真司にスマホが届けられると侑市からの着信メールが3件。

真司は侑市に電話をすると、公平の件を話し、注意するように告げたのです。侑市はホテルのバーで飲んでいるとそこには薫がやってきました。

侑市は、自分の研究部門のアルツハイマー病は完治しないことで気持ちが折れそうになっていたのです。その話を薫にすると、薫は自分の娘には間に合わないかもしれないが、他にいるたくさんの人を助けることになると語ります。

夜遅く真司が帰宅すると尚は眠っていました。真司が近づくと尚が起きてきて今日の出来事など他愛もない話をしました。真司は、尚に公平のことを告げようと悩んでいましたが結局話せないまま・・・。

小説の続編のタイトル「もう一度第一章から」に決めようと思うと尚にいうと満面の笑みでそれがいいと答えたのです。

その後、真司の書斎に水野が来て、新聞連載の依頼が来ていると言いました。続編のタイトルを真司が伝えたところドアの向こうでは尚がそのことを聞いていました。

尚は、夜にタイトルを聞いたことを忘れていて、初めて伝えるのが水野だったと勘違い・・・ショックを受けます。公平に喫茶店でそのことを愚痴る尚。

「尚の気持ちわかるよ・・・」

人の気持ちは変わるから・・・と悲しそうな顔をして子供たちがくれたという蝶の標本を見せたのです。死ねば永遠に綺麗なままでいられる。尚が帰ろうとすると公平は送ると言う。

家に帰った尚が公平に手を振っているところを仕事中の木村と小川が目撃。木村は、仕事場に真司を呼び出し公平と尚のことを伝えます。

 

真司は家に帰ると、尚に公平と会っていたのかと尋ねます。そして、尚が失神していた時に公平がキスをしていたこと、尚の失神に公平が関わっていることを伝えます。

これから出ていく時には自分も一緒に行く・・・、そういうと尚は怒りだします。水野にスマホをとりに行かせたこと、そして小説のタイトルを真っ先に自分に教えてくれなかったこと・・・。

真司は、言ったよ!と声を荒げました。

尚は、それを聞いて自分がそのことすら忘れてしまっていることに腹をたて外に出ていってしまいました。

「あの人とは対等なのに、私とは対等じゃないんだもん!」

外では、公平が車に乗って待っていました。手には大量の「睡眠薬」

 

真司は、慌てて外に出ますが、尚の姿はありません。部屋にもどりスマホに電話を掛けるとどこからか音がして、その先に行くと冷蔵庫の中にありました。

神社の境内で泣いている尚に公平は声をかけ自分の車におびきよせます。そして、大量の睡眠薬の入っているコーヒーを尚に手渡したのです。そして、公平は真司に電話をかけました。

隣には薬で寝込んでいる尚。

公平が呼び出したのは、境内、慌てて詰め寄る真司でしたが公平は同じ病気の者同士、自分といる方が尚にとって幸せなんだと言いました。

「あんたにとって尚は小説の道具だろ?」対等じゃない・・・。

これからは、公平と尚の恋愛を書けよ!!真司が怒り、公平を殴ろうとしたときに尚が真司の名を叫びました。

公平の差し出すコーヒーを飲むフリをしていた・・・そういうと公平は、尚もまた自分のことを信じてくれていないんだと語ります。尚がいない間に真司は尚を小説の道具にしたいたことを認めたと言うと尚が反論しました。

「真司に私のことを書いてもらうのは、私の生きがいなの」
「それが他の誰にもまねできない、私たちだけの夫婦の形なの」

対等かどうかはどうでもいい・・・

「真司のことだって忘れるんだぞ!」
「そうよ!忘れるわよ!」

お互い会ったことも忘れる・・・そういうと尚は公平のそばに行き、忘れることが唯一の救いなんだと答えました。だから私はあなたを恨まない・・・、それも忘れてしまうから。

松尾さん・・・全部忘れてください。

「忘れたくないこともたくさんあるのになぁ・・・」バイバイと軽く言うと公平は帰っていきました。

座り込む尚に真司は上着をかけ笑顔になり抱き合いました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

真司の方でも、尚がやっと子供を作ろうと言い出したのもつかの間、続編を書くと言ったことでにわかに忙しくなってきます。担当編集者の水野(木南晴夏)には、真司は妻のことをキチンと話してはいるものの、水野も尚同様に真司の文章のファンでもあります。

尚の気持ちの中で、水野がどんな存在となっているのか、これからどうなるのか気になります。

 

スポンサーリンク

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ