menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

ドロ刑(ドラマ)第8話のネタバレあらすじと感想!ゲストの大友康平が鍵を握る!

 

煙鴉(遠藤憲一)という伝説の大泥棒、どこにも証拠を残さず、大胆にもドロ刑と呼ばれるドロボウを捕まえる警視庁第三課の刑事、班目(中島健人)と一緒にお酒を飲んでドロボウの極意を教えていきます。

一方、なぜか煙鴉の逮捕に血眼になっている皇子山は、決定的な証拠を見つけられずにいます。

ドロ刑~警視庁第三課~第8話のあらすじとネタバレと感想です。

 

スポンサーリンク

 

ドロ刑~警視庁第三課~第8話のあらすじ

煙鴉(遠藤憲一)が斑目(中島健人)の前から姿を消して数週間。その帰りを待ちわびる斑目の一方、皇子山(中村倫也)はある病院のセキュリティールームで起きたデータの窃盗事件の犯人が煙鴉だと睨んでいた。

そんなある日、煙鴉がいつものバーに、しれっと現れる。皇子山が煙鴉を疑っていると伝えた斑目に、煙鴉は「大人の言うことを信用するな」と意味深な言葉を語るが、その時、斑目の携帯に職場から急な呼び出しが入り…。

急いで戻った斑目を待っていたのは、器物損壊で捕まったという男(大友康平)。取調べ室で、完全黙秘を貫き身元不明、指紋まで焼き消す徹底ぶりで正体を隠す男が、自分は煙鴉だと言い出し…!!13係では自称・煙鴉の“煙鴉である証拠”を聞き出そうと一同が意気込む中、男は2年前に窃盗に入った家の住所を告げる。

裏をとると、確かにそこでは煙鴉が犯人と考えられている未解決の窃盗事件が起きていて…。煙鴉しか知り得ない情報を吐かせることで本人である確証を掴もうと、取り調べ室では“秘密の暴露”をさせようと試行錯誤する。

しかし、男が暴露したのは取り調べを担当した左門(板尾創路)や皇子山たちの知られたくないプライベートの秘密!なぜか13係メンバー全員の裏情報を掴んでいる男に取り調べチームは驚愕と動揺を隠せず・・・。

一方、2年前の事件を再捜査する斑目は“鑑識が探さないところに証拠はある”という煙鴉の言葉をヒントに、現場の目立たない窓に開いた小さな穴を見つける。

その夜、自分のニセモノが現れたことを知り憤慨する煙鴉は斑目に、一流の泥棒は理にかなった動きをする、と新たな助言をして…。翌日、自称・煙鴉の男が新たに自白した未解決窃盗事件の再捜査をする斑目は煙鴉の助言に従って再び新たな証拠を見つける。

そんな中、パソコンの普及によりアナログな手口捜査の需要が減ってリストラに怯える対人恐怖症の細面(野間口徹)は、指紋も名前も捨てた正体不明の男の孤独に一人思いを巡らせていた。そして、2年前の事件現場で見つかった指紋がある意外な人物のものと判明し、捜査は混乱を極める!果たして自称・煙鴉の男の正体は!?そしてその目的とは一体!?

出典:ドロ刑~警視庁捜査三課~

今回は、煙鴉の偽物が現れます。大友康平さんが「煙鴉」を名乗り出るのですが、指紋を消していたりと謎だらけ。8話まで皇子山が本物の煙鴉に執着して何度も挑発的な行動を起こしています

大友康平さん演じる男は、本物の煙鴉に依頼されたのか、それとも何か他の目的があるのか・・・。ドラマの中ではプロのドロボウ同士は顔見知りだったり、お互い二つ名で呼び合ったりとそれぞれの手口もよく知っています。

そこで、出てきた大物を名乗る男は誰なのか気になるところです。

 

ドロ刑~警視庁第三課~第8話のネタバレ

謎の男

ある人相の悪い男が建物の窓ガラスを割り逮捕されました。

班目と皇子山は煙鴉がいなくなったことで、なぜか張り合いがなくなったと嘆いています。そのころ煙鴉は夜の街で拳銃を手にしていました。

班目がいつものバーに行くとご機嫌な煙鴉がやってきます。皇子山が追っていることを伝え、もっといろんなことを教えてほしいと言うと「大人の言うことは信じるな・・・」と意味深な言葉。

ちょうどそのころ、13係から班目に電話がかかります。それは、器物損壊の罪で逮捕された男が盗みを自供したというもの。不思議なことにそれ以外は全くの黙秘で名前すらわからず、過去を調べようとも指紋すら取れないようにつぶしてありました。

「俺が煙鴉だ・・・」と名乗ったのです。

 

煙鴉の証拠

皇子山が取り調べをし証拠を出せというと、男は皇子山の名前と、その場にいた左門の名前を呼びました。すると2年前に世田谷の松金宅に窃盗に入ったことを自供。

現金53万とカードをとられたが、なんの痕跡もなく香りだけが残っていて煙鴉ではないかと言われている未解決の事件。

左門は、自分の名前を知っていることに疑問を持ち、煙鴉としての新事実を引き出すために取り調べをしたいと言い出します。取り調べを始めると、左門がスナックあやかしのママに入れ込んでいることをそっと語り始めたのです。

焦った左門・・・すぐに外に出て「完全黙秘」だと言いました。

次に皇子山が交代して取調室に・・・。

「女の人の足が好きなんだって?皇子山・・・」

最近は、女の人の尻だ・・・、頭の中は尻でいっぱいだと言われると皇子山は固まり部屋から出ていきました。

自供の中で名前の出たお宅の家宅捜索を班目たちがするも何も出てきません。班目はふと高いところの窓を見てある穴と指紋を見つけます。

夜、バーで班目は煙鴉に偽物の話とその日の出来事を話していました。すると、煙鴉は、1流のドロボウならそれなりのやり方がある・・・。自分の知り合いに関節を自由自在に外して狭い場所から侵入できるヤツがいた。

「かならず理にかなった動きをする」

 

次々と出る秘密の暴露

取り調べ3日目、今度は杉並区の浜田さん宅の盗みをしたと自供・・・。こちらもニオイだけで侵入経路が不明なので煙鴉ではないかと言われている事件。

次は、美希の取り調べ・・・。美希はあなたの化けの皮をはがすと強気で言うと、逆にその男から秘密を暴露されてしまいます。それは、酒を飲まないと言っているが実は酒豪。

嫌なことがあると男3人を呼んでカラオケに行き、ヘビメタを歌って最後はラップで男たちが万歳三唱する!それを聞いて美希は壊れ強制退場。

次に、瑤子が取調室に入ると、大学時代の昔の男「桑畑太郎」のことを語り始めます。いきなり、しおらしくなる瑤子。行方不明の元カレ太郎のことを語り大阪に居ることを暴露。

班目は被害のあった浜田宅に行き捜索しているとふと煙鴉が言っていた手口を思い出し高い部分の換気扇に目を付け指紋を取ります。13係に帰るとそこには細面が事務所にポツンと一人でいました。

細面は対人の仕事が苦手で、記憶の中のデータを呼び出すのを得意としていますが、PCに取って代わられ落ち込んでいたのです。すると班目は細面のそばにいき、ここのメンバーも大したことない、だから気にすることはないと能天気に言います。

「バカ、サイコー」

一方、牢屋の中の謎の男は指を見つめながら妻と子供らしき人の面影を頭に浮かべていました。

 

混乱する班目

班目は、鑑識の霞に高い窓で見つけた指紋の照合を頼んでいました。その場で一致した結果は過去に班目が捕まえた「キツツキのマサ」の者だったのです。

バーに行き煙鴉に話をすると、その男は刑務所でキツツキのマサから話を聞いたのではないかと話します。

にわかに混乱する班目。

謎の男の取り調べは続いていました。その現場にめったにこない細面が見学にやってきます。その場では、勝手田が取り調べをしています。すると、またもや男は勝手田がITの会社員のふりをして細面と女の子を誘って必死に合コンしていることを暴露したのです。

大久保守男宅・・・またも新しい自供をします。

鑑識から、浜田宅の換気扇の指紋を照合した結果がでるとまたもや違うドロボウ「大堂吾郎」という男のものでした。

 

新しい証拠

大久保宅への盗難は数日前・・・、しかも議員の家なので厳戒態勢のもと忍び込み痕跡がないという完璧な仕事だった。班目たちはまた大久保宅に行き、なにかないか調べてみると、飾ってある写真の鼻に綿棒が2本。

そのころ、皇子山は煙鴉のいるバーに姿を見せていました。

皇子山は、先日煙鴉がある病院のセキュリティセンターに忍び込み盗み取った資料のことを語っていました。それは、5年前に殺されたという皇子山の妹、皇子山真里の書くカルテの改ざんの資料だった。

当時、皇子山の元に妹から電話がかかり、大事なものを盗まれたと言ってきた。しかし、忙しかった皇子山は後にしてほしいと言うとその3日後、自宅のマンションから落ちて亡くなった。

盗みは証拠をひとつも残さない完ぺきなプロの仕事・・・駆けつけた警察官がなにかのニオイに気づいただけだったと。

「詰めが甘いな・・・そんな程度で俺に触るな!」

 

メリット

班目は、男がなんのために自首してきたのかを考えていました。どう考えても偽物の煙鴉なのに、その男は捕まっても捕まらなくてもどんなメリットがあるのかわからない。

次の取り調べに入ってきたのが細面。

「今日が最後かもしれない・・・」細面の顔を見て男の表情が変わりました。

細面が身の上話を話し出すと、過去にIT会社にいたこと、そしてその技術だけ利用されて会社から一方的に捨てられたこと、民間採用で警察に入りその後はパッとしないことを男は語ると思わず感情をむき出しにしたのです。

「だます方が悪いんだよ!あんたは悪くない!」

細面は、男が騙された経験があるのかと聞くと友達が困ったっていったんだとポツリ。男の会社の運転資金を友人に貸してしまい逃げられたことを語ったのです。

30年来の友人が初めて涙を見せたことで情が沸き貸してしまった。

「取り戻そうと思ったんだ・・・あとは、もう少しだ」
「あと少しで帰れる・・・」

逆に、男は細面にそれでいいのか?と問うと、細面は僕にも仲間ができたんでもう一度帰りたいと話しました。

その場に皇子山がとっさに入り「拘留延長」を告げ、松金宅からDNAが出たと言います。驚く男に口をつけたコップで採取したことを告げ10~20年の刑期あだと言ったのです。

「お前はどこにも帰れん」

男は何も語らず大声で叫んだと思うと皇子山に殴り掛かりました。

しかし皇子山の言葉はハッタリで、DNA鑑定の結果が出て違っていた場合は釈放・・・無情にも鯨岡はそう言います。

DNAの結果は「白」、その言葉を聞いて男には笑顔が戻りました。

 

種明かし

班目は煙鴉から呼び出されいつものバーに。

すると、煙鴉は独り言のようにあることを語り始めたのです。急流の川のたもとにいる人間はたいてい自殺志願者だ・・・。ある男は中小企業の2代目、妻も子供もでき幸せに暮らしていた。

まじめで実直に生きてきたが、友人に一時的な資金をと頼まれお金を貸したが逃げられたしまった。経営資金を貸していたので会社は倒産、男は離婚して独り者になり、仕送りのために肉体労働を始めた。

しかし、共同名義になっていた2000万円の負債が発覚し、遺書を残し自殺をして保険金で支払いをしようと急流の川のたもとにいたところ、5000万の仕事を頼まれた。

過去の傷害事件から指紋があるかもしれないとバーナーで指紋を焼き切り仕事に挑んだ・・・。仕事を頼んだのは自分だと煙鴉は言いました。

男は釈放となり、家族の待つ家に向かいました。待っていた妻と子供と久しぶりの再会。

 

本当の目的

やっと仕事から解放されお祝いムードに沸く13係のメンバー、そのころ、鯨岡は警視総監と地下の駐車場で接触していたのです。そして煙鴉を逮捕することを報告しました。

13係はそのために作った・・・と語ったのです。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

前回は、煙鴉はずっとある病院のセキュリティセンターの上である資料を見るためにブドウ糖だけで長期間横たわるという超人ぶりを見せつけました。

調べていたのは、亡くなった皇子山の兄弟のこと・・・。

煙鴉もまた、皇子山がなぜ自分に執着するのか徹底的に調べている様子。この二人の関係がラストに向けどうなるのか目が離せません。

 

スポンサーリンク

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ