義母と娘のブルースのキャストと相関図!あらすじとネタバレ!

人気漫画を実写化したドラマ「義母と娘のブルース」。

原作は基本4コマ漫画でサクサク進む物語りですが、その奥には人間の情や、母親になりたかった、元キャリアウーマンの母親奮闘記のような内容です。

義母と娘のブルースのキャストと相関図そしてあらすじとネタバレです!

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”gibotomusume-gensaku”]

 

義母と娘のブルースの基本情報

放送開始日:2018年7月10日
放送時間:毎週火曜日 22:00〜
放送局:TBS
原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」

 

義母と娘のブルースキャスト

岩木亜希子・・・綾瀬はるか
宮本良一…竹野内豊
麦田章・・・佐藤健
宮本みゆき・・・上白石萌歌
友井智善・・・川村陽介
西条乙女・・・橋本真実
猪本寧々・・・真凛
前原大輔・・・村本大輔
宮本愛・・・奥山佳恵
田口朝正・・・浅利陽介
笠原廣之進・・・浅野和之
下山和子・・・麻生祐未

 

キャストの役どころ

岩木亜希子  綾瀬はるか

出典:ホリプロ

仕事をバリバリこなしてきた元キャ リアウーマンだが、宮本良一と結婚したことにより一児の娘の母となる。その娘との関係を作るために亜希子独特のやり方をする。

 

綾瀬はるかさんのプロフィール
1985年3月24日生まれ
出身地:広島県
身長:165cm
血液型:B型
趣味:映画鑑賞

 

【過去の出演作】
「きょうは会社休みます。」「わたしを離さないで」「精霊の守り人」「八重の桜」「奥様は取り扱い注意」など多数

 

宮本良一  竹野内豊


出典:研音

バツイチ子持ちだがある思いがあり岩木亜希子と結婚する。温厚な性格なので誰からも愛される。

 

竹野内豊さんのプロフィール

出典:研音

1971年1月2日生まれ
東京都出身

 

【過去の出演作】
「ビーチボーイズ」「素敵な選TAXI」「この声をきみに」「グッドパートナー 無敵の弁護士」「もう一度君に、プロポーズ」

 

麦田章  佐藤健

出典:アミューズ

原作では岩木亜希子が結婚後にパート勤めしたパン屋のオーナー。数字に強い亜希子を最初は嫌煙するも、徐々に恋心が湧いていく。元ヤンキー

 

佐藤健さんのプロフィール
1989年3月21日生まれ
出身地:埼玉県
身長:170㎝
血液型:A型
特技:ブレイクダンス

 

【過去の出演作】
「仮面ライダー電王」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」「半分、青い。」「いぬやしき」など

 

宮本みゆき  上白石萌歌

出典:東宝芸能

宮本良一の連れ子で、大人びている。亜希子なりに母親として接してくれているのをありがたく思い、すこしずつ本物の親子のようになる。

上白石萌歌さんのプロフィール

2000年2月28日生まれ
出身地:鹿児島県
身長:162cm
趣味:歌うこと、踊ること、詩を書くこと、サイクリング
第7回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリ受賞

 

【過去の出演作】
「羊と鋼の森」「未来のミライ」

 

西条乙女  橋本真実

出典:テンカラット

宮本みゆきが通う学童の職員。

 

橋本真実さんのプロフィール
1984年1月30日生まれ
出身地:東京都
血液型:O型

 

【過去の出演作】
「探偵の探偵」「アンナチュラル」

田口朝正  浅利陽介

出典:浅利陽介オフィシャルブログ

光友金属営業部の所属で亜希子の部下。

明るく真面目であるが空回りもある。

 

浅利陽介さんのプロフィール
1987年8月14日生まれ
東京都出身
趣味:バスケットボール、野球、スキー、スノーボート、乗馬、落語

 

【過去の出演作】
「ランディーズ」「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「手のひらの幸せ」「キッズウォー」「新選組!」「タイガー&ドラゴン」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」など

 

友井智善  川村陽介

麦田の友達でテレビ局に務めるAD

 

川村陽介さんのプロフィール
1983年6月5日生まれ

 

【過去の出演作】
「ROOKIES」「悪夢ちゃん」

 

義母と娘のブルースの相関図

 

義母と娘のブルースのあらすじ

宮本みゆきは数年前に母親を亡くしてから、父である宮本良一と2人で暮らしてきた。

そんなある日、みゆきの前に岩木亜希子という女性が現れ、「私、このような者でございます。」と挨拶するのだが、みゆきに一蹴されてしまう。

亜希子の義母としての初日は惨敗に終わるのだが、彼女は簡単に引き下がらない。

これまでの社会経験を活かし、会社の後輩・田口朝正を巻き込み、なんとかしてみゆきの心を掴もうと奮闘する。

その一方でみゆきの心を掴むヒントをもらうために、下山不動産の噂好きのおばちゃん・下山和子の元を訪ねる亜希子だったが、みゆきの味方をする下山に追い返される。

ちょうどその頃、田口はバイク便の青年・麦田章に荷物を託すのだが、麦田に対して田口はどこか違和感を感じます。

この物語は亜希子がみゆきの義母になろうと奮闘する、またみゆきが亜希子を受け入れようと葛藤する心温まるストーリー。

悲しみや喜び、様々な奇跡が繰り広げられるドラマです。

 

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルースのネタバレ

岩木亜希子と宮本良一の2人は、誰にも言えない秘密を抱えていた。

病気で妻を亡くした宮本良一だったが、自分も病気になってしまい、余命わずかだと宣告されていたのだ。

ちょうどそんな時、仕事ばかりでプライベートは1人寂しく過ごす岩木亜希子に出会い、お互いの利害が一致して結婚することに。

良一は、自分の病気を知り、幼い子供のみゆきの母親を探しており、亜希子もまた子供が欲しかった。

契約で繋がっていた夫婦だが、親子3人で暮す日々に、すこしずつ3人の心がつながり始めます。

そんな中、いよいよ恐れていた事態が起こる・・・。

宮本良一が倒れて入院すると、仮面夫婦だった彼らの間には思いやりや愛情が芽生えていた。亜希子は、カタブツのように見えて愛情をまっすぐに良一に伝えます。

良一は、病気であることで生きるという欲を亡くしていたが、亜希子の存在が生きるという理由となり、少しでも長く生きたいと考えるように・・・。

しかし、宮本良一はあっと言う間に、亜希子とみゆきの前からいなくなってしまった。

愛する夫、大好きな父親を亡くした義母と娘・・・。娘は母親を亡くしてすぐ父親も亡くしたことでまさか義母の亜希子が面倒を見てくれるとも思っていません。

そんな、必死で生きようとする姿を亜希子は愛おしく思い、小さいみゆきに要らぬ心配をかけたことを反省します。

亜希子は、良一が亡くなる前からずっとみゆきの面倒を見るつもりでいたのだ。

「おかあさん・・・」初めてみゆきの口から出た言葉に、涙するふたり。そこから、「義母」と「娘」まったく縁もゆかりもない二人が本物の親子になっていく姿を描いています。

 

原作を読んだネタバレはこちら!
↓↓↓
[clink url=”gibotomusume-gensaku”]

 

まとめ

「義母と娘のブルース」のお話しは4コマ漫画で、毎回オチを繰り返しながら進みます。娘のみゆきは両親に先立たれ本当は孤独になるところが、亜希子という母親らしくない母親と一緒に過ごすことになります。

しかし、亜希子は真面目にみゆきの母になるために努力して行き過ぎた行動にもなるのですが、そんなハラハラ感がみゆきにとって、寂しさを感じるヒマもないほど毎日がエキサイティングになるのです。

実際は、コメディーチックに進むストーリーですが、表面よりももっと母性と情を持った女性の亜希子の波乱万丈な人生を描く実は泣けるドラマとなるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です