義母と娘のブルース第1話のあらすじ!綾瀬はるかがキャリアウーマンと母になる!

バリバリのキャリアウーマンが、突然母親となり奮闘を描く、「義母と娘のブルース」。4コマ漫画が原作となっているこのお話しは、サクサクと進んでいきます。

キャリアウーマンとして輝かしい成績と才能を持つ岩木亜希子(綾瀬はるか)。

会社からも評価され、ほぼ「会社脳」となっている彼女が、突然の子育てにまったく憶することなく猪突猛進する姿を描きます。

義母と娘のブルース第1話のあらすじや綾瀬はるかさんの原作の役どころもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

義母と娘のブルース第1話のあらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

お母さんを亡くしてしまった小さな娘に突然母親が現れたというシュチュエーションは多いですが、まるで取引先のような挨拶をする亜希子にみゆきは戸惑ったに違いありません。

ただ、この亜希子には女同士のいやらしさがないというか、男社会で渡り歩いてきた亜希子が義母となることで、みゆきも強い味方を得た感じもします。

ま・・・、突然こんな人が母になるーって来られたら驚きますが・・・。

 

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

どう見ても、企業戦士にしか見えない亜希子。後々わかることですが、実は情の深い人。子供との接し方があまりにもわからなすぎて、杓子定規になったのでしょう。

原作でもデフォルメしすぎて笑っちゃいますが、すごく忠実に再現されていると思います。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

「戦国部長」はうまいネーミングですね。

亜希子は、とにかく目標に向かって集中するタイプで一度や二度では諦めません。現実にこういった義母がきたら小さい娘なら泣いて逃げそうですが、実はこのみゆきも苦労人なので、どんな状況でもくさらずに亜希子と対等なんです。

 

スポンサーリンク

 

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は…!?

この下山さんも、原作では、近所によく居る「抑えておかないと面倒くさいおばちゃん」です。ただ、亜希子自体が宇宙人なので、下山さんとの関係も絶妙なバランスをとりながら進んでいきます。

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

バイク便の青年は、原作とは職業が違います。しかも、かなり話が進んでから出てくるので驚きました。

原作では、元ヤンキーのパン屋さん。亜希子が後に社会復帰する時にパートをし始めたお店のオーナーなんです。ちょっとだけ恋愛感情が関わってくるので、良一と一緒にいるときに出てくるとは思いませんでした。

 

[clink url=”gibotomusume-cast”]

少しだけネタバレをすると、良一(竹野内豊)は実は病のために早く再婚をする必要がありました。自分が亡くなった後で娘のみゆきを育ててくれる人を探していたんです。

そして、岩木亜希子(綾瀬はるか)は、子供が欲しかった・・・。

そんな利害関係で繋がった夫婦、生きている間には意志を伝えるというだけで、それほど深くつながりはありませんでしたが、亜希子はみゆきを育てていくにつれ、態度や言動はあまり変わりませんが明らかに心の変化があります。

母と娘だけで過ごすことになるんですが、亜希子に芽生えた良一への愛情が、良一が亡くなってからもなお深まっていくんですよね。

ここからは私の解釈ですが、良一が残したみゆきを通して、亜希子と良一を結び付けたというかラストには、生きている時にはなかったような関係となる場面もあります。

そして、佐藤健さんが演じる麦田ですが、亜希子が良一亡き後に一旦会社を辞め、最後社会復帰をする足がかりにパン屋さんに面接に行った時に出会うことになる男性です。

ドラマでは第1話から出てくるので、どんな展開なのか気になるところですが、もし原作に忠実になるなら恋愛も出てくるはずだと思います。

 

[clink url=”gibotomusume-gensaku”]

 

まとめ

原作のストーリーって、最初軽快に進むのと、亜希子の行動の面白さでケラケラ笑えるのですが、原作を読んで進んでいるうちにいつの間にか、母と娘、そして父の愛情の深さや、お互いの信頼関係などに涙する不思議な漫画です。

原作では亜希子は、麦田にも告白されます。

麦田もまた宇宙人みたいな主婦の亜希子にテンポを狂わされますが、娘や仕事へのひたむきさみたいなものが見え隠れするうちにいつの間にか年上の亜希子が気になってしょうがなくなるんです。

原作では、良一と亜希子の純愛を軸に話しが進みますが、早い段階で麦田が出てくるので、もしかするとドラマオリジナルの話になる可能性も出てくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です