グッドドクター第2話あらすじとネタバレ感想!藤木直人の厳しい理由や過去!

韓国ドラマで反響のあった「グッドドクター」の日本版。

主人公のイメージをどこまで再現できるかがポイントでしたが、第1話では、なんとも無邪気な山﨑賢人さんの研修医が観れました。

グッドドクター第2話のあらすじネタバレ感想と、藤木直人が厳しく湊に接する理由も調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”gooddoctor-cast”]

 

グッド・ドクター第2話のあらすじと解説

新堂湊(山﨑賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。

そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。赤ん坊は低出生体重児で 腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。

しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。

湊は、第1話で紹介されたように、医科大学を主席で卒業していますが、自閉症スペクトラムという障害を先天的に持っています。そして、その中でもサヴァン症候群という、自分の興味のある分野には凄い記憶力を発揮する才能がありました。

しかし、この障害にはコミュニケーションが苦手という一面もあり、悲しみなどがあまり理解できないのです。

前回起こした「問題」というのが、腫瘍でずっと入院している男の子に対して、退院できるのかと聞かれたところ正直に再発していることを語ってしまったという問題です。

その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。

おそらく、第1話とおなじく、聞かれたことをそのまんま答えてしまったんでしょうね。

頭に思い浮かんでいても、それを言って良い内容かそうでないかを普通は判断しますが、その純粋さゆえに頭に浮かんだことをサラッと口にしてしまう。

唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。高い術中死がともなう手術はせずに温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。

もともと、高山は湊に対して手厳しいです。

それには、どうやら理由があるんですが、湊には特別厳しく当たり、朝、病院に来てなにもせずそのまま帰れ!
みたいにとにかくお荷物みたいな言い方をするのです。

子どもを助けたい一心の唯菜は夏美に手術をして欲しいと食い下がる。だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。すると唯菜の母、真紀(黒沢あすか)がやって来た。唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。

夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。

小さいころ、障害のある湊を唯一かばってくれた兄が、事故で亡くなりました。兄は、いつも弟の湊に「お前ならできる」と言って医者になることを勧めてくれたんですが、「兄が大人になれなかった」から、湊はすべての子供に大人になってほしいと願って小児科医になりたいと思っています。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”gooddoctor-arasuji”]

 

グッド・ドクター第2話のネタバレ感想

相変わらず、山﨑くんの演技は天使のようでかわいいのですが、やはり、一般病院で医師として働く上では難しいんじゃないかと思わせるシーンがありました。

湊は、前回のことで学習していないんですよね・・・。

ま・・・これを言ってしまうとこの後のドラマが成り立たないので、同じような行動をとるんですが、その場にいる医師たちが驚くようなことをするんです。

第1回では、腫瘍が再発した子供に正直に答えてしまうシーンがあり、お母さんと瀬戸にこっぴどく怒られてしまったのですが、今回も、子供を産んだ女子高生に、医院のガイドラインを無視して手術で治るって言っちゃうんです。

そのたびに、小児科の医師たちは頭を下げイライラも頂点。

今回も、司賀院長(柄本明)が責任を取る形で、未熟児の手術をすることになります。

湊の純粋な気持ちに他の医師たちも心に変化がおきて、子供を助けたい・・・という一心で頑張るのは美しい姿なんですが、院長や小児科の高山なんかは、このままなら首がいくつあっても足りないな・・・と余計な心配をしてしまいました。

グッドドクター第2話のネタバレ

第2話のスタートは、高山先生(藤木直人)が誰かのお墓参りをしているシーンから始まりました。

ある高校では、一人の女子学生が突然倒れ東郷記念病院に緊急搬送され、出産をしたのですが、生まれてきた子供は25週目で700グラムちょっと、腸のほとんどが壊死している状態でした。

小児外科では、赤ちゃんについての治療方針を相談しますが、小さい子供のために手術をせずそのまま様子を見るというガイドラインに沿った治療をすすめることとなります。

未熟児をそっと見ていた湊に、産んだ女子高校生の唯菜(山田杏奈)がやってきて、このまま死んじゃうの?と湊に聞くと正直に「はい」と答えたあと、助かる方法があると口にしました。

それは、高山が手術をすること。

母親となった唯奈は、子供を助けたい一心で瀬戸にそのことを言い、手術をしてほしいと懇願します。

慌てたのは小児外科の医師たち。

湊の勝手な行動に怒りを覚え、高山も声を荒げて怒ります。

湊の教育係の瀬戸も、病院のルールがあると叱りますが湊は「助けたい」ということを聞きません。暇があれば、赤ちゃんがいる部屋に行こうとします。

瀬戸は、唯菜が手術をしてほしいと言うと、未成年のために、親のサインが必要だと話しました。

しかし、唯菜と母親の間には確執が深く、同意書にサインはしないと言い帰っていきました。

唯菜の母親と父親は離婚をし、父が残した借金を母親が必死に働いて返していました。しかし、母親が足を悪くしてからは働けなくなり、性格が変わってしまった。

唯菜が高校に行きたいと言うと、自分で行けと言い放ったのです。

そこで、バイトをしてなんとか高校に通っていた時に、年上の彼氏ができて、やっと気持ちも落ち着いてきた。しかし、妊娠するとその男は去っていきました。

何度も産婦人科に行こうとしたが、どうしても行けずに出産することになった。

瀬戸はその話を聞くと、赤ちゃんの治療方針について小児外科のミーティングで語ります。もちろん、間口(戸次重幸)は大反対・・・。

そのころ、唯菜の母親が着替えを持って病院に来ていました。

唯菜は母親にサインしてほしいと言うも口論となり、結局話がつきません。

湊は、小児科にいる子供たちのおもちゃを横取りして、赤ちゃんの保育ケースにつりさげました。

ふと、湊が赤ちゃんのエコーを観ると、少し腸が動いているように見えます。

しかし、赤ちゃんは良い状態とはいえず、小腸が破裂していました。

瀬戸は、高山を呼び、母親に連絡を入れます。

湊は、理事長などが集まる会議室に高山を呼びに行き、事情を話し「赤ちゃんは生きたがっている!」と叫びました。

母親が病院に来たとき、瀬戸は赤ちゃんの様子を語り、自分の力で生きようとしている子供の命を救うためにサインをするように言います。

母親は、唯菜と話し合いサインをすることになりました。

手術は、子供の体力を考え病室で行われることに・・・。

高山は、湊を部屋から追い出すと、湊は小児外科の部屋に走り気になっていたデーターを再度見直しました。

また、手術をしている部屋に戻り「肝臓の下に何かある!」と言うと、高山はとっさの判断で湊が性格なオペ方法を語っていることに気づきます。

「新堂が正しい・・・」

そう言うと、湊が語った症例通りの手術をすることにしたのです。

手術は無事終わり赤ちゃんの命は救われました。

しかし、唯菜と母親の間では、サインをする上での条件がありました。

それは、子供を里子に出すこと・・・。母子家庭で、生活がぎりぎりの状態では子供を育てきれないという母親の判断でした。

瀬戸は、落ち込む唯菜を見て、いったん預かってくれていずれ自分が働くようになったら迎えに行けるという里子制度を調べ、個人的に唯菜に教えます。

この手術で、瀬戸は湊の才能を確認し、少し見直したのでした。

 

高山誠司(藤木直人)はなぜ湊に厳しいのか?

高山は、湊が病院に来てから必要以上に厳しい態度で接しています。第1話でも事故にあった子供の命を救ったのは湊がたまたまそばにいて、完璧な応急処置をしたから。

病院に運ばれ、緊急オペを高山が引き継いで、その応急処置のすごさに感心しているはずなのに、そんなことは一言も言わず湊には辛くあたります。

どうやら、高山の家族に関してるようで、第1話では男の人の写真を大事そうに見るというシーンがありました。

その写真に写っているのは、高山の弟・・・。

「障害」を持つ弟で、すでに事故で他界しています。

亡くなり方が、やはり高山にとってもトラウマとなっているのか、湊と弟がダブってしまい、受け入れがたいのではないかと推測します。

 

まとめ

第1話は視聴率2桁発進だったとのことでした。前回、モンテクリスト伯が最初5%とズッコケていましたので、かなり好調な滑り出しだと思います。

日本版のリメイクとして、山﨑賢人くんが主役だったのが勝因ではないかと思います。

彼のイメージ的に、透明感があるので、こういった役は応援したくなるような雰囲気なんですよね・・・。

この先がどうなるのか楽しみになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です