花のち晴れの景ウィンザー役は誰?第8話あらすじとネタバレ感想!

花のち晴れのドラマも毎回キュンキュンさせられる展開となってきました。神楽木(平野紫耀)の音(杉咲花)への気持ちがあまりにもまっすぐ過ぎて泣けてきます。

音も天馬くん(中川大志)の手前、あまり神楽木への感情を出さないようにしているのですが、前回にはとうとう神楽木に気持ちを告白され揺れ動いている様子もありましたね。

そして、原作の漫画では第3の男、景ウインザーという人が出てきます(原作第9巻)

花のち晴れの第8話のあらすじとネタバレ感想景ウインザー役には誰がキャスティングされるのか予想してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

花のち晴れの景ウインザーって誰?

景ウインザーは、原作の第9話で出てくる男です。

ドラマでも神楽木の父親が晴を小さい頃から家業を継ぐためにふさわしい男かどうか試すということをしてきました。

(ここからはネタバレですが・・・)

英徳学園とライバルの桃乃園学園は、姉妹校として活動することになりますが、そのことで父親を怒らせてしまったのです。つまり、ライバル学校をつぶすこともできない晴に対して烙印を押したんです。

サマースクールから帰ってきた神楽木は、屋敷に入れてもらえず、出迎えたのは執事の小林と神楽木家の跡取りとなる景ウインザーでした。

景・ウインザーは、アメリカ在住で、13歳でハーバード大学に飛び級をして在学中の秀才です。

落ち着いて見えますが実はまだ17歳。

会社のマーケティングのアドバイスもするという万能な男。

だた、生い立ちは暗く、7歳で母親と死に別れてNYで孤児だったので里親を転々としていました。景が這い上がるには学ぶしかなかったのです。

神楽木邸に来てから、晴を探しに音のバイト先に現れるんですが、なぜかその場所が気に入ったのかなにかにつけアドバイスしては、バイト先のコンビニ店長を喜ばせるという謎の行動をとります。

まだ、何者なのか何を考えているのかわかりませんが、なんとなく音が気になり始めているような感じにもとれます。

残念ながら、今漫画で出ている「花のち晴れ」では、ホントの彼の気持ちは描かれていません。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/hananochihare-ketsuamtsu”]

 

景・ウインザーは誰が演じる?

ドラマ花のち晴れは、だいたい、1話⇒1巻という感じで進んでいます。そう考えると、最終回近くに景ウインザーが現れる可能性もあります。


出典:花のち晴れ9巻「10巻発売日予告より」

景ウインザーの人となりを見ると・・・
・17歳
・秀才
・経済のアドバイスもできる
・小さい頃苦労をしているので大人びている

これらの条件を満たす俳優さんが起用されると思いますが、今回キンプリの平野紫耀くんが出演しているので、もしかするとジャニーズの抱き合わせでジャニーズの誰かが出演するのではないかと予想します。

一応、漫画を見た感じは、日系人の顔立ちなのでハーフっぽい人もアリなんですが、漫画で見る景ウインザーは黒髪でハーフっぽくないので、平野くんのグループの永瀬廉くんあたりが、落ち着いた雰囲気を持っているので起用されるのではないかと予想します。

 

[clink url=”https://doramemo.com/hananochihare-ketsumatsu”]

 

花のち晴れ第8話あらすじ

音(杉咲花)と晴(平野紫耀)は友達として向き合って行く事を決める。そして晴はメグリン(飯豊まりえ)を「彼女(仮)」とし、音と晴は、それぞれ素敵なカップルになろうと誓い合う。

もし、音と神楽木の周りになにも障害がなかったのなら、すぐにでもくっつくくらい引きあっているふたりですが、音には天馬くんが、そして神楽木にはメグリンがいます。

メグリンは、神楽木が音のことが好きだということを知った上で、それでも神楽木を追いかけているのでまだ救いはありますが、天馬くんの方は、音と幼馴染で婚約者、母親が亡くなった時に一緒にいると誓ってくれた女性が音なので、絶対に引けない恋。

音もそれを解っているので、何度も天馬くんに気持ちを修正しようとしますが、やっぱり一度芽生えてしまった恋心はそう簡単には消えないようです。

ある日、音と天馬(中川大志)の映画館デートに合流する事になった晴とメグリン。
そこで音と晴の仲の良さを見て、不安になってしまうメグリンだが、晴のために英徳学園を盛り上げようと自分の誕生パーティーを企画する。しかし、同じ日に馳&江戸川両家で食事会が開かれる事になってしまう…。

馳家の後妻、利恵(高岡早紀)さんが暗躍していますね・・・。

天馬くんにとっても利恵は、血のつながっていない母親になるので、もちろんあまりよい関係ではありません。そして、音に対してはかなりの塩対応。

天馬くんの気持ちも考えずに、結構厳しい意見を言っていますし、これから邪魔をするんだろうな・・・と思います。

その食事会は桃乃園への転入を延期した音が、果たして天馬の婚約者として相応しいのかどうか見極める場だった。
音はメグリンの招待を断り、食事会に向かおうとするが…。

天馬くんの亡くなったお母さんが、音のことを気に入り、一緒にさせようと考えていたのですが、やっぱり前妻のことなので疎ましく思うのか、利恵さんはメチャクチャ反対していますね。

それでなくても、音と神楽木の関係もどんどん近くなってきているのに、天馬くんはどんな結論をだすのでしょう。

 

■ドラマ博士のお得情報!


原作花のち晴れの漫画をお得に読む方法!

実は、私はこの原作の最新作をFODでタダで読みました!

フジテレビが運営している動画サイトのサービスなので、漫画村のようなサイトよりも安全に読むことができます。
1冊380ポイントで、無料期間にもらえるのは最大で1300ポイントなので、気になっている続きが読めます。

↓FODを、まずは無料でお試し↓
 

※無料期間内に解約すれば一切料金はかかりません

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。


無料で読む方法!
① 会員登録するとポイントが100ポイントもらう
② 8のつく日には400ポイントもらえるキャンペーンがあるのでそれを貯めれば1冊読めます(その他、購入時20%OFF!)

 

[clink url=”https://doramemo.com/hananochihare7-arasuji”]

 

花のち晴れ第8話のネタバレと感想

ドラマの天馬くんが、あまりにも爽やかで良い人だからか、第8話を見ると本当に可愛そうになってしまいました。

可愛そうなポイント
・映画館のWデートで音と神楽木がシンクロするところ
・その後かき氷を食べ神楽木と音がイチャイチャする
・馳家の食事会で、遅れた音の本当の気持ちを天馬くんのお父さんに説明

この時の天馬くんの敗北感に満ちた顔がなんとも言えませんでした。

天馬くんの優しすぎる性格や、音があまりにも好きなので、大事にしているから傷つけないようにとしているんでしょうね。その気持ちが音も嬉しいけど物足りないんじゃないかな。

ただ、音もはっきりしているようで、神楽木への(好きな)態度が隠せないしなんだかんだ言って一緒にいることを黙認しているんですよね。

天馬くんにしたら、音がそこでわがままでもいいから、きっぱり断ってほしいと思ってる気がします。

馳家の食事会

天馬くんのお父さんが音が果たして良い婚約者なのか食事会を開いて判断すると言いだしました。

食事会に行こうとする、音とお母さんでしたが、音は英徳学園でのメグリンの誕生日会で偶然、不審な男をTV中継で見つけお母さんを放ったらかして、戻ってしまうんです。

これだけ、お金持ちの子息がいる学校でなんで常駐する責任者とかガードマンとかいないんでしょうね・・・。

馳家には、利恵さんがなんかしてやろうって手ぐすねを引いているワケですよ。

馳家の食事会が終わろうとしている時にやっと音と神楽木が到着して、神楽木が天馬くんのお父さんに音の気持ちを伝えるんですが、お互い心を許していないとわからない部分を神楽木が言っちゃうもんだから、天馬くんはもう敗北感でいっぱいの顔をしていました。

「音は天馬くんにいつも釣り合わないと思っている」

神楽木の言葉で、天馬くんのお父さんも音との婚約を続行することになったのです。

ここまで、天馬くんはリードしているようで、結局神楽木と音との心のつながりがあまりにも深くて不安になってきているのがラストシーン、音を抱きしめた部分でよくわかります。

最初の頃の余裕のある表情ではなく、なにか切羽詰まっているような感じ。

音!はやく桃乃園学園に転入しろよ~って言いたくなる8話でした。

 

花のち晴れの感想と各話の話題

ロケ地
キャスト
原作(漫画)
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話(最終回)

花のち晴れ無料漫画

まとめ

原作の漫画で景ウインザーが出てきたところでまたガラリと違う新しい展開になります。つまり、37話までハラハラした前作の花より男子とおなじく、それくらいお話しが続いていく可能性も大きいです。

なので、ドラマではどの地点を持ってラストとするのかが気になるところ。

景・ウインザーの出てくる、サマースクールあたりでのラストもあるような気がします。

音と神楽木はくっつきそうでくっつかない・・・天馬くんの大けがの後、音と婚約解消くらいまでいくのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です