menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

覚悟はいいかそこの女子のあらすじ!原作漫画のネタバレ結末も!

 

ラブコメの王道ともいえる「覚悟はいいかそこの女子。」。2018年10月12日全国公開予定の「覚悟はいいかそこの女子。」劇場版に先駆け、テレビドラマも決定しました!

主役の斗和(とわ)には、「花のち晴れ」で王子様のような天馬くんを演じた中川大志くんがキャスティングされました。

ドラマ 覚悟はいいかそこの女子。のあらすじや原作の結末についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

「覚悟はいいかそこの女子」基本情報

放送開始日
MBS :2018年6月24日(日) 0:50〜
TBS :2018年6月26日(火) 1:28〜 他
※ドラマは全5話

原作: 漫画「覚悟はいいかそこの女子」全2巻
    集英社マーガレットコミック
作者 椎葉ナナ
代表作
「ときめいちゃってゴメンね?」「キミに恋していーですか。」
「王子ロマンチカ」「極上Rwins」等

主題歌:ナオト・インティライミ「ハイビスカス」
    発売日:7月10日(火)

 

キャスト

古谷斗和 :中川大志
麻倉小雨 :恒松祐里
新見 律 :健太郎
久瀬龍生 :若林時英
澤田惟智也:甲斐翔真
内藤冬馬 :杉野遥亮

※上記のドラマキャストに加え、映画では原作ヒロインが登場します。
三輪美苑 :唐田えりか 

覚悟はいいかそこの女子のあらすじ

学校で人気No.1のイケメン男子古谷斗和。そんな斗和は実は ”ヘタレ男子” だった!?
女性にモテていると自負していた斗和だったが、実は恋愛未経験。

クラスメートが”観賞用男子” と罵ったことで、斗和は初めての彼女を作ることに決める。

ターゲットに選んだのは、学校一人気の高い三輪美苑だった。
 
喧嘩もできず、虫も苦手、打たれ弱いといったヘタレな斗和は、美苑の心を動かせるのか!?

 

 

覚悟はいいかそこの女子の結末とネタバレ

原作漫画を元に、ネタバレと結末を予想してみたいと思います。

ドラマでは、肝心の三輪美苑が出ないオリジナルストーリーになるということです。原作は、斗和と美苑の恋愛が中心になるために、ドラマではおそらくその前段階のお話しが中心になるのではないかと思います。

ドラマ(予告編)⇒ 映画(本編)

原作漫画のネタバレ

彼女を作ろうと考え、美苑に告白した斗和だったが、あえなく撃沈。心から美苑を好きだったわけではない斗和の気持ちを美苑は見透かしていた。

初めての告白では、美苑に「安っぽい告白・・・」と言われ、フラれる前に逃走。

二度目は、「私のこと好き?」と聞かれ「・・・うん」と答えるも、彼女が欲しいだけなんじゃないかと美苑にはバレバレ。

「カッコ悪い男」とキッパリと言われて大打撃を受ける斗和。

いつも自分には険しい顔で接する美苑でしたが、国語教師の征木を見る時だけは顔を赤らめることに気づいた斗和
は、だんだん本気で美苑のことが気にかかりだす。

ある日、美苑が他校生に絡まれている場面に遭遇した斗和は、割って入り殴られてしまう。喧嘩もできない斗和であったが、美苑からは「今のはちょっと、かっこよかった」と言われ、斗和は一気にテンションがあがる。

「好きだ―」とまたもや告白するも返ってきた言葉は「は?」という冷たいセリフ。

斗和の放課後には美苑を見送る(見守る)という日課ができた。

帰りに美苑を誘い、無理やりついていった斗和。そこで美苑が抱える家庭の悩みに知ることとなる。

美苑は母子家庭で、古ぼけたアパートに住んでいた。ゴキブリやトカゲもうじゃうじゃいる場所に、斗和は近づけない。そんな斗和を見て美苑は、「かっこいいとチヤホヤ騒がれてる男って見た目だけだよね」と言い残してさってしまう。

斗和はその言葉を受け、完全防備で再度美苑の自宅へ。美苑はバイト中であったが、苦手な虫との格闘の末、家の前で倒れます。美苑が帰宅した際に、斗和を見つけ仕方なく家へ招くことに・・・。
 
そこに広がっていたのは、殺風景で物寂しい雰囲気の家だった。美苑の母は水商売でいつも朝帰りのため不在。晩御飯はバイト先の余ったパンのみ。そして父親であろう男性の遺影が飾られていた。

そんな生活をしている美苑に対し、「俺が毎日ここに着てやろうか」「そしたら独りぼっちじゃなくなる」と提案した斗和。美苑を1人にしたくないとの想いから出た言葉だったが、美苑は「勝手に決めるな!」と激怒し斗和は追い出される。

帰宅してからも、美苑のことが気になって仕方がない斗和は両親に相談し、思い切った行動にでる。

翌朝、美苑が目を覚まし、窓を開けるとそこには斗和がいた。

なんと美苑を一人にしないために隣の部屋に引っ越してきたのだった。
  
すると、突然ガラの悪い男たちが斗和の部屋を訪れます。それは、隣の美苑の家が借金をしていて返さないという話。いかにもヤバそうな話をして帰っていったが、その後、とうとう美苑のいる時に男たちがやってくることに。

ドアを叩いて声を荒げる男たちの声を聞きつけ斗和は、とっさにベランダから美苑の部屋をノックし美苑を脱出させることに成功。

そこから、一気に関係が縮まると思いきや、美苑は「ご飯だけ」関わるとガードの固さを見せつけます。

美苑が好きな国語教師は、征木という30前の男。

斗和は、征木にマンツーマンの補修を受けることになり、放課後は毎日一緒に過ごすようになりました。

どう見ても、魅力を感じないこの男になぜ美苑が惹かれるのかと思いながら、征木と話していると、どうやら征木は結婚をするらしい。
まだ、誰にも言わないでと口止めされ、斗和は複雑な気持ちになります。

美苑が悲しむから言えない・・・。

一緒にご飯を食べるときに、美苑にせがまれ、斗和は征木の話をするととたんに美苑の顔が赤くなり表情も明るくなります。

斗和は、思わず美苑を抱きしめ「頼むからそんな顔をすんな」と言ったところで意識を失います。

斗和が気が付くと、そこには添い寝している美苑の姿。

母親が斗和の不調を知り部屋を訪ね、実家に連れ帰られます。

いつもいるはずの斗和の部屋の電気が消えていることで美苑は落胆しますが、親の反対を押し切り斗和は美苑のいるアパートに戻ります。

少しだけ進展を見せたふたりの仲。

斗和が、美苑を見るとあからさまに意識するようになると、周りの仲間も気づき、協力してやると言い出しました。

その舞台は、学校行事の「宿泊学習」。律たちは、美苑の親しい女友達に声をかけ斗和とも同じ班になるように仕向けます。

夜の天体観測が決戦の場所。

いつも女性の視線の先にいる斗和は、夕食のバーベキューを焦がすと女生徒がとってきてくれるというモテモテぶり。しかし、斗和は女生徒がとってきた肉を、美苑にあげたあたりから雲行きが怪しくなってきます。

夜、周りの協力もあり、二人きりになった斗和と美苑。

斗和は、ここぞとばかりに告白しようとするも、道に迷ってしまいました。しかし、美苑が落ち着いていて、満点の星空の下二人で過ごすことに・・・。

告白すると意気込んでいた斗和でしたが、美苑といることでやっと自分らしくなれ、これまでの告白を取り消し美苑との関係を一から作り直していくと告白しました。

二人の仲のよさをやっかんだ、斗和の取り巻きの女の子たちが、美苑を呼び話をつけようとしていました。

今にも殴り掛かりそうになったときに、その手を止めたのは征木先生。

一足遅れてきた斗和は、取り巻きの女の子たちに、そういったことはもうやめたいとキッパリと告げます。それは、これからは美苑だけに好きになってもらいたいという意志表示でした。

斗和にとってドラマチックな出来事があったにも関わらす、二人の仲はそれほど進展しません。

そんな時、美苑が想いを寄せる国語の先生が学校を去ることを知る。

美苑が、そっとお父さんのお墓に行き「また一人になる・・・」と語りかけているのを斗和が見てしまい、思わず抱きしめてしまいました。

自分が美苑を助けてやれないが、征木にはけじめとして告白しておいた方が良いと後押しした斗和。

斗和は征木には、美苑が告白しても結婚のことだけは言わないでほしいと釘をさしました。

征木と最後に挨拶をする美苑を見つけ、斗和は、もう一度好きだと告白します。

すると、美苑から征木に対して出てきた言葉は、 「ご結婚おめでとうございます」という言葉・・・。

実は、すでに美苑は征木の結婚話を気づいていました。そして、征木に感じていたのは父親のような愛情だったことも。

美苑は全てが終わると斗和に告白をします。

「斗和のことが好きになった」

美苑がそう言うが、信じられない斗和・・・。すると、美苑が突然斗和にキスをし証明します。

まずは犬から・・・。真っ赤になりながら語る美苑にかけよる斗和がいました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

・ドラマは劇場版へと続くドラマオリジナルストーリー
・最後はハッピーエンド

原作のあらすじや結末は、劇場版の方で描かれるストーリーです。ドラマはオリジナルストーリーとなっているため、どのような内容になるのかは、まだ詳しく語られていません。

しかし、斗和の周りの男子生徒たちもとても協力的なことから、それぞれの関係性なども映画の前置きとして語られる可能性があると思います。

ヘタレ男子が一人の女性によって、立派に成長する姿を中川大志くんがどう演じるのか楽しみです!

 

 

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ