監獄のお姫さま第6話のネタバレと感想あらすじ!カヨの勇介ロスと復讐の誓い

女性刑務所初の子育てを経験したしのぶとカヨたち。目の中に入れても痛くないほどかわいがっていた勇介も、法律上育児できる1年半を終え、一番信頼できる、しのぶの母親に預けることになったものの、待ち構えていたのはまたもや吾郎の罠でした。

刑務所で泣き叫ぶしのぶやカヨたちにはなんの力もなく、出来事を把握することもできません。突然奪われた母性をもてあますカヨたちはどんな行動に出るのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま第6話の感想

この章はネタバレはありませんので安心してご覧ください。ネタバレは下の章にあります。

罪を犯しているので、カヨや仲間たちがどんどん家庭の崩壊や居場所がなくなっていくのですが、一番解せないのが、前回出てきたしのぶの母親。今回は、吾郎に言いくるめられている部分が出てくるんですが、実の娘と元恋人だたとはいえ家業を乗っ取られた男との食い違う話で男の方になびくのが不自然だなと感じました。

ただ、心ここにあらずという雰囲気だったのでお母さんは精神の病かもしくは、なにか他に深い事情があるのかもしれません。

カヨの刑務所の仲間たちも勇介を失っただけでなく出所したとしてもどこにも行くところがなくなってしまったのと、みんなで守ってきたしのぶへの想いもあり、怒りが吾郎に向かっていきます。

ドラマなので吾郎もデフォルメされているのでしょうが、本当に勝手で欲しい物はどんな手を使ってでも他人から奪うという男。子供を横取りしたのもある事情ゆえなのですが、カヨたちの手ぬるい復讐ではなくガツンと天罰が下ってほしいところです。

監獄のお姫さま第6話のあらすじ

しのぶ(夏帆)の母親である民代(筒井真理子)。久しぶりのしのぶとの再会後、子供を預かることになり女子刑務所に勇介を車で迎えにきた。しのぶは母親だから安心して勇介を見送るが、なんとその車からは憎き吾郎(伊勢谷友介)。

吾郎は勇介を抱きかかえ連れ去った。

勇介がいなくなって力が抜けたカヨ(小泉今日子)と仲間たちだったが、子供を失ったしのぶをみんなで心配する。しかも、千夏が差し入れを受けた週刊誌の中に、吾郎と晴海(乙葉)が極秘に結婚をし、子供もいて1歳半になるという記事があった。

ちょうどそのころ、釈放となった悠里(猫背椿)が刑務所に舞い戻ってきた。

2017年、社長室では吾郎が連れ去られた後、連絡が取れない若井(満島ひかり)が怪しいとふんでいた。若井は晴海から連絡を受けると自分も社長と一緒にカヨ達にとらわれていると説明をした。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま第6話の期待度

30代 女性
板橋吾郎はなんて悪いやつなんでしょう!しかも、しのぶの実の母親はこんな形で裏切った理由が知りたい。予告によるとしのぶは刑務所でかなり精神不安定になるようですが、子供をもつ母親なら一番嫌な人間に子供を連れていかれてしかも、違う女が母親とすり替わっているのは本当に悔しいことだと思います。

20代 女性
1年半、刑務所という不自由な空間で必死で育ててきた勇介を取り上げられみんな母性の行き場所がなくなってしまったのは本当にかわいそう。しかもほぼ横取りのような形で男の元にいってしまった。こんな輩には思いっきり天罰がくだって欲しい

50代 女性
若井演じる満島ひかりの突然のキレ具合がいつも面白くて笑っちゃいます。朝ドラでの役のイメージがついていたから女優ってやっぱりすごいなと感じます。ただ、お話しの展開が今の話と過去の刑務所時代の話が交互に出てくるのは見づらいかな・・・。

30代 男性
夏帆ちゃん目当てでみてます。すっぴんの化粧なんだろうけど透明感があって薄幸な感じがすごくいい!

監獄のお姫さま第6話のネタバレ

1歳半になった勇介を迎えに来たのはしのぶの母親だったが、突然吾郎も現れて勇介は吾郎の手に落ちてしまいます。刑務所の仲間たち全員が見ている中、しのぶは泣き崩れます。

2017年、江戸ミルクの社長室では晴海と勇介と警察とで吾郎の行方を探っていました。そこで秘書がいないことが不思議に思った警察が晴海に連絡するように指示

一方、倉庫では吾郎に尋問をしていました。2011年11月にしのぶの逮捕2012年春には今の嫁の晴海との恋愛が発覚している事実をカヨたちは非難します。晴海はしのぶが裁判中に江戸ミルクのCMに出演したのがきっかけ。そこに晴海から若井へ電話が入る

2012年、勇介を失ったカヨたちは勇介ロスでなにも手につかない状態でした。落ち込むしのぶを励まそうとしますが、しのぶは元に戻りません。そんな時差し入れで週刊誌が届けられるとそこには、晴海が勇介を連れてスクープされている姿がありました。
しのぶもそれを目にしてしまいショックを受けます。

倉庫では、若井の一人芝居が行われていました。社長と共に何者かにとらわれ暴行されているという演技。そして、ボロボロになった姿で社長室に再び戻ります。

吾郎は、晴海には子供を産んで江戸ミルクを継ぐ人間にしたかったと告白。しかし、病院で調べてみると吾郎自身が子供ができない体でした。それを知っても晴海は涙ながらに子供ができなくても吾郎についていくと告白。

そこで、吾郎はしのぶの母を呼び出し、しのぶは罪を犯したのにまだ目を覚ましていない、だから自分たちが目を覚まさせてあげよう。面会に行くときに信じるフリをして息子を引き取るように指示します。

吾郎の言い分は、息子を犯罪者の子供にしたくないと声を荒げると、カヨはこういいます。
「確かに、犯罪者の息子よね!」

カヨに長谷川と息子の公太郎の面談に訪れました。公太郎の言葉から夫の再婚を知ることになったカヨ。そのころ、また裕里が同じ罪を犯し刑務所に帰ってきていました。

薬の売人の「おばけ」と一緒につかまったのですが、その女は明美の組の若い衆の女だった。組は薬に手をだしたら破門のはずなのにどうしてと聞くと、組は解散し、明美の離婚した夫はまた若い女性と結婚をして新しい組を立ち上げていました。

そして、千夏の方もツイッターで呟いたことがフォロワーから逆にツッコまれ炎上しアカウント削除、しかも女優洋子の恋神散歩は吾郎の金持ち散歩に代わっていました。

刑務所では母の日を祝い慰問が行われていました。前川清とカヨがデュエットしたあとに出てきたのは、幼稚園の子供たちの合唱。それを聞いたカヨたちは涙します。

部屋に戻った仲間たちの前で、カヨは吾郎に「復讐」をすることを宣言。行く場のなくなった女性囚人たちは、がぜん元気になりヨーグルトで乾杯します。

2017年、江戸ミルク社長室。刑事は若井が元看守だったということと、若井が晴海に予約をとった美容院の店長が悠里だったことに疑問を投げかけました。

まとめ

・勇介ロスに悩まされるカヨたち
・吾郎は、しのぶに罪をふっかけたあと晴海とであい恋愛をしていました
・しかし、いざ結婚となったとき調べてみると吾郎側に子供ができないことが発覚
・しのぶと自分の子供を奪おうとしのぶの母に接触し成功
・女性刑務所でカヨたちは罪の結果居場所をなくしていた
・慰問が行われ子供たちの歌を聞いて涙するカヨ達
・カヨ達は吾郎に復讐を誓う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です