【けもなれ】獣になれない私たち第6話ネタバレあらすじ!橘呉羽の夫カイジって何者?

自分に素直になれない男女の葛藤を描く「獣になれない私たち」。深海晶(新垣結衣)もすでに限界・・・、京谷(田中圭)も朱里(黒木華)を家に置いて出ていき、そしてドラマの中ではひとり「獣」部分を受け持つ橘呉羽(菊池凛子)の結婚もどうも雲行きが怪しくなってきました。

獣になれない私たち(けもなれ)の第6話ネタバレとあらすじ、そして呉羽の夫カイジの正体もお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

獣になれない私たち(けもなれ)第6話のあらすじ

 

晶(新垣結衣)と恒星(松田龍平)の路上でのキスを目撃した呉羽(菊地凛子)と三郎(一ノ瀬ワタル)。そのまま4人で5tapで飲むことに。呉羽は2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌。今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係のパーティーに行こう!と誘うも、恒星は晶と約束があるからいかないと冷たく断る。

しかしカイジのことが気になっている恒星は、後日パーティーの様子を三郎から聞き出そうとするも肝心のことがよくわからない。そんな中、恒星は呉羽とカイジの結婚についての「不穏な噂」を聞いてしまう

一方、朱里(黒木華)が居座り続けるマンションから遂に出てきたことを晶に告げられないままの京谷(田中圭)。

朱里は部屋に残された京谷の荷物の中から、晶からきていた年賀状を見つける。住所をみた朱里は晶の家に向かうも、ふらっと5tapに立ち寄る。そこではちょうど恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が話し込んでおり、なぜか朱里も一緒に話の輪に入って飲み始め・・・

出典:日本テレビ「獣になれない私たち」

前回の第5話では、とうとう京谷が朱里に家を譲ると言い、家を出ることになりました。

ま・・・晶と付き合って4年も経っていますしね・・・(;´・ω・)

晶と恒星の噂を聞いてやっと重い腰を上げたイメージがありますので、少し離れてしまった晶の気持ちが帰ってくるのかが気になるところです。

 

呉羽の夫の橘カイジは何者?

実は、橘カイジの正体でひとつだけ確実なのは、ゲームを手掛けている人(SE)だということ。第5話のラスト、京谷が出ていく際に朱里がラスボスをやっつけた後に、京谷の後を追うシーンがありました。残されたテレビ画像に「kaiji tachibana」という名前がありました。

これまで、呉羽が本当に結婚したのかどうか周りで疑問視をしていたのですが、実在の人物であったことは間違いありません。ただし、呉羽と本当に結婚しているのかどうかは甚だ疑問。

ほとんど付き合ってない関係で結婚したというのも不自然だし、呉羽は結婚後に恒星の体を求めたり、京谷を襲ったりとやりたい放題なところもありました。

煮え切らない恒星に嘘をついて仕返しをしたかもしれませんし、一説には佐久間(近藤公園)じゃないかという噂も流れていますが、佐久間はツクモクリエイトの社員でそれほど目立っていない人・・・、この四角関係~五角関係?に参戦してくるのでしょうか。

社長九十九に呆れている部分や松任谷が予感としてツクモクリエイトを辞めるんではないかという予感のフラグは立っていますので、ありえないことはありません。

 

獣になれない私たち(けもなれ)第6話のネタバレ

偽装の恋人

5tapの前で京谷が見えたので、思わず恒星にキスをした晶。京谷はそれを見てその場を去り、別な方向から呉羽(菊池凛子)と三郎(一之瀬ワタル)がやってきます。

驚く三郎に大笑いをする呉羽。

5tapに入り飲み始める4人、呉羽はこの後、夫のカイジがちょっとした発表がありパーティをするので一緒に来ないかと言う。恒星は、晶と約束があると嘘をつき断り、三郎と呉羽が一緒に行くことになりました。

晶は嘘をついたことに引っかかりますが、笑いだし、実は恒星は呉羽のことがすごく好きなんだと言います。そして、いきなりキスをしたことを謝り、ちょうど京谷が見ていたんだと説明しました。

「京谷に会うのが怖くて、恒星さんを都合よく使ってしまいました」
「サイテー」

「京谷とはどうするの?」
「どうしたら良いんでしょうね・・・」
「上場手伝うの?」
「どうしましょうね・・・」

お互い自分のことになると悩んでしまうふたり。

 

橘カイジと呉羽の不穏な噂

三郎が根元会計事務所に出前に来たところを呼び止め恒星はパーティの様子を聞きました。三郎の話はあまり要領を得ません。恒星は単刀直入にカイジの話を聞くとすごく良い人とだけの印象を伝えますが、もうひとつ気になる話をしたのです。

カイジと呉羽は偽装結婚だという噂話。

一方「終わった・・・」と京谷が出て行ってからつぶやいた朱里でしたが、ふと思いつき、京谷の部屋にある年賀状を探し、晶の家の住所を見つけます。

 

佐久間の態度

晶は、SEの佐久間に都特産の新しい仕事を頼みに行きますが、佐久間はもし長い期間必要なら自分ではない方が良いと言います。以前、佐久間がこの仕事は複雑だから自分がやるって言っていたとツッコむと佐久間が慌てだします。

そんな時、事務所内に監視カメラをつけると業者がやってきました。社長が独断で決めたことに佐久間は忠告しますがいつものように「防犯」だと言い全く相手にしませんでした。

松任谷(伊藤沙莉)は、少し前に佐久間に話した内容を社長に知られたから防犯カメラをつけ社員を監視したのだといいます。

「佐久間さんが転職先を探してる・・・って」と焦って口走り周りの社員の耳にも、そして監視カメラにもわかってしまったのです。

 

樫村地所との仕事

樫村地所の社員がECサイトの立ち上げのためにツクモクリエイトにやってきました。樫村地所の橋爪とツクモは大学の先輩後輩、九十九社長は上機嫌で話をします。

そこで、仕事を進める上で懇親会を開くことになりました。

 

呉羽の偽装結婚

恒星は、呉羽のブティックに行き、従業員の女性にこっそり呉羽の偽装結婚の噂を確かめに行きます。顧問として、そういう噂は早く確認しないといけないと適当な嘘をつき女性に確認します。

すると、どうも秋冬もののポスターが絡んでいるんだと言ったのです。

 

朱里行動する

朱里は、晶の部屋を探しだします。その帰り道に、5tapがあり、以前京谷が話していたことから入ってみると、恒星がやってきていました。

カウンターの端に座った朱里は、恒星とタクラマカン斎藤(松尾貴史)が橘カイジのことを話していることを知り、話にぐいぐい入ってきます。いつの間にか中心になって熱く語っていました。

しかし、店に入ってきた晶を見て慌ててトイレに逃げ込みます。

晶は、朱里に直接会ったことを二人に話します。そして恒星も呉羽の話をすると、晶は以前本人から聞いた、自分が着てポスターを撮ったら事務所に文句言われて自分でやることにしたということを話します。

何も聞かされていなかった恒星・・・裁判を避けるために呉羽はカイジと結婚したのではないか・・・と仮説を立て呉羽が言う「鐘」は実は「金」の音が鳴ったのではないかと言い出したのです。

呉羽と恒星の関係は?と言うと、恒星は、都合のいい名前のない関係だと思っていたんだけど・・・。

ふたりが話し込んでいると、マスターがソワソワし始めます。トイレに入ったまま出てこない女性を心配してのこと。

晶は、トイレに行きノックしてみると朱里は眠り込んでいたところハタと起き、慌てて顔を隠して出てきたあと、お金も払わずにその場を逃げ出してしまいました。

 

呉羽の病気

呉羽は病院で医師と話しています。3カ月前、子宮筋腫で全摘手術を受けた呉羽は経過観察で病院を訪れていたのです。

「普通にできた」とほっとした顔をする呉羽・・・。

そのころ、恒星は呉羽とカイジの結婚の経緯を調べていました。先輩の会計士に話を聞くと、呉羽は事務所から訴えられ1000万もの請求を受けていて、カイジと結婚をした直後に取り下げされていたという事実がわかったのです。

肖像権の侵害・・・ふつうは300万円程度が相場だが、あまりにも大きな額に驚きます。

恒星は事務所に帰ると、カイジ側から持ち込まれたゴミ箱のお金を手にとりました。

 

樫村地所とツクモクリエイト

樫村地所とツクモクリエイトの懇親会が開かれました。その場で、晶と京谷が付き合っていることを話し松任谷と上野は初めて知ります。

松任谷が竹井は彼女がいるのか?と尋ねると、竹井は、デベロッパ-にはそうやって近づく女がいると上から目線で返します。いちいち、失礼な話をする竹井。

松任谷が彼氏はいると待ち受けの写真を見せると鼻で笑います。

竹井は、京谷が過去に、待ち受けを付き合っている人の写真にするのは気持ち悪い・・・って言ってましたよね?と切り返す。

京谷がフォローすると、先日、人前でキスをするカップルの気持ちだけはわからないと言ってたじゃないかと言ってしまいました。固まる晶・・・。

変な空気の中、九十九社長と橋爪部長がやってきます。

いつものように九十九は怒鳴り散らしますが、それを見た大学の先輩の橋爪が九十九に喝!、さらに九十九のヒゲも剃ってやったと自慢気に話しました。

 

京谷と晶のいさかい

懇親会の会場の外、京谷と晶が話をしていました。

「人目に付くところでキスをする最悪な女って私のこと?」恒星とのキスの現場に京谷がいたことを話すと、京谷はヒドイと怒りだします。

あんな男最低・・・と言う京谷に晶は、どっちもどっちと言い、元カノを追い出せない男と言ったのです。

「今の晶かわいくない!」

メンバーが出てきたところで晶は挨拶をしひとり帰っていきました。

 

呉羽の告白

恒星は呉羽のお店に閉店間際に行くと、たまたま出てきた店員が試作の服を着ていってほしいと誘い込みました。直後に店に現れた晶、直後に帰ってきた呉羽と会い涙ながらに訴えます。

元はといえば呉羽が京谷とそうなったことが原因!そのおかげで自分も嫌なことをしてしまった・・・混乱している晶を呉羽は抱きしめました。

「抱きしめたくなったから抱きしめてる」

どうして結婚したのかと聞くと、店に入って行きます。

すると、呉羽は自分が病気になったことで、自分にどうしても手に入らないものができたことを恒星に離せなかったんだと。

もし、恒星に言ったらこういうだろう・・・

「子供が作れなかったらなんなの?」私にとってはたいしたことなのに。

自分にとって大事なことを話せないってなんか・・・悲しいじゃん。カイジには話せたんだ・・・と。

恒星はそっと試着室からその話を聞いていました。

 

恒星と晶はふたりで帰りますが、恒星は珍しく感情的になっていました。

「呉羽は呉羽だし・・・」怒りが収まらない恒星に、晶は上場の仕事を受けて会ってみればと提案します。会ってどうするんだと聞くと、会ってイマイチの男だったら獣のように奪えばいい・・・。

 

朱里の怒り

5tapの前では、朱里がそっと店に電話をして以前飲み逃げした代金を支払いたいと謝っていました。しかしマスターは、晶が知り合いだからとお金を払い謝っていったことを話します。

その言葉を聞いて、朱里は電話を一方的に切ります。

「そういうところがムカつく!」

朱里は、晶の部屋の前にいくと、京谷の母から送ってきた小荷物を勝手に受け取り持ち帰りました。

 

獣になれない私たち(けもなれ)第6話の感想

せっかく、朱里が人前に出て少しだけ良い人っぽい雰囲気になったのに、結局もとに戻る・・・っていうか、人の物を勝手に盗むというもう救えないことをしたラスト。

ま・・・そういう風にさせたのは晶の差し出がましい態度が原因。

5tapで話し込んでしまい晶が突然来たので顔を隠して料金を払わずに逃げた朱里でしたが、どうも晶が気づいたようでそのお金を払ったことで朱里が怒っちゃったんですね。

朱里のその後の変な行動は理解できないけど、この晶の行動はアカン!

優越感を感じやがって・・・って思う朱里の気持ちの方がわかるな・・・。たかがビール1杯だから5tapでも困る金額でもないし商売やってる以上全くない話でもない。

そこを割って入って「自分の知り合い」だから「ごめんなさい」と恋敵にそっと言われてたと思うと悔しい気持ちになるな~と。

晶 ⇒ 友達想いの良い子
朱里 ⇒ 無銭飲食で逃げた悪い子

周りにいる人にはこう映るので、腹が立つ―!ってなっても仕方ないと思う。が・・・、朱里はちょっとやりすぎなんですよね。京谷の年賀状から勝手に晶の住所を探して、部屋の前に行き京谷の母から送ってきた荷物を勝手に受け取り持って帰っちゃった。

これ・・・犯罪やろ~!ここまでやるのかと不快になってしまった。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

第5話で京谷がやっと朱里を捨て家を出ましたね・・・。恒星と晶の関係を見せられてやっと重い腰を上げた形・・・。晶は、京谷がメッセージを送ってきたので、5tapの前で悩みに悩んでいたところ恒星がやってきて遅れて京谷がやってきた。

晶は、自分の気持ちがまだはっきりしていないので、思わず恒星にお願いし二人のキスを京谷に見せつけてその場しのぎをしたのです。

この行動が吉とでるのか凶と出るのか・・・。

ただ、京谷が優しいのは認めますが、やっぱり朱里にはトドメを刺すくらいのキツイ言葉を言わないとまたどんな行動を起こすかわからないと思っていたらまた第6話では晶の家に向かってしまうという(;´・ω・)

朱里は、幸せな生活というより京谷に未練が残っているんでしょう。

また、朱里の気持ちも含めこじらせ人間たちがどう結末を迎えるのか・・・心配になってきました。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です