ケンカツ(ドラマ)第1話あらすじとネタバレ感想!吉岡里帆の仕事やマスコットも調査!

安定した仕事を求め、公務員になったはいいものの、ふたを開ければ「生活課」という生活保護を受けている人たちのいる部署に配属になった義経えみる(吉岡里帆)。

生活保護を受けるに至った理由は、人それぞれ・・・。

受給者の管理や、自立を促す部署に配属されたえみるが担当するのは110件もの生活受給者だった。

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の第1話のあらすじネタバレ感想と吉岡里帆さんの仕事やマスコットのどじょうの名前も調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”kenkatsu-soukanzu”]

 

健康で文化的な最低限度の生活(ケンカツ)の第1話のあらすじ

かつて映画監督を目指したが挫折し、安定・平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡里帆)。これでこの先の人生も安泰だとホッとしたのも束の間、栗橋千奈(川栄李奈)や七条竜一(山田裕貴)ら4人の同期とともに配属されたのは、生活保護受給者を支援する、激務必至の生活課だった…。

早速、えみるも先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から担当を任されるが、その数なんと110世帯!福祉の知識もなければ人生経験も足りないえみるは、受給者たちの様々な人生模様に触れ、大きな不安と戸惑いの中で、ケースワーカーとしてのキャリアをスタートする。

公務員ってやっぱり安定職ということで期待してしまいがちですが、まさかいきなり生活保護の現場に配属って重いですね。お金がらみの仕事ってやっぱり、もめ事が多いし、生活保護を受けている人と寄り添う現場は新人には厳しい現場でもあります。

生活を見ると、情に流されそうになりますし、京極係長のように法律と照らし合わせて厳しい要求なんかあったらつぶれてしまいそうになります。

そんなある日、役所にかかってきた一本の電話が、えみるの運命を大きく左右することになる。
えみるの担当受給者である電話の主は、突然「これから死にます」とだけ告げ、電話を切ってしまう。大慌てのえみるにたいして、前任者や親族は、いつものことだからとまともに取り合おうとしない。

しかしこれが、新人のえみるにとってはあまりにショックな事件へと発展してしまう。配属早々、厳しい現実を突きつけられたえみるは、自分なりに受給者たちの人生に寄り添っていかなければならないと決意する。

若干、ネタバレとなりますが・・・

狼少年と言われた平川さん。いつもいつも「しにます」と周りに言うので「ああ・・・またか・・・」と今回も誰もが心配しない。

この人は、確かにこうやって問題行動を起こすのですが、えみるが生活を見るとちゃんとして必死に生きていたことを知ります。
周りの人などは、えみるを気遣って「1件案件が減る」なんていうんですが、生活現場を見て思わず胸が詰まるんです。

しばらくして、えみるは求職活動中の受給者・阿久沢正男(遠藤憲一)と面談をすることに。阿久沢は、健康上の問題はないのになぜか咳が止まらず、聞けば、一日一食しか食べていないという。

えみるから報告を受けた、えみるの上司の京極大輝(田中圭)は、阿久沢のお金の使い道に何か秘密があるのではとにらみ、「すぐに家庭訪問。徹底調査!」と指示を出す。意を決して阿久沢の家を訪ね、調査のために冷蔵庫の中を見せてもらったえみるは、そこであるものを見つけて……!?

ここで、生活保護受給者として、情けないエンケンさんが登場します。
いつも強面で、どちらかというと借金とりっぽい位置にいますが、今回の情けない演技ってどうなるんだろうとちょっと楽しみです。

阿久沢は、昔作った借金でずっと苦しめられていて、食事もままならない状態。

えみるは、弁護士に相談した方がよいと言うんですが、阿久沢はなぜか拒否をしつづけるんです。彼なりの良心に聞こえなくもないが、深い理由がある様子・・・。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”kenkoudebunkateki-cast”]

 

健康で文化的な最低限度の生活の第1話のネタバレ感想

原作を読んでからドラマを見ると、とても忠実に作ってあるなというのが感想です。実写化というと漫画とどこか違和感が出てきたりしますが、どちらかというと、漫画で読むよりもドラマの方が現実的で説得力がありました。

ちょっと、自分の新人のころのことを思い出してしまったのですが、主人公の義経えみるは本当によく頑張ってるし担当が多いからと言って決してくさらないんですよね。

すごく仕事に前向きな女の子で好感が持てました。

ストーリーは、小さいころから映画が好きで、映画製作の現場に行きたいと思っていた義経えみるは、たいした才能もなく安定志向の公務員になった。東京都東区役所の生活課に配属になり、生活保護を受ける人の世話をすることに。

現場に行くと、110件の担当を任せられ、先輩の半田に教わりながらひとつひとつ経験をしていきました。

ある日、担当の平川という男性から電話があり、自殺のような電話があるとえみるは京極係長にも指導をもらい、親戚に連絡を入れます。しかし、親戚はいつものことだからと取り合いません。

その日、半田と家庭訪問をしたあと、ずっと平川と電話をして話を聞いていましたが、結局なんの確証も得ないまま、電話が切られてしまいました。

翌日、えみるのもとに平川が亡くなったことを告げられ、落ち込むことに。

職場の人は、たまにあることだから、ひとり分減ったと思えばいいと慰めてくれます。

半田に連れられ、平川の家に入ると、そこには亡くなった妻との思い出の写真や、大好きな登山の写真などが飾られていました。

きちんとした部屋からは、平川のちゃんとした性格が見えるよう・・・。

えみるは、このことがきっかけでちゃんと仕事を向き合わなければと決心したのです。

その後、阿久沢という男と面談をすると、ずっと咳をしていました。仕事も決まらず困っているとは言うもののどこかやる気のない様子。

よくよく聞くと、1日1食しか食べていないと言う。えみるは京極や半田に相談すると、なにかギャンブル的なものに費やしているのではと言い、家庭内を徹底的に調査するように指示されます。

阿久沢の家に行くと、映画のビデオがありました。

そして、えみるが冷蔵庫を見るとなにも入っておらず、しかも冷蔵庫には「催告状」が貼ってありました。阿久沢は慌ててその紙を食べてしまいます。

えみるが問いただすと、借金があり生活保護の中から5万円ずつ毎月返しているとのこと。

長年の借金なので、「法テラス」に相談して借金の相談をしてほしいというと、阿久沢はあまり乗り気ではありません。それでも、一番良い方法だからとえみるは、背中を押します。

そんな中、ある映画館の前で阿久沢が不審人物として捕まってしまったとえみるに連絡が入ります。

迎えにいったえみるが阿久沢に理由を聞くと「似てる人がいて・・・」と一言。帰ろうとするとえみるは強引に法テラスに行くことを進めるために役所に呼び出しました。

約束の時間に来ないので、えみるは阿久沢に連絡を入れると、役所の前には行ったものの引き返したという。

公園でいる阿久沢にえみるは約束を破ったと怒りますが、もういい加減にしてほしいと阿久沢は言います。

すると、半田がやってきて、世間話を始めました。問題をダイレクトに伝えようとするえみるを制しながら半田は阿久沢の話を聞いていきます。

阿久沢は、かつて印刷業をしていたこと、設備投資で借金を抱えたこと、妻と子供と離れてしまってその娘が20歳を超えているだろうという話をしていきました。

えみるは、半田に教えられ再度、阿久沢の資料を読みます。

すると、えみるは阿久沢が立っていたという映画館に行くと、やはりまた阿久沢がいました。

映画館の前で、15年会っていない娘に似た人がいた・・・。

えみるはその気持ちに気づき、きっとまたやり直したい気持ちが残っていると阿久沢を説得します。

後日、「法テラス」に二人で行くと、やはり払い過ぎが見つかり、元のお金と150万円が戻ってくることになりました。

阿久沢は、法テラスの帰り道、ずっと借金のことばかり考えていたと涙ながらに言い、えみるに深く頭を下げたのです。

 

健康で文化的な最低限度の生活の生活課のマスコット

舞台は、区役所の生活課です。

今、ゆるキャラブームだからか、ドラマでもえみるの働く東京都東区役所「生活課」のマスコットがいます。

それが、どじょうがモデルの「どーじょくん」

チャームポイントは足とひれにも見える手があるところ。

作者は、イラストレーターの大塚いちおさんとグラフックデザイナーの河村杏奈さんが作ったデザインです。

 

原作漫画のマスコットとの違い

原作でもマスコットはいますが、あまりかわいくありません。

出典:健康で文化的な最低限度の生活 第6巻もくじより

 

「しだれやなぎ」のしーだくんという、子供が見たら泣き出しそうな不気味なキャラクターでした。(笑)

 

[clink url=”kenkoudebunkateki-gensaku”]

 

[clink url=”tanakakei-dorama”]

 

まとめ

最初えみるは、自分に与えられた生活保護の仕事に対して戸惑いが隠せなく、受給者につらく当たられたり、それぞれが抱える残酷な現実も目の当たりにしながらゆっくり成長していきます。

人気漫画のドラマ化なので、かなり面白くなることは間違いないでしょう。

なかなか、ドラマでも題材にされることは少ない現場ですが、えみるやその仲間たちはどんな活躍をするのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です