きみが心に棲みついた最終回は吉崎エンドが結末?第9話の感想とネタバレ!

ドラマの最初にはイライラさせられていた今日子(吉岡里帆)でしたが、星名(向井理)の束縛から逃れるにつれて本来の可愛さがでてきましたね。

仕事も順調になり吉崎(桐谷健太)とも付き合い始めて幸せオーラが満載です。

しかし、ふとしたことから吉崎から別れを切り出されます。

きみが心に棲みついたの第9話の感想とネタバレ、そして最終回は吉崎エンドになるのかなど考察してみました。

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた第9話の感想

9話の最後に、吉崎が今日子に別れを告げるんですが、今日子の想いは恋ではなく「依存」だって言うんですよね。

「今日子はたぶん俺のこと好きなんかじゃない」
理由は今日子の心にはずっと星名さんがいるから。

星名のパワハラについて今日子が会議の時に庇ったことが決定打となって吉崎は別れを切り出しました・・・。

あの会議のやりとりで、飯田にあれだけショッキングな暴露をされたら、ひょっとすると私も同じ立場だったら言わないかもしれない。

ふとなぜ吉崎がこのタイミングで別れを切り出したのかを考えてみると、このドラマの中で、正義感の塊のような吉崎の性格ではもうキャパオーバーになったのではないかと思います。

短い時間の中で、大学時代の今日子がストリップしている姿を見せられ、バーに乗り込み大喧嘩して今日子を救ったあと、また変なUSBが届いて今日子が星名のマンションに入っていくところを見せられ・・・。

今日子と星名の2人関係だけではなく、大きく見渡すと今日子の周りの敵の多さを考えてもちょっと疲れますよね~(;^ω^)

吉崎が、バーで牧村とケンカをしてでも誓約書をとりつけ、今後、星名にはなにもさせないとしたのに、それでも最後の1日を今日子はあっさりとついていってしまう。

そりゃ吉崎の言うように、今日子の心の奥底では星名がそばから離れていくのを恐れていると言われても返す言葉はないですよね。

吉崎がこれだけ自分のために闘ったんだから、星名の最後の1日を断ることもできたはずだし会ってしまうのは何らかの心の問題があったはず。

それを考えたらやはり、今日子が別れを切り出されても仕方ないと思います。

そしてですよ!

ひとこと言いたい女がいます。

飯田彩香(石橋杏奈)は最初からムカつくと記事には書いていたのですが、ホントーにヤな女でした。

 

[clink url=”https://doramemo.com/kimigakokoroni3-taniyama”]

 

 

もちろん、手ひどく振った星名が悪い!

しかし、彼女のプライドなのか知らないけれど、星名の母や、バーテンダーの牧村にまで何度も星名への未練を語り、最後には星名をだましてヒドイ言葉の声を録音してセクハラの証拠として出したんですが、それを出したらケロッとしていたのが印象的でした。

星名にひどい目にあわされた一之瀬という男性社員が、誘導してここまでやったのはわかるんですが、結局、この飯田という女性は自分のことが一番好きなんだろうな~と思いましたね。

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた最終回は吉崎エンドになるのか?

ストーリーからいくと、できれば今日子の気持ちが吉崎に伝わり、幸せになって欲しいと思うのですが、星名(向井理)がパワハラセクハラ問題で謹慎となり、会社を去っていく姿や、毒気の抜けた顔を見るとちょっと切なくなるんですよね。

今日子と星名って似たもの同士。

吉崎のようにまっすぐに育った人とはまた違うので、今日子と付き合っていてもいずれなにかの問題が起こる気がするんですよね。それも込みで吉崎は今日子を愛すると決めたんでしょうが、やはり荷が重いような気もします。

吉崎にはちゃんとした、女の子と付き合ってほしいと思います。

最終回はボロボロになった星名を放っておけない星名エンドがくるのではないかと予想します。

 

[clink url=”https://doramemo.com/kimigakokoroni8-kanso”]

きみが心に棲みついた第9話のネタバレ!

会社の吉崎宛に、名前のない封書が届きました。中にはUSBが入っていて、パソコンにつなげると星名のマンションに今日子が入るところが映っていました。

飯田が映したものを送ったのですが、吉崎はショックで今日子の電話にも出れません。

飯田が会社から帰る途中、星名にハメられた一之瀬という男性社員が待ち構えていました。

吉崎は、今日子の部屋を夜遅くに訪問し、ウソをついて星名と会っていたことを問い詰めました。そこで、今日子の口から語られた星名とのこと・・・。

実家の母に受け入れてもらえなかったことで自信が持てなかった今日子は、大学の時星名と出会い、初めて受け入れられた。すべてを語り頭を下げる今日子に吉崎は、お母さんとの問題を解決できない限りは、つらいことがあればまた星名の元に戻るのではないか?・・・と語ります。

今日子はそれを聞き、5年も会っていない実家の母と会う決心をしました。

会社では、社員全員に名前のない怪文書が回っていました。それは、星名が特定の女性社員にパワハラとセクハラをしたという内容。

飯田は、再度牧村のバーを訪れ、星名に未練があると告げました。すると、牧村は星名の小さい頃のいじめられていたことや整形をした過去など飯田に語ります。

母親が、まだ付き合っている不倫相手に似てくる星名を見かねて整形を勧めたのです。

堀田(瀬戸朝香)は吉崎に怪文書のことを語ると、今日子がこれまで星名に受けた出来事を語ります。

今日子は、実家の前に立っていました。自分の家のはずなのに、なかなかインターフォンを鳴らせず立っているとちょうど母が帰ってきて声をかけてきました。

家で、話をするもやはり母はなかなか本題に入らない今日子にイライラして上から話し始めると、とうとう今日子はこれまで母の態度で自分がいかに傷ついてきたのか、そして自分は前に進むということを母に宣言しました。

星名のマンション前に飯田の姿がありました。星名を見つけると整形の過去も語り始めます。

マンション内に入ったふたりでしたが、飯田はまたもや星名に復縁を迫りまったために、星名は本性を見せ始めました。

言葉遣いが悪くなり、飯田を押し倒しはさみを振り下ろしで脅したのです。そして、追いすがる飯田に暴言を吐きました。

今日子の誕生日、星名の件で社員への聞き取りが始まりました。

会議室に社員が集められ、調査委員がひとりひとりに話しを聞いていくと、飯田が突然立ち上がりICレコーダーの星名の声を聞かせたのです。一緒に集められた堀田は、飯田が熱をあげていたことを知っていたため思わずそっとツッコみます。

そして今日子の番。

下着姿でランウェイをあるかされたことがパワハラではないかと聞かれると、キッパリと「違う」と答え、これは二人の問題だからと言い周りを驚かせました。

吉崎は、堀田からその話を聞き、今日子の心の中にはまだ星名がいることを確信。

今日子に別れ話をしたのです。

 

[clink url=”https://doramemo.com/kimigakokoroni7-haha”]

 

まとめ

星名役の向井理さんって、悪い顔をした時には、ヤな奴だなと思ったんですが、それが抜けてしまったらいきなり良い人のイメージが出てきてすごくかわいそうな気分になるのが不思議です。

星名の過去は相当闇が深い・・・。

ただ、大人になっても人を信じず、周りを陥れてきたのでバチが当たっても仕方ないと思うんですが、向井さんのイメージが強く出てきてしまうので、どうしても星名よ頑張れと個人的には思ってしまいます。

吉崎や星名とどうなるのか気になるところですが、それぞれリセットしたう上でまた気持ちが残れば付き合ったらよいんじゃないかな・・・と思うのですがみなさんはいかがでしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です