きみが心に棲みついたの手紙の谷山祥子の正体!第3話の感想とネタバレ!

第3話も、キョドコワールドがさく裂していましたね。第2話であれほど「吉岡さん吉岡さん」と追いかけまわしたと思ったら、3話ではコロッと星名に変更・・・。

今回も、辛口の感想となりますが、よかったら読んでみてください。

第3話で出てきた星名への手紙の主、谷山祥子の正体や、第3話のネタバレと感想です。

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた第3話の感想

谷山の正体を語るまえに、感想とネタバレをしていきます。

キョドコはもちろんなんですが、第3話ではウザい女性が3人になったことでさらにイライラが倍増しました。

・小川今日子
・飯田彩香
・為末れいか(吉岡の後輩)

前回、星名がライバルの飯田彩香(石橋杏奈) い感じになったことで、小川今日子(吉岡里帆)は、星名は渡したくないと思い始めます。

それは星名の計算通りだったワケですが、星名からの命令でラプワール(会社)の発表会に下着姿で出ろって言われ、キョドコはなぜか使命感みたいなものが芽生え、モデルでもないのに下着姿でランウェイを歩くんです。

オドオドと歩くので、周りはもちろんお客さんはザワザワザワ・・・。

ドラマだから収まるけど、これ普通の会社だったらクビやぞ~~と思いました。あたりまえだけど仕事に打ち込む人のすることじゃない!

会社のイメージアップためのショーのはずです。このショーにはいろんな人の想いが詰まっているんですよ。それをゲームのように命令する星名はクズだし、キョドコも命令されてホイホイ行動するってどうなのか。

この2人のためにショーは台無し。吉岡とスズキがなんとか場を盛り上げたけど、やったことは重大です。

そして、キョドコはショーのあと「星名さ~んやりました♪」と褒めてもらいにいくところがなんともイタイ。

大学時代に全裸で辱めを受けて、結局、星名は去っていったことを経験しているのに何も学んでないところが救えないなと思いました。私なりの予想ですが、結末に関してはこの人は変わらないと思います。

そして、第3話でどうもイラっときた人がもうひとり。

吉岡の後輩で、編集者の後輩の為末れいか(田中真琴)。この人も吉岡が好きだからかもしれないけど、事あるごとに吉岡にまとわりついてキョドコをディする。

飯田にしろ、為末にしろ、キョドコに対しては辛らつなんですよね。

気持ちはわかるけど・・・。

2話の感想とネタバレです

[clink url=”https://doramemo.com/kimigakokoroni-fuhyou”]

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた第3話のネタバレ

今日子(吉岡里帆)は、吉岡との約束をすっぽかし、裸足で夜の街を去っていきました。吉岡はその靴を拾い、今日子に半ば怒りのメールを送ります。

ラプワールでは、2班に分かれて新作を競い合うということになり、そのリーダーを星名がつとめることになります。

今日子は資料室にいくと、ライバルの飯田香織がいました。前の日のタクシーでの出来事を聞くと、星名は飯田の部屋に泊まったから邪魔をするなと言います。

大学時代、優しく今日子の三つ編み(母の呪縛?)をほどき自由にしてくれた星名。

「俺だけのために生きてくれよ」

その言葉が今日子の心には残っています。

今日子は、新作のためにデザイナーの八木(鈴木紗理奈)に何度も案を出しますが、八木は厳しく今日子に接します。

そんな時、エレベーターで星名に新作発表会を手伝ってほしいと言われ、参加することになります。

そして、現地で星名に渡されたものは、新作下着。

ちょうど、吉岡(桐谷健太)とスズキ(ムロツヨシ)と為末が客として招かれていました。

ショーが始まり、外人のモデルがでたあと突然、今日子が下着姿でよろよろとランウェイを歩き出しました。様子がおかしいと思った吉岡が機転をきかせスズキと舞台にあがり即興で盛り上げなんとかその場が収まります。

心配した吉岡は発表会の会場の外で今日子を待って話をすると

「吉崎さんには関係ありません」

そう言い残し帰っていきました。

今日子は星名に褒めてもらおうと職場に戻ったところ、飯田と星名がいい雰囲気になり星名の家の鍵を飯田に渡しているところでした。

八木に新作の案をなんどもボツにされていた今日子。八木に追い詰められとうとう「思わず抱きたくなるランジェリー」という案を出します。

八木が元所属していたメンズの経歴も生かせると今日子は力説します。

一方、星名が部屋に戻ると「谷山祥子」という名前の手紙がきていました。

読むなり星名は乱暴になり、先に入っていた飯田を押し倒します。

谷山祥子って何者?

ドラマの中では、もうすぐ出所するから会いたいという内容が書かれていましたね。星名の表情がさらに冷たくなったのが印象的でした。

この、谷山は星名の実の母親。

星名は谷山と不倫していた男との間に生まれた子供で、その関係はずっと続いていた。父親もそのことは知っていて星名には虐待をしていたのです。

母親が父が嫌がる顔ということで、整形をすることになりイケメンにされた星名は性格が急変。

その後、両親は離婚しますが、母が殺人事件を起こして服役することになったのです。

まとめ

星名に振り回されるキョドコですが、正直星名がイケメンでなくて出川哲朗みたいな人だったらどうなんだろうと思ってしまいました。

第2話の感想でも書きましたが、キョドコは過去、星名に植え付けらたトラウマにとらわれていますが、すべてが中途半端なんですよね・・・。

「星名」が好きとわかったんなら、ドSの星名にとことん付き合ってあげれば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です