menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

きみが心に棲みついたの星名の母に岡江久美子!第7話の感想とネタバレ!

 

このドラマを観ていてやっと今日子(吉岡里帆)の幸せを良かったねと思えた第7話でした。他人をイライラさせるだけの女性かと思っていたら、吉崎(桐谷健太)と出会って恋をしたおかげで、星名(向井理)の呪縛から解かれることになったのです。

そして、星名の小学校のころの姿も出てきましたが、結局星名もまた周りからも、父からもイジメられていた過去がありました。

7話に出てきた星名の母は、なんとも鬼のような人だったのです。

きみが心に棲みついた第7話の感想とネタバレそして星名の母(岡江久美子)についてです。

 

スポンサーリンク

 

「きみが心に棲みついた」のこれまでの記事です♪
よかったらこれまでの記事も読んでみてくださいね





きみが心に棲みついた第7話の感想

今日子が大学時代に星名に命令されみんなの前で裸になった動画が残っていることで、今日子はパニックになっていました。前回には、その動画を収録してあるビデオカメラが、今日子をよく思わない為末れいか(田中真琴)の手に渡ってしまいました。

為末は、会社の前で吉崎を待っていた今日子を見つけ、吉崎もその動画を見てショックを受けていたとわざわざ今日子に言うんですよ・・・。

以前にもイラつく女性3人ということで、為末と飯田とキョドコをあげていたのですが、為末は吉崎のことが好き、そして飯田は星名が好きとキョドコの周りには敵が多くいますし3人とも本当に未熟極まりない(´-ω-`)

しかも、為末はそんな動画を吉崎にわざわざ見せることで吉崎の気持ちが自分の方になびくと思ったんでしょうか・・・。

この為末も正義感あふれる吉崎のことを全く理解していない子供だな~と思います。

徐々に星名の過去も浮き出てくるのですが、家では父親に顔が嫌いダー!と殴られ、外にでると集団でフルボッコにされ散々な子供時代を過ごしていたんですよね。

自分の意思ではなく、母に顔を変えられたことに憎悪を持ち、自分がその顔であることでずっとその忌まわしい記憶から逃れられないんですよ。

そんな鬼のような母役が岡江久美子さんだったことにも驚きました。

岡江さんといえば、元は朝の顔としてずっとワイドショーに出演されるくらい爽やかで良いイメージの女優さんです。なぜ今、岡江さんがキャスティングされたのかとても不思議なんですよね。

原作では、事件の真相が語られていないので、もしかするとドラマではなにか事件が星名の記憶の中で混濁していて、事実は違っていたのかな・・・なんて想像してしまいました。

これから謎が明かされるであろう星名の状況をまとめておきます。

・星名は母と愛人との間に生まれた子供
・父から顔が愛人に似てくるので嫌がるからと母に整形を強制させられた
・母が父を刺して殺してしまったので服役していた
・星名が小さい頃、イジメにあっていたのに愛人といたので無視された

 

スポンサーリンク

 

きみが心に棲みついた第7話ネタバレ

吉崎と成川映美(中村アン)が仲良く話すところを見てしまった今日子は不安な日を送っていました。

ラプワールでは、堀田と八木の二人の案が採用されることになり、星名から常務に承認を取り付けたと会議で報告されそして、サブの飯田が外されることも発表されます。

今日子は吉崎とデートした時、成川とのことを聞こうとしますが、言い出せずにいました。自分の家庭のことを聞かれふと、実の子のはずなのに母には疎まれ、好きになれないと父に話している場面に遭遇したことを思い出します。

星名が家に帰ると、飯田が待っていましたが星名は無視、飯田は追いすがります。

「あなたを支えられます」
「支える?」

「たとえ、あなたのお母さまが殺人犯だったとしても・・・」

とたんに、星名の眼が冷たく光りました。誰から聞いたのか言わせると、情報元の社員の男を追及しました。

あっさり認めケンカを売ってくる一之瀬という男性社員に、飯田に、セクハラをしていたと言い放ち、飯田なら自分の思い通りになると脅します。

一之瀬は直後に本社にもどることになったといきなり転勤。

吉崎には、為末を通して今日子の大学時代の恥ずかしい動画が渡っていました。

そうとは知らず、普通に吉崎にメールを送り、夜、会社の前で待っている今日子を見て為末は、今日子の動画を吉崎が見てショックを受けていたと語ります。

崩れ落ちる今日子。

牧村は、星名に自慢気にそのことを話しますが、星名は良い顔をしません。

ふと星名の記憶がよみがえります。

「星名のくせに!」そう言われお金をまきあげられていた過去。

母と愛人がその近くを通りますが、まったく息子のことは目に入りません。

ラプワールの会議室には、星名と今日子がいました。星名は吉崎とのことを聞き、脅したあげく今日子のネジネジを解こうとしますが、堀田と八木が機転を利かせて会議室に入ってきました。

星名が今日子にとってワケありの過去の先輩であることを知り、堀田はきっぱりと忘れるように言いますが、八木は自分も過去のつらい恋愛から今日子には同情的。

今日子は動画を見た吉崎からもう逃げない・・・。そして別れを切り出されることを承知で会うことにしました。

吉崎は、今日子の過去に星名の影があることを突きつけ、ここまで起こった今日子の不審な行動なども問いただします。

なにも語らない今日子に吉崎はもしかするとまだ星名のことを思っているのか・・・と問うと今日子は「逃げたいんです!」とキッパリ。

事情を聞こうとする吉崎にも「言いたくない・・・」と一点張り。

別れるのにそんなこと聞いても意味がない。

吉崎さんにだけは知られたくない・・・「きっと好きが減るだけだから!」

笑って別れようとしていたことを知り吉崎はある行動にでます。

バーに行きバーテンの牧村に、大学時代、星名が好きな今日子に対し、星名が命令して裸になった過去を聞き、吉崎はなぜ自分に動画を見せたのか問い詰めます。

「俺も星名もあんたが嫌いなんだ・・・」

吉崎が、牧村の胸ぐらをつかみ、にらみ合っていると牧村はネジネジの秘密も語ります。

その場に星名が現れると、吉崎に向かって頭を下げました。

吉崎は、小川さんに謝れと言い、動画を破棄することそして今後嫌がらせをしないことを書いた「誓約書」にサインをさせました。

今日子の自宅を訪れた吉崎は、その誓約書を見せると今日子は嬉しさで泣き出します。

吉崎は、今日子を押し倒し優しくネジネジスカーフを外すとそのままキスをし抱き合いました。

次の日、今日子は初めてスカーフを取った姿で会社に現れます。

まとめ

あと2話残しているので、またドロドロな展開があることは間違いないでしょう。星名の母親のところに飯田が現れたり、星名がまだ今日子と個別に会ったりと火種はかなり残っていますので、今日子がそれを乗り越えられるのかどうかも気になります。

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

冬ドラマ(2019)主題歌一覧表

2019 冬ドラマおすすめはコチラ

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!