この世界の片隅にのドラマ撮影は呉がロケ地?あらすじや主題歌も!

原作は漫画ですが、ドラマ化や2016年に劇場版アニメとして話題になり異例のロングランヒットとなった「この世界の片隅に」が、TBSのドラマとして「ブラックペアン」の後番組として放送されます。

主役には、NHKの朝ドラ「ひよっこ」で工場の同僚工員・青天目澄子役を演じた松本穂香が抜擢されました。

松本穂香は、約3000人の中からオーディションで選ばれてキャスティングされていることから、イメージにピッタリだったといえます。

この世界の片隅にのドラマのロケ地やあらすじなどをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「この世界の片隅に」基本情報

放送開始日:2018年7月15日(日)
放送時間:21:00~ ※初回25分拡大
放送局:TBS系列

原作:漫画「この世界の片隅に」
連載期間:2007年1月23日号~2009年1月20日号


出典:TBS「この世界の片隅に」

発売日
上巻:2008年2月12日
中巻:2008年7月11日
下巻:2009年4月28日
新装版前編・後編:2011年7月21日

 

原作作者

こうの史代

出身:広島県
職業:漫画家・イラストレーター
概要:1995年「街角花だより」でデビュー。

大学を中退し、とだ勝之・谷川史子のアシスタントを経験。
2004年「夕凪の街 桜の国」で第8回文化メディア芸術祭マンガ部門
第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。

代表作:「夕凪の街 桜の国」「この世界の片隅に」

脚本:岡田恵和「ちゅらさん」「ひよっこ」

音楽は久石譲さんが担当されます。

 

久石譲さんの紹介

日本を代表する作曲家。

幼い頃からヴァイオリンを習い、トランペットやピアノなど習得、宮崎駿監督「風の上のナウシカ」にて音楽を担当し一躍脚光をあびる。その後「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」など多くのジブリ作品に参加。

その他、北野武監督「BROTHER 」や滝田洋二郎監督「おくりびと」なども数多くの映画・テレビ・舞台・CM・アニメなどの音楽を担当。

代表作:「もののけ姫」「HANA-BI」「菊次郎の夏」「悪人」「風立ちぬ」

この世界の片隅にのキャスト

北條すず・・・松本穂香
北條周作・・・松坂桃李
水原 哲・・・村上虹郎
刈谷幸子・・・伊藤沙莉
堂本志野・・・土村 芳
浦野十郎・・・ドロンズ石本
浦野すみ・・・久保田紗友
浦野すず(幼少期)・・・新井美羽
黒村晴美・・・稲垣来泉
白木リン・・・二階堂ふみ
黒村怪子・・・尾野真千子
刈谷タキ・・・木野 花
堂本安次郎・・・塩見三省
北條円太郎・・・田口トモロヲ
浦野キセノ・・・仙道敦子
北條サン・・・伊藤 蘭
森田イト・・・宮本信子

 

この世界の片隅にの原作あらすじ

昭和9年、広島市江波に住んでいた浦野すずが人攫い”ばけもん”に捕まってしまう。籠に入れられ連れていかれるすずは、同じく先に攫われていた北條周作と出会い、周作の機転でなんとか逃げ出すことに成功する。

時が経ち、1943年18歳になったすずの元に突如縁談の話が舞い込んでくる。自分を見初めたという話に身に覚えがないすず。そこで待っていたのは周作だった。

呉の北條家に嫁ぎ、新生活を始めるすず。だが、すずは周作とどこで出会ったのか思い出せずにいた。

小姑の黒村怪子に小言を言われつつも、持ち前の想像力やユーモアを糧に貧しい暮らしを生き延び、徐々に北條家に馴染んでいく。

ある日、すずは白木リンという遊女と親しくなる。リンは周作の元恋人ということを気づいたすずは、周作との関係に悩むようになる。そこに幼馴染の哲が現れるが、すず改めて自分の周作への気持ちに気づく。

そんな中、戦況が悪化。空襲や原爆がすず達を襲うことになる・・・。

 

この世界の片隅にのロケ地

物語の舞台となるのが、広島県呉市や広島市内です。

作中に登場する原爆ドームや広島城など実際に実在する場所がモデルとなっています。
今回のドラマのロケ地として明確になっている場所をご紹介します。

(今現在、目撃情報が少ないために、また出次第に追記していきます)

 

東京 緑山スタジオ

呉市の協力の元に公募にて、大正15年建設の一軒家が選ばれました。

この古民家が東京の緑山スタジオに移設され、そこで撮影が行われています。

広島県呉市

南西部に位置する広島県の呉市。作中でも舞台となった町で、現在も当時の街並みが残っています。

立地から海軍や海上自衛隊の拠点となった場所です。

明治時代には第二海軍区鎮守府が開庁され、作中に登場する周作もここで書記官として勤めています。

撮影シーン:近隣住民・主婦・会社員・通行人など

 

岡山県岡山市

南東部に位置する市。岡山県の県庁所在地。
番組ホームページにてエキストラ募集がかけられていました。

 

撮影シーン:戦時中主婦・商人・海軍軍人・遊女・通行人など

群馬県桐生市

東部に位置する市。絹織物の産地で有名。

 

その他

 

この世界の片隅にの聖地巡礼

2016年のアニメ化で再度注目された本作ですが、の時に話題となったのが 「聖地巡礼」 です。

広島県呉市
・原爆ドーム
・広島城
・レストハウス
・福屋デパート
・松下商店
・三ツ蔵
・呉医療センター  など

呉市自体も聖地巡礼で観光が盛んになりました。

 

[clink url=”konosekai1-aeasuji”]

 

スポンサーリンク

 

まとめ

・音楽担当は久石譲さん
・広島市・呉市・東京 緑山スタジオ・岡山市・桐生市がロケ地

以上、ドラマ「この世界の片隅に」のロケ地やあらすじのご紹介でした。

以前にも日本テレビのドラマで映像化された作品ですが、今回はどのようになるのか見比べるのも面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です