コウノドリ(ドラマ)10話の感想とネタバレ!出生前検診でりょうと高山夫妻の葛藤 

コウノドリもクライマックスに近づきました。ペルソナにいる下屋や、白川も新しい進路が見つかりましたし、四宮先生は研究所の方からも良い返事があり、どうするのかが話題となる中、能登で産婦人科をしているお父さんの容体が悪くなってしまいました。

小松もなにやらサクラに相談するという展開だったので、サクラ以外の主要キャストがいなくってしまうのではないかと想像する10話でした。感想からネタバレがありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

コウノドリの10話の感想

今回は、出生前診断をした2組の夫婦のお話しでした。双方、羊水検査でダウン症候群との結果を受けて産むかそれともやめるのか葛藤の後にそれぞれ違った答を出すのです。

自然に流産をするのと違い、お腹の中の子供を親の意志で命を奪うというだけあって、なかなか向き合えない。そして、その現場で寄り添っているサクラたちにとってもそれが良いことなのか答が見つからないんです。

産まないことを決めた明代(りょう)夫妻には、ひとりすでに娘が授かっているし、一番は経済的な問題と将来、自分たちがいなくなったあと、その子供の面倒を娘に託すことになってしまうと考えた挙句、手術をしました。

そして、もう一組の夫婦は、最後まで悩みそのまま子供を産む決断をします。

産婦人科ではこういったこともあるんだと、少し考えさせられた回でしたね。昔と違い今は、産む前に子供の染色体などで状態が分かる。だからやはりダウン症などで育てられないとか悩むのは当然のこと。

今回、産むことを決めた夫婦はずっと不妊治療を受けていたので決心がつかなかったのです。

ただ・・・、やっぱり長い目で見るとどうなんでしょうね・・・。この夫婦の出した答えが正しかったのかとすごく考えさせられました。ただ、サクラが産科医としてその考えを尊重し、ちゃんと受け止めている姿には安心感もありました。

スポンサーリンク

コウノドリ第10話のネタバレ

高山透子夫妻は親の勧めで、出生前診断を受けましたが結果は、21トリソミー陽性となっていました。その後ペルソナを訪れた高山透子は羊水検査を受けることになるもその結果を夫婦でちゃんと考えるようにとサクラは語ります。

そしてもう一組、同じことで悩んでいる夫婦がいました。お弁当屋を営んでいていっぱいの生活でどうしても子供にかかりきりになれないという結論を出していました。

透子は、羊水検査を受けると、やはりダウン症候群だとわかります。家では、夫婦の両親も交えて話しあいが持たれました。そこで透子は母親とふたりで相談することにしますが、母親は今回ばかりは断念した方が良いと言います。

四宮の元には父の面倒を見ている妹が会いに来て、父から預かった四宮のへその緒を渡して帰っていきました。自分のへその緒を渡すという行為は、その人を守ってくれますようにという願いも籠っていると小松が教えてくれました。

まだ、結論を出せない透子に今橋は、ダウン症の子供の親たちのコミュニティを紹介する提案をします。

一方、明代は夫と共に手術をしました。最後に胸に抱きたいという望みをかなえてあげるサクラでしたが、気持ちは晴れません。

透子は、ダウン症のコミュニティの資料を夫に見せ、もう少し話し合いをしようと言い出します。

明代夫妻が退院していきましたが、サクラは部屋で涙を流します。

高山夫妻はペルソナに話し合いの結果を伝えにきます。その結果は、赤ちゃんをあきらめること・・・。少しだけ前向きになった透子の姿を確認したうえでサクラは入院の話をし始めます。

しかし、透子はその場で超音波を見たいと言い出します。

会議で透子のケアの話になり、最後に赤ちゃんを抱きたいと言い出したことを話すと赤西が突然変な声を出しました。よく聞くと、出生前診断でもどうして命の選別をするのか、こういった制度がメジャーになったときどう向き合ってよいのかわからないと問いかけます。

「その質問の答えは僕にはわからない」
「命は尊い、赤ちゃんが生まれてくることは奇跡だ・・・」
「その命を選別してはいけない、けど僕はずっと迷っている」
「命の選別・・・その言葉にみんながとらわれてしまっていて、お母さん、お父さん、家族、その事情にには目が向けられていない」

その、事情の上に成り立っている、育てていくのは家族・・・。

自分も答えが見つからないし気が重くなる・・・しかし、深く悩んだうえで助けを求めてくる人たちに寄り添わなければいけない。

「どの選択も間違っていない」
「間違ってなかったと思えるように、産科医として家族と向き合っていく」

目に涙を浮かべ力説するサクラ。

その後、透子が入院をしました。手術をするまでの準備をしようとするも透子は向かう廊下で倒れてしまいます。そこに透子の母親が現れ、透子の気持ちを汲んで普通に産むことになります。

一方、四宮には妹から電話がかかり、父の容体が急変したことを告げますが、四宮は急患が出たためにそちらを優先。結局は、最期も看取れぬままでした。

まとめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です