今日から俺は!!第10話ネタバレあらすじと感想!最終回、京子と理子が城田優に捕まる!?

80年代のツッパリたちを描いた今日から俺は!!相良(磯村勇人)がとうとう反撃開始、開久のトップ片桐(鈴木伸之)を陥れ、自分がトップになりました。

しかし、三橋(賀来賢人)のたくらみで顔が丸つぶれ・・・。

そこで、出てくるのは超大物のヤクザ・・・。理子たちも捕らわれて三橋はどんな行動にでるのでしょう。

今日から俺は!!第10話のあらすじネタバレ感想です。

 

 

スポンサーリンク

 

今日から俺は!!第10話のあらすじ

三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)に最大のピンチが!二人の前に過去最強の敵が現れる…!!谷川(矢本悠馬)から、今井(太賀)がヤクザに襲われ意識不明の重体になったと聞き、怒りに震える三橋と伊藤。

しかし、相手はヤクザ。谷川に仇をとってほしいと頼まれた二人は思案するが、次は伊藤が一人夜道でヤクザたちに囲まれ…!圧倒的強さのヤクザ・月川(城田優)の登場!

大切な仲間たちを守り切ることができるのか!?…と、そんな最終決戦のさなか、なぜか三橋が突然「今日から俺はツッパリやめます」宣言!?
黒髪にメガネ、普通丈の学ランに身を包み「東大を目指す!」と豪語する三橋!

理子(清野菜名)も風紀委員として怒る理由が見つからず、ただただ動揺!どうした三橋!最終回だぞ三橋!一体何が起きたんだ!?ついに、待ちきれないけど、永遠に来てほしくなかった最終回が訪れる!

開久との真の決着もすべてはこの最終回で!?さようなら、職員室のゆかいな教師たち!さようなら、赤坂道場の変なおじさん!さようなら、笑顔の絶えないおとぼけ三橋夫妻!

そして…さようなら、ツッパっていた80年代の若者たち!!あなたは最後まで三橋に振り回される!!!
青春痛快ツッパリコメディ、絶対に見逃せない激アツの最終回!

出典:今日から俺は!!

これまで、驚くべき卑怯な手で勝ち残ってきた三橋。しかし最強ヤクザがでてきたことで、一気にピンチになります。ラストは正統派でいくのかそれとも、得意の奇襲作戦でいくのか・・・。

変なおじさんたちの演技もラストとなる最終回・・・、かなりのパワーのあるラストになりそうですね!

スポンサーリンク

 

今日から俺は!!第10話のネタバレ

航平はある決心をしていました。

佃製作所の中には農業用ロボットの独自開発賛成するもの反対するものそれぞれ意見を戦わしています。帝国重工からの話は佃製作所が得意とするエンジンだけ引き受けてトランスミッションは見送るべきだ。そういう意見が多く立花も悔しい思いをしていました。

航平いが向かった先は明応大学で、講師のアルバイトをしている島津のもと。ちょうど島津は、大学からカリフォルニア工業大学への推薦をしてもらい返事が返ってきていたところ。

航平は島津に会うと島津に帝国重工からエンジンとトランスミッションを依頼されたことを話します。エンジンは自信があるがトランスミッションの経験値がない…。

「島津さん一緒にやらないか?」
「俺たちには島津さんが必要なんだよ!」

後で見て欲しいとCD を渡します。

「これが今のうちのレベルだ。」

コツコツとやってきたということを話して、島津が受けるに値するか判断してほしいという。

快適で斬新で何より人にの役に立つトランスミッションを作りたい…それが私の夢なんです。かつてそう島津が言ってくれたこうへいは話します。

自分たちが作る農機具で農業を救いたいそれが俺たちの夢だ!その夢には島津さんが必要なんだ!!

リアゴーストで叶えられなかったその夢を今度こそ俺達とかなえないか?!島津が こうへいの残したCD を見ていると、ギアゴーストの伊丹がやってきます。

一緒にやらないか?伊丹は再度島津を勧誘します。それを聞いた島津は愕然とします。

島津は動画のダーウィンと航平が残していったトラクターの動画を交互に見ます。航平は、島津から連絡がないことで誘い方が間違ってしまったのではと落ち込みました。

佃製作所のメンバーが全員集められ、航平が話を始めます。新しい帝国重工からの発注のことで社員同士がまた小競り合いを始めました。

賛成派は、これまで帝国重工にまだ未開発のトランスミッションも発注してもらった恩があるから答えないといけないという意見と、それがもし失敗してしまったらという意見。

そして、実績のないトランスミッションを引き受けずエンジンのみ引き受けるという意見も出てきました。

確かにうちはトランスミッションの実績はない。だったら負けない明日ミッションのプロを呼べばいい。正社員として迎え入れる…。

ダーウィンのトランスミッションは天才と呼ばれる島津さんが設定をしているのにかなうわけがない。誰もがそう言うと、その場に島津が現れました。

社員全員から拍手で迎えられる島津。「ようこそ佃製作所へ!」と航平。

佃製作所ではまだ試作段階のトランスミッションを島津に見てもらうことになりました。

帝国重工でも財前が的場に、これから部品は佃製作所から入れてもらうことになったと報告をしています。それは藤間社長の意向。

すると的場は、奥田に佃製作所が失敗すればそれは藤間の責任となる。帝国重工でも早急にトランスミッションに取り掛かるように命令をしました。

島津はトランスミッションチームのトップとしてトランスミッションの問題点をだしていきます。殿村に電話をしながら今の現状を伝える航平。

島津は一週間に問題点が100個…、その驚くべき集中力に航平も嬉しい悲鳴をあげます。うちのトランスミッションの性能があっという間に底上げされている!

そして殿村の方も、収穫できそうだと答えました。楽しみだと航平が言うと殿村は出来上がったらいちばんに社長に送りますと言いました。

トランスミッションチームでは島津が応答性能の検証はどうなったかと聞くと軽部が一言、「検証中でーす…。」と不真面目に答えました。

軽部の仕事分だけが残っていて前に進まない…立花は頭を抱えます。それでも定時に帰ろうとする軽部。島津はできるのを待つしかないというも立花はいつになるかわからないと苛立ちます。

一方、いつものお座敷で重田と伊丹たちがアルファーワンの惨劇を見て笑っていました。ダーウィンのモニターを30台用意する計画が持ち上がります。農家に1年間使ってもらいその後は通常通りの契約をする。

ギアゴーストでは入念な打ち合わせをしています。そこで伊丹に島津の情報がもたらされます。

ふと伊丹は、先日島津のもとに行ったことを思い出していました。

島津が自分の代わりに入れた氷室が優秀なのでは…と言うと、伊丹は、氷室のことが気に入らないなら追い出してもいい。その言葉を聞いて島津は凍りつきます。

「あんたそんなやつだっけ?」
「信用して連れてきた社員をそんな風に切り捨てる、そんなやつだったっけ?」
「変わったね伊丹くん…私は自分を本当に必要と本当に必要としてくれるところなら行きたいと思ってる…でもそれはあんたの所じゃない!」

佃製作所にもダーウィンのモニター募集の情報がもたらされました。一気に焦る佃製作所のメンバーたち。社員の一人がうちもやろうと思えば出来ると言うと島津がまだ早い!と言いました。

「テストも十分にできてないトラクターを農家の人に使ってもらうつもり?」
「このトランスミッションに決定的に欠けているのは農家の現場は乃木先生の実験現場と違う、どこかの農場で使って問題点を徹底的に洗い出す。」

実験農場はどこで…と考えているとこうへい達は土の村の農場が最適なのではないか…と考えます。航平は殿村に声をかけてみますが、父まさひろは大反対。

6時になると軽部はまた仕事を終わらせ定時だと言って帰って行きます。見かねた立花が、済んでないように見えるが何かしら手立てがあると思うんですけども…

「そんな事したって時間の無駄…」

立花はとうとうキレてしまいます。

「軽部さんはないんですか技術者としてのプライドが!」
「野暮ったいんだよ。」

その様子を見た山崎が、立花たちを呼んで飲みに行きました。

実は軽部には心臓の弱い一人娘がいて妻も働いているのために一旦定時で帰って迎えに行かなければいけないという事情がありました。その日の帰り橘たちが工場に立ち寄ると、一人で実験をしている軽部がいました。

そんなことやっても無駄と言ったのは、自分一人でやっていたから。

出来上がった結果を軽部は島津に手渡しました。「やっぱり任せてよかったありがとう!こんなに精度の高い atstにしてくれるなんて…。」

「今回は自分の仕事に集中できたからなー。」

あんたがいてくれたおかげで橘達の面倒を見ずに済んだから、といつものようにふてぶてしく答えます。

「これからもこのチームのことはあんたに任せるよ。」
「誰もよろしくカルちゃん!」
「よろしく島ちゃん!」

これには工場のメンバーが全員驚きます。

それから、アルファーワンの実験農場探しが始まりました。しかし、下請けいじめの帝国重工が作ったアルファーワンのイメージは悪くどこも手を貸してくれる所はありません。

殿村の田んぼでは稲穂が頭を垂れ始めました。あと少しで収穫…。

しかしふと父が空を見上げると赤く染まっています。雨はこれから記録的な大雨になるとニュースを見て心配そうな佃製作所のメンバー。

殿村の地域では大雨が降っています。倉庫でもう少しで借り入れだったのにと悔しがる殿村を見て父は舟を出すと言い出しました。

それは大災害の時に出す舟。前に出したのは父が子供の頃。その時は、田んぼも畑もぐちゃぐちゃになってしまった…、しかし今あの時と同じような空だと父は言います。

倉庫に土嚢を積み水が来ないように予防していると、殿村の母が避難勧告が出たと呼びに来ました。航平と山崎は殿村の田んぼを案じ工場で語り合います。

田んぼの前で雨の中呆然とする殿村。父親が呼びに来て、仕方がないと言います。「自然を相手にするからこういうこともあるんだよ!それが生きていくってことなんだよ!!」

今にも倒れそうな稲穂を一房とって車で避難して行きました。

航平は救援物資を持って殿村のもとに行きます。

手塩にかけた米が全滅…、航平に送ると言う約束を果たせなかったことに頭を下げます。航平は、大変な時だから会社に戻ってこないかと殿村に声をかけますが、辞める時に自分が決心をしたこと…。ずっと殿村家の米を楽しみに待ってくれている人たちから義援金も貰った。それに応えるのは米を作るしかないんですと言いました。

殿村は稲が全滅したことで500万円の融資を農林協に申請しに行きます。対応したのは吉井。吉井は、条件を満たしているはずの殿村に組合に入ればすぐに了承してやると言いました。

その帰り、稲本に会うとしおらしく話を聞いていましたが、殿村に対しお前のところが農業法人に入っていなくてよかった!もしお前が入っていたら自分たちが大赤字になるところだった!と嫌味を言い農林協に入って行きました。

農林協の上層部から今回の大雨で被害にあっている農家に対してできるだけ力になるように指示を受ける吉井でしたが、上司の前でだけ良い顔をして外村の所だけは出さない稲本と笑い合いました。

軽トラで悔しさをにじませる殿村。

佃製作所では航平が島津に殿村の大変な現状を伝えています。

「何とかしてやりたかった…」とくやしさをにじませると島津は出会いのことを口にして、佃さんが対等な関係でいてくれたからですと。

「本当は現場に戻りたかった私を佃さんは変な同情とかでは必要だからと言ってくれた。エンジンとトランスミッションのようにお互い対等だからいいんですよね。」
「殿さんもきっとそうありたいんだと思います。」

島さん、ありがとう。おかげで覚悟が決まったよ。

殿村は原っぱに腰をかけて融資申込書を見て吉井の顔を思い浮かべていました。そこに航平から電話がかかります。財前と航平、山崎が殿村家を訪れ農業用トラクターの実験をさせてほしいと直談判しに来たのです。

猛烈に怒る正弘。いくら良い条件を出しても良い顔をしません。

「人の不幸につけこんで前に利用しようとしているのじゃないか?」

「そう捉えられても仕方ありませんし、商売を否定するつもりもありません。ユーザーを相手にしている以上商売からは逃れられませんこうへいが語ります。」

商売も必要ですがそれ以上に意義が必要じゃないかと思います…。

「何のためにやるのかということです。今の農業は瀕死の状態、このままいけば担い手を失い頭からの将来危機的状況に陥るでしょう。」

この農業用ロボットは昼でも夜でも働く。

「この無人農業用ロボットに挑戦するのは金儲けのためだけではありません。そこに農業を救うという大きな目標があるからです。私も帝国重工さんも思いは同じです!」

財前は、自分がこの授業をやろうと思ったのは殿村の畑で稲刈りをさせてもらった時、米作りの素晴らしさを体感したからです!一日本人として守るべきものだと感じましたと。

農業の問題点を一つ一つ改善していくこの技術は農業のあり方を変え農業に携わる人々の減少に歯止めをかける手段となるでしょう!

「農業の危機を救うためにこの実験は必要なんです!」

殿村さんの生きたデータが農業を救うことになる。そしてかつてこうへいが殿村に会社に戻るように断られたことを告げます。
先祖代々受け継いだ米作りを守ろうと決めたんです!

どんなリスクがあろうとも人生をかけても絶対守ると決めたんです。私は大切な友人の力になりたい!助けになりたいと思ったそれはこの国全体が抱えている農業の危機に対しても同じなんです。

「殿村さん大自然の前に人間は無力かもしれません、でもその虚しさを知った上で知恵の力で乗り越えてきました。今この危機に我々の知恵の力を最大限に結晶してこの国の米作りを全力を賭して守りたい!」

3人が頭を下げると、正弘は座布団を避け、自分はもう諦めていたんだといい、涙ながらにこう言いました。

「米作りはダメになる!それはどうにもならないことだ、だけど諦めずに素晴らしい知恵を出してくれてた人が、ここにいたんですね!」

「私からお願いします!どうかうちの田んぼを使ってください!」米作りを作って下さいお願いしますと頭を下げました。

アルファーワンが殿村の田んぼに入り実験を開始することになりました。

そこに財前からもたらされた情報は、ICT 農業推進プログラムでの帝国重工のアルファーワンとダーウィンどの実演実験をしてほしいという話が舞い込んできたのです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です