menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

リーガルV第5話のネタバレあらすじと感想!翔子の過去の断片が明かされる!

 

元弁護士でなにかがきっかけで資格剥奪をされてしまった小鳥遊翔子(米倉涼子)が、仲間を集め弱小弁護士事務所を作って法廷に乗り込むというストーリーのリーガルV。

受けた仕事の相手の弁護は、ほぼFelix & Temma法律事務所が受け持ち対立していきます。これまで連戦連勝だった翔子ですが、前回は、元恋人の海崎(向井理)が出てきて立ちはだかりました。

リーガルV第5話のネタバレとあらすじ感想、そして5話で明かされる翔子の秘密もお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~第5話あらすじ

「勝つまで戦うの」――。小鳥遊翔子(米倉涼子)の言葉に背中を押された青島圭太(林遣都)は、以前から抱えていた案件を逆転勝訴に導くため立ち上がる。その案件とは、人気学生ベンチャー企業で代表を務める大学生・町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件。

凶器から指紋が検出されたため、町村の幼なじみで同級生の武藤正洋(戸塚純貴)が傷害容疑で起訴され、青島が弁護することになったのだ。ところが、事件前に町村が企業の解散を提案していたことから、検察側は「異を唱える武藤が暴力行為をエスカレートさせた」と主張。

さらに、町村自身が「武藤から暴行を受けた」と証言したため、武藤は一審で実刑判決を受けることに…。その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら息子の無実を証明しようと戦っていた母・武藤望(片岡礼子)が自殺するという悲劇までも招き、青島はずっと胸を痛めていたのだった――。

青島は控訴審に向け、翔子率いる「京極法律事務所」のメンバーにも協力を仰ぎ、有利となる証拠を集めようと駆け回る。だが、武藤の父・紘一(志垣太郎)は「お前らなんかに息子は救えない」と一刀両断。あれほど無実を主張していた武藤自身もすっかり自暴自棄に陥り、青島に背を向け続け…。

そんな苦しい状況下でも諦めず、青島を鼓舞し続ける翔子。一方、 「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)は、謎に包まれていた翔子の過去を突き止め…!?

出典:テレビ朝日「リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~」

 

翔子の過去は、対立する元所属していたFelix & Temma法律事務所から少しずつ出てきていたので、情報を漏らされると思ったのですが、ここに来てまさかの味方から素性を暴かれるとは驚きです。

パラリーガルの伊藤(安達祐実)は、元銀行員、好きな男のために銀行の1億円を横領した人なのですが、裏を返せばチェックの厳しい銀行での横領をするくらいなのでかなり頭がキレるわけです。

これまでの話では、1年前に、翔子が情にほだされてなにかをしてしまったことが弁護士資格の剥奪となっていたこと、そして海崎とは恋人関係にあったことまではわかっています。

 

リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~第5話ネタバレ

青島弁護士の再チャレンジ

京極法律事務所では、青島(林遣都)が過去に自分が担当した事件を再度調査していました。

「ある人に勝つまで戦えと言われたから」

その事件は4月に起きた事件。
帝国大学の4年町村誠(瀬戸利樹)が断崖絶壁で暴行を受け刺されていた事件。その場所に呼び出された同じく帝国大学の4年武藤正洋(戸塚純貴)が救急搬送を依頼したものの、逮捕され起訴されました。

青島が弁護をしていましたが、全治6カ月の重傷だった被害者の町村が、武藤にやられたと証言したために実刑判決が下った。武藤の証言は、待ち合わせの場所にいったら町村が倒れていたと証言しているものの、被害者の証言が大きく影響してしまった。

そこに、「現場百回」のレアキーホルダーが当たったと小鳥遊翔子が現れます。翔子が仕事について青島に聞くと、ふたりが初めて出会った断崖絶壁が、その事件の現場だったんだと答えました。

しかも、その後、武藤の母親もその場で自殺をしてしまった場所だったのです。

「勝てるの?」翔子はキッパリと金になるのかと聞きます。金にならないなら青島が払えるのか?と。出会ったころに言っていたことが違っているのに疑問を持つ青島とあっけにとられる事務所のメンバー。

 

絶望した武藤

青島は、武藤に面会をしていました。なぜ、町村は武藤って言ったのか?その疑問を再度ぶつけています。幼馴染の武藤を陥れるようなことを言ったのは、事件でもうろうとしていたからかも・・・。

「もう・・・どうなったっていいですよ・・・」と武藤はふさぎ込みました。

 

事務所では、ネットに書き込まれた自分の中傷記事を見て翔子が怒り狂っています。伊藤(安達祐実)がふと町村の情報を調べたらマッチングアプリ「トゥモロー」というサイトを経営していて年商10億円ということがわかりました。

トゥモローとは、飲み仲間を探す「ノミ友」、バイト仲間を探す「バイ友」、パーティー仲間を探す「パー友」を探すことのできるサイト。

金になるとわかったとたん翔子はがぜんやる気を起こします。

 

現場101回

青島が何度も足を運んだ現場に翔子は青島を連れていきました。事件当日の武藤の足取りは、午後4時に本銚子駅に降りたち徒歩10分で現場に到着した。

すると町村が倒れていたのですぐに救急に連絡をした。ただ、駅での武藤の目撃証言がない。

現場の銚子海岸に行く途中、青島は翔子になんだかんだ言って心配してくれていることを告げると、翔子はそれほどいい人でないと言う。

「ポチはどうして弁護士になったの?」

「弱い人の味方をしてあげられたら・・・」

いじめられっ子だったから?と翔子が聞くと大きく否定する青島・・・。被告の武藤は子供のころいじめられっ子だったので、周りを見変えしたやろうと帝大に入ったらしい。

 

チェリーボーイポチ

現場と反対方向に歩き出す翔子。目の前には海岸沿いのラブホテルレッドクリフがありました。青島は腕を組まれると「経験がないもんで!」と言います。

受付嬢(YOU)にお金を握らせて防犯カメラの映像をお願いするも拒否、すると翔子の「現場百回」のキーホルダーを見て自分もファンだと言い欲しがったのです。

「事件の裏に女あり・・・」

翔子がからかいながら現場に向かうとそこには武藤の父親の紘一(志賀太郎)が花を手向けにやってきていました。青島がもう一度調査させてほしいと言うと、紘一は怒りだします。

「女房が死んだのはあんたのせいだ!」
翔子が青島をかばうと、なにがわかるんだと言います。

ずっと妻は、駅でビラを配ったり、町村の病室を訪ねたりと必死で息子の無実を証明しようとしていました。トゥモローのメンバーにも手がかりを探そうとしていた・・・

武藤の母は、ネットの誹謗中傷に反論をし続けていたが、そのうち炎上し顔も素性もさらされ過去まで掘り起こされていました。一審判決が出た後に、さらにエスカレート。

その直後に自殺してしまった。

 

武藤宅で再調査

再度、青島と翔子は武藤宅に行きます。出てきた父親は、力なくどうすることもできないと言うと

「じゃあさ・・・お父さんはあきらめて見捨てるワケ?」
「奥さんが亡くなったのはこの子のせいじゃない・・・」
「嘆いてばかりいないで、本気で戦いましょうよ」

紘一はふたりを受け入れ、詳しい話をし始めます。武藤が小さいころ、いじめられていたがいつも町村が助けてくれた。ふたりの絆は深く、武藤は、なんでもできる町村の憧れて帝国大学にも入ったんだ・・・と。

 

次の一手

町村は、トゥモローのメンバーと快気祝いをしています。お店には、馬場(荒川良々)がいてその様子の映像をこっそりとっていました。

楽しそうに過ごす町村を見て弱気になる青島に翔子は喝を入れます。

青島は、本銚子駅で目撃者を探すべくビラ配り、そして芽野(三浦翔平)は、帝国大学でホストの割引のチラシ配りをし始めました。トゥモローの女性メンバーを見つけると、100人目に当選したからとホストクラブに招待したのです。

パー友のことを聞くと、美女軍団が集まる裏メニューがあると言う。

どうやらそれはドラゴンユニオンという半グレ集団が関わっているらしいという話まで聞きつけ報告すると、大鷹も知っているような危ない連中だったのです。

美女軍団とのパーティの画像を見ているとその場所は、ホテル「レッドクリフ」でした。

 

キーホルダーと引き換えの証人

青島は、翔子の部屋に入り込み「現場百回」のキーホルダーを奪いにきます。それをもってレッドクリフの受付に走るふたり。

防犯カメラの写真のCDを受け取るも5/1から半年分・・・。事件は4/18なので、キーホルダーを返せと翔子と奪い合いになり突き飛ばされた青島の鞄からは、武藤の顔写真のチラシがばらまかれてしまいました。

すると受付嬢は、その人見たことあると言い出したのです。

お財布を忘れた時に電車賃をくれたんだ、それは4/18の夕方、旦那の誕生日だった・・・。キーホルダーを手渡し証人となってもらうことになりました。

青島は武藤に面会をして説明するとそれでもなおやる気のない武藤・・・

「それでなにが変わるんだ」
「君の疑いが晴れて未来が開ける!」

当時の美女軍団のひとりがわかり、芽野はパーティを依頼しました。場所はレッドクリフの一室・・・。

話を聞きだすと、町村をパーティで襲った話をし始めると、その背後に中西という男の子がいることがわかりました。中西は町村の後輩でドラゴンユニオンにも顔を出している男。

町村を引きとめるために、女を抱かせて写真を撮って脅すという手口が使われていると翔子は言いました。しかし、町村がその誘いに乗らなかったために、半グレを使って暴行をしたのではと仮定したのです。

馬場に町村たちを尾行させると、中西はほぼ半グレの仲間、そして町村を監視するようにずっとそばにいるということがわかりました。

 

翔子の秘密

翔子が青島を連れて町村のいるところに行こうとする途中、青島はふと翔子のことを聞きます。

「どうして小鳥遊さんは弁護士に?」
「頭が良かったから、司法試験に一発合格しお金も儲かりそうだから」

そのころ伊藤は、事務所内で翔子の過去を偶然知ってしまった内容を語っていました。

翔子は、中学校を卒業前に、自営業をしていた父親が投資で騙され、全財産を失い一家で失踪をした過去があった。

「法律さえ知っていれば避けられる悲しみがある」と弁護士時代のインタビュー記事ではそう語っていました。

 

町村と翔子と青島の対決

ひとりカフェで仕事をする町村のもとに翔子がやってきました。事件の全容を伝えるとしらを切り帰って行こうとします。すかさず青島が武藤が町村を慕っていたことを伝えました。

それでもなお、「僕は武藤にやられた」と答え町村は帰っていきました。

帰り道、青島が「難しいですね・・・悔しいです・・・」と言うと、翔子は猛然と怒ったのです。被害者は何十倍も何百倍も苦しんできたのに・・・そんなに簡単に言うな!

「あんたの戦いでしょ!あんた勝たなきゃいけないの!!」

そういって去っていく翔子に青島は、 「僕はまだあきらめたなんて言ってません・・・」

 

法廷・証人尋問

青島は、ホテルの受付嬢に証人尋問をします。4/18の夕方武藤に電車賃をもらった

電車を降りた時間、徒歩の時間そして4:10には通報をしているところから、50か所にもおよぶ傷害を起こすのは無理・・・。反対尋問で検事は、証言者となるにあたり金品を受け取ったのではないか・・・と聞きました。

すると、受付嬢はキーホルダーを出します。一部では10万円で取引されると言うと、自分にとっては100万くらいの価値があるんだ!と言ってしまいました。

次に出てきたのは、中西。

青島は、事件当日にレッドクリフでパーティをして女性に武藤を誘惑するように言ったことを聞くと、慰労のためと答えます。町村がトゥモローに残るように脅迫したのではというと検事からは異議を申し立てられます。

次に青島は、凶器のナイフがパーティーで中西が魚介をさばいたものだと言います。ナイフは中西がカード決済をしていることをあげ、犯人は中西だと言うと検事がまた異議を唱えます。

最後に出てきたのは被害者の町村。

なにを言っても町村は証言を変えません。感情的になる青島に裁判官は口を挟みます。

青島がその場に出したのは、武藤の母親が町村に面会を願い出たときに書いた手紙・・・。

 

武藤の母の手紙

武藤の母親がしたためたというその手紙には、母親の正直な心情、息子は優しい子だったが町村くんも同じくらい優しい子だった。まさか、息子に罪をかぶせることは考えらえない・・・

町村くんがいたおかげで息子はここまで生き延びた。町村くんには感謝しかない・・・息子に優しくしてくれてありがとう。

もし、息子が犯人なら・・・私の責任。

「一番大切な友達を傷つけた息子の罪を命をもって償いたいです」ふたりがまた良い友達に戻ってほしい・・・

そして武藤の母親が一審後に自殺をした・・・と。

町村はたまりかねて発言をし始めました。僕は逆境に負けずに頑張る武藤くんの姿に勇気をもらってきた。なのに、自分は武藤に罪をなすりつけてしまった・・・。

町村に暴行を加えたのは、後輩の中西から受けた・・・。

 

手紙の謎

法廷の後、紘一は青島と翔子に深々と頭を下げました。自分も見つけられなかった妻の手紙を見つけ出し事件を解決してくれた・・・と喜び去っていきました。

翔子はふとその手紙は青島が作ったのではないかと問うと、青島は弁護士資格を剥奪されたくないからと語ったのです。

 

リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~第5話感想

このラストは、情に訴えることで解決しましたね。若干ストーリーは物足りなさが残ったのですが、青島がチェリーボーイだったことや、いいように翔子にアゴクイされていたのがとてもかわいかった。

本当にポチのあだ名がピッタリくる林遣都くんの抜擢がズバリ当たっているなと思います。

そしてOL(おっさんずラブ)が好きな人にとっては、牧とマロの法廷対決が見れたのは貴重だったのではないかと・・・。相変わらず芸達者なふたりだなと思います。

マロは、嫌味な役なんだけど全く違うイメージとなっていましたので、これから楽しみな役者さんとなりそうですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

第5話の話は、ポチ青島(林遣都)が抱えている過去の案件の裁判。ずっと気持ちに負け続けている弱気のポチに翔子がハッパをかけます。

翔子に振り回されて随分と耐性がついてきたポチですが、過去から引きずっている事件を法廷で裁けるのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

&nbsp

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ