menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

リーガルV第8話のネタバレあらすじと感想!速水もこみちが翔子の資格剥奪の鍵を握る?

 

元弁護士の小鳥遊翔子(米倉涼子)が新しい法律事務所を作って対決している、Felix & Temma 法律事務所からとうとう大きなダメージを受けることになります。

大事な時に翔子が行方不明になるも青島(林遣都)だけが信じて残ることに・・・一体、京極法律事務所はどうなってしまうのでしょうか・・・。

リーガルV第9話のネタバレとあらすじ感想です。

 

スポンサーリンク

 

リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~第8話あらすじ

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。

しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。それを探ろうとしていたのだ!

弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。

ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?

一方、「Felix & Temma 法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!

徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?

出典:リーガルV

スポンサーリンク

 

リーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~第8話ネタバレ

翔子と至

翔子が調布刑務所に行くと、ちょうど出てきた天馬と鉢合わせしました。
「これは奇遇ですね小鳥遊さん、噂は聞こえてますよ。」
「青島先生にも何度も足を運ばせているようですね。1年も前に確定した事件を何が気に入らないんですか?」

「相変わらずおしゃべりですね急いでますので、」そこまで言うと面会室に入って行きました。

その頃、京極法律事務所では、依頼者が殺到していて文字通り行列のできる法律相談所になっていました。あまりの忙しさに、青島にも手伝ってもらおうとしますが、青島は翔子に依頼された1年前の殺人事件を調査している最中でした。

面会室で、被告が出てくると突然上着を脱ぎ、背中の空いた服を見せる翔子。差し入れと冗談を言い、守屋が笑うと、生きていて安心したと言いました。

「早く出たいよね?」

事件の内容は去年の9月、一瀬とおるという男が、ベンチの隣に座っていた初対面の男に刺されて、亡くなったというもの。二人に面識はなく、当時仕事で悩んでいた至が悩む価値もない無能な人間だと言われ逆上し、刺したということが記録で残っていました。

懲役9年の実刑判決…、青嶋は京極事務所のメンバーに、そのことを伝えます。

「妹さんは会いに来る?」
「来るなって言ってありますから。」
「会いたいくせに。」

そう言うと至は照れ隠しのように笑いました。「邪魔したくないんですよあいつは俺と違ってできが良いから……」今大学の夜間部で法律を勉強している…。

いろいろ相談に乗れるという翔子に、至はなぜそこまで親身になってくれるのかと問いました。ずっと引っかかってた・・・。

「人を殺したのに事みたいなところがあるわよね?何か隠していることがあるようにな気がする。」それを言うと一気に至るの表情が曇ります。

「贖罪の気持ちが抜け落ちているようなそんな風に見えるのはなぜなの?」そして職場からも遠い現場鶯谷になぜ行ったのかと聞くと、あんなやつ死んだ方がいい…、翔子とは目を合わせないようにして至は答えます。

「そういう話ならもういいよ!帰って!!帰れつってんだろ!」

 

弁護士協会からの通告

京極法律事務所では、大鷹は、翔子が1年前の事件のような金にならない国選弁護人を勤めたのか疑問に思っていました。すると、伊藤が、自分の弁護も国選弁護人として翔子が受けてくれたと告白しました。そして馬場も、翔子が国選弁護人として自分を助けてくれたんだと告白しました。

そこに翔子が帰ってきて、みんなは協力をすると。

しかし、ちょうど弁護士会から封書が届いていて伊藤が読むと、内容は翔子が非弁行為を働いていると警告してきたもの。このままでは弁護士事務所を業務停止処分を課すとありました。

それから、京極は天満にワインを持って行きますが、あっさりと断られま。す。その頃、海崎が至の事件を引き継いでいる白鳥に当時の事情を聞いていました。

まだ弁護士だった当時、翔子は情報を得るために反社会勢力の花田と接触したところ、呼び止められ中の金を見せた直後、ちょうど週刊誌の記者に撮られてしまったのです。

それが原因で資格を剥奪され行方をくらましました。

白鳥は、こだわる海崎に聞いてみると、「僕の野望のため…、そう言ったら君は協力してくれるのか?それとも天満先生に告げ口するのかな…?」と答えます。すると白鳥は、二人だけの秘密ができる微笑みます。

海崎もまたニヤリと笑いました。

京極法律事務所では青島がNPO法人貧困を救う会のパンフレットをみんなに渡しそこで働いていた被害者の市瀬の説明をしています。NPO 法人は暴力団の資金源となることも多いと大鷹が言います。

実は弁護士だった当時、翔子も同じように考え暴力団に接触をしたのです。しかし翔子が訪ねてもまるで箝口令が敷かれたようだったとそう言います。

そこに、京極が帰ってきて天満の様子を伝えました。

「本気ですね…」事務所を続けたいなら高梨さんを切り捨てろと言われたと。大鷹は、京極に翔子をクビにして京極事務所残すかどうか決断をして欲しいと言います。馬場や伊藤が怒り、翔子の前で、事務所にいるメンバーが言い合いになります。

「そういう話は私のいないところでやってくれる?」

夜、現場百回を見ながら、翔子は考え事をしていました。翌日青島が、ない翔子の部屋に行くと、(しばらく旅に出ます。探さないでください。小鳥遊)と書き置きを残し姿が消えていました。

1年前に弁護士資格を失った時も行方をくらましたことからもう帰ってこないと判断したパラリーガル3人は、事務所をあっさりと出て行きます。大鷹も、一人でやってみる、京極も小鳥遊がいないことには意味がないと二人でて行きました。

残ったのは青島だけ…。

その頃、Felix & Temma法律事務所の天満のもとには、京極法律事務所が、解散との張り紙をしてあっけなく事務所を閉めてしまった証拠写真を手にほくそ笑んでいました。

それぞれの道

京極は、帝國大学に履歴書を持って再度教授として採用してほしいと面接を受けます。伊藤はサラリーローンの会社に面接を受けて採用決定。大鷹は、娘に、個人事務所のホームページを見せ親子3人で暮らせないかな?と聞くと、ひろみちおじさんがいるから四人になっちゃうよ…、と返事をされて顔色が変わります。

芽野は、ホストクラブでチーフマネージャーに昇格、掃除婦に馬場が採用されていました。

NPO法人貧困を救う会

海崎と白鳥がNPO法人の救う会の現場に行き、白鳥が知る限りの説明を海崎が受けています。貧困を救う会では子ども食堂や就労支援という活動をしており、ホームレスや、お年寄り、貧しい子供たちを救ってきました。

一般市民も集め理解を得るためにイベント活動をしています。この場には代表の、大峰聡の顔写真の入ったチラシも積み上げられていました。大峰は自らも幼少時、貧困に苦しんでいたという経歴があるという。

そのひたむきさが、形になったと白鳥が絶賛します。食堂の中で、馬場も食事をしている姿が。NPO法人貧困を救う会のみんなの畑では、体験とし芽野が参加しています。そして、貧困を救う会のイベントをPRすることで、スポンサーから寄付金として莫大な資金を得ていると白鳥が海崎に説明します。

イベントの途中、大峰と丸山珠美厚生労働大臣が出てきました。その場に天馬もやってきていて、大峰会長と固い握手を交わしています。丸山と大峰を繋いだのは天馬かもしれない…、何かあるのかもしれないと海崎はつぶやきました。

それを探ろうとしている人間がいるそう言うと、イベントの脇からカメラを構えている青島をさしました。しかし現場には、不思議な着ぐるみが一体…。

妹の末久

その頃、翔子は、温泉宿で夕食を食べていました。スマホには青島からのメッセージ…、貧困を救う会のチャリティーイベントの件。

その中で厚生労働大臣の丸山珠美と大峰代表がスピーチしたこと、さらに天馬やってきたことを報告してありました。ちょうど中居がやってきて熱燗を持ってきます。

名札を見ると見習い加藤と書かれていました。親しげに翔子が話しかけると、先月からお世話になっているという。1万円を握らせ心付けだといい、話し相手になってほしいという。

兄の至のことを話し始めると、その女性の顔が曇ります。なぜ偽名を使っているのか?そう尋ねると慌てて出て行きました。

再度メンバー集結

事務所では青島が一人残業していると、着ぐるみが入ってきます。頭を取ると中から伊藤が出てきました。潜入捜査をして調べた内容は、市瀬がNPO法人を渡り歩き、貧困児童の出生の秘密をばらすと言っては、募金を強引に自分のものにしているということでした。

そこに野菜を持った芽野もやってきて、至がボランティアに積極的に参加をしていたという情報を持ってきました。至は、妹と一緒にに参加をしていた。更に、馬場も過去に兄弟で救う会に現れた時の受付の証拠書類も持ってきたのです。

施設を出てから、働き口がないふたりはそこで就職の世話になったらしい。受付用紙の担当者は市瀬と書かれていて、裁判で至が証言をした初めて会ったという証言が覆されました。疑問が残るのは、至がなぜ嘘の証言をしたかと言うこと。

青島たちが事務所に帰ると、大鷹が待っていました。大鷹は、古巣の検察から仕入れた情報を持ってきていたのです。半年前、貧困を救う会のイベントで、チンピラが暴れる事件があった、それを収めたのがヤクザの花田。

花田は翔子が、接触をした男でした。つまり救う会と暴力団の接点があったんだ!と、青島が言います。

翔子は妹の末久が仕事が終わるのを待っていて、温泉に入って一杯飲もうと、誘いました。逃げようとする妹を捕まえ、「お兄さんがなぜ殺人を犯したのか知りたくないの?」と言うと妹は怒り出しました。

「償いたい!」

翔子はそう説明すると、自分が理由で弁護士資格を剥奪され、納得のいかない結果になったことを、話します。大学の話をすると、翔子が手にしていたワンカップを取り上げて一気に飲みます。

「今日で二十歳になったんで…、本当は彼氏にお祝いしてもらうはずだった。なのにあの日で全てが変わりました。」

成人式にも出たかったのに、みんなと旅行だって行きたかったのにもっと勉強して掴みたい夢があったのに…、と言うと泣き出してしまいます。翔子は、未久をそっと抱きしめ、ケーキとシャンパンを用意してもらおうか…、と提案しました。

青島は至に面会に行き、貧困を救う会の受付表を見せなぜ嘘をついたのか聞きました。聞こうともせず眠いという至に、青島は声をあげます。

「少しは小鳥遊さんのことも考えてあげてほしい!」
「あの人は君を助けるために弁護士資格を失ったんだ!今だってそのために一生懸命戦っているんだ!」

「羨ましいな、今の俺にはあなたのように情熱を捧げるものは何もない。あんた見てると惨めになる、もう来ないでくれ!」

青島は、途方に暮れ歩いていると、向かいから歩いてきたのは翔子。

共謀共同正犯

翔子が、至に面会をして、妹の現実を話すと、たちまち至の目には誰が浮かびます。「嘘だ!」写真を見せると、至は動揺します。結局、あなたのやったことは一番悪いやつを喜ばせただけだった!

「あなたに殺しをさせた男は誰?」

僕はあの人に出会えて初めて夢が持てた…、至は事実を淡々と語り始めました。おかげで大学に入れて未来も広がった。だから、許す限り貧困の会の活動にも参加した。

すると突然、大峰が声をかけてきた。「子供たちを守るために働いてくれませんか?」そう言われはいと答えたのが地獄の始まりだったのです。

事務所に連れて行かれ、市瀬の話を聞かされ、君ならどうするんだと聞かれ「警察に行きます」と答えると、子供たちの秘密を暴露すると言っている…。

そんな時どんな方法があるのか?との問いに答えられずにいると、ヤクザの花田が入ってきて、この男が教えてくれると言ってその場を去っていきました。

花田は、至に乱暴をし殺すことを強要。痛めつけられた挙句、仕方なく、市瀬を刺したのです。

「悔しいな…、あの時言ってくれていたら刑期が何年短くなったか…。」大峰が、したことは共謀共同正犯。至が加害者でもあるが被害者でもある…、私と一緒に戦わない?

あなたの妹さんに勇気を与えるためにもあなたがこの先生きていく未来のためにも本当に悪い奴と戦いましょう!

「鍵があります!!」と至は叫びました。

下剋上

Felix & Temma 法律事務所では秘書から海崎が、両国法律事務所動きを聞いていました。天馬と大峰のつながりなど探り始めていると

「そのことは天満代表には?」
「お伝えしましたがまずかったですか?」
「いやそれでいい」

白鳥は、天馬のお見送りに行った時、そっと糸くずをとるふりをして髪の毛を取りました。

貧困を救う会のイベント会場に現れた、天馬の隣に翔子が座ります。イベント終了後、二人は直接話し合います。天馬は、翔子が弁護士資格を剥奪された時の事を後悔しているといい、また復活に向け行動すると言いました。

「これ以上暴く必要はないんだ…。」
翔子は、「弁護士は信念を持たなければならない、天馬先生の言葉に影響を受けました。」あの頃も今も先生は自分の道を進み続けてます。

「また一緒に法廷に立てる日を楽しみにしている。」
「私もです!」

翔子が事務所に戻ると聞いてメンバーも色めきいたします。京極も戻ってきて、大峰代表の母親が帝大出身で、天馬と同じゼミでの後輩だった事実を持ってきます。天馬と大峰の母親は二つ違い…、接点があったのではと。

一方海崎にも白鳥から毛髪鑑定が白鳥から持ち込まれていました。翔子が事務所に戻ってきて、裁判を起こすという。

それは翔子が、天馬を相手取るもの。請求額は1円…、

天馬を被告とする訴状が届いた、白鳥が海崎をつれ天馬に報告をしました。

1年前に弁護士資格を失ったことに対する損害賠償…、天馬は訴状を潰しました。

「僕が被告代理人を務めましょうか?」
「万が一天馬先生が負けることがあれば事務所も混乱に陥ることになりますから…。」

「海崎君は僕が負ける可能性があると言いたいのですか?」
「相手は小鳥遊翔子です。大峰と天馬の関係を暴かれることもありえますよ…」と耳打ちしました。天馬は海崎と二人で話そうと提案し白鳥を外そうとするが、白鳥は何か言おうとすると天馬が大声で叫びます。

「いいから出て行け!」

怒りが収まらない天馬と、見下す海崎。

スポンサーリンク

&nbsp

リーガルV第8話の感想

とうとう、翔子が弁護士資格を失った事実が明かされました。自分のことを暴かれそうになり天馬はとうとう、翔子の弁護士資格を復活させると口約束をします。

ただ、翔子がほんとにやりたいのは、事実を明るみにすること。だから1円の訴訟を行ったのですね。現実的には、1円っていうと「ほい」と支払って終わりそうな気もしますが、これはドラマ・・・、金にこだわる翔子が見せた本物の自分が出てきたと言えます。

そして、風刺がすごいなと・・・(笑)「丸山珠美」大臣は、おそらく今の議員さんの丸山珠代さんのオマージュですかね?スンゴイインパクトのある女優さんが演じていることも驚きました。

まとめ

天馬からの差し金で、京極法律事務所自体がピンチに立たされてしまいます。天馬の強引な手腕は、これまで幾度となく現れていましたが、今回とうとう実力行使となりました。

やり方を見ると、やはり翔子の弁護士資格を剥奪するように仕向けたのは天馬・・・。そして、元恋人の海崎も天馬のやり方に絶対的に賛同しているワケではなく下の者を集めてなにか企んでいる様子。

翔子の過去に深くかかわっていると思われる守屋の事件がどんな展開になるのか注目されます。

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ