民衆の敵~世の中おかしくないですか~第6話の感想とネタバレ!犬崎の指示で智子が市長に?!

河原田市長の秘書の望月がまさかの不正に巻き込まれてしまいました。その責任をとり市民にその判断をあおごうと市長選が行われることになります。そんな中、一応犬崎派の智子が市長選に出るように打診をしますが、さすがの智子もまだ議員になったばかり・・・。

前回、子供食堂のことで貸しを作ってしまった手前、智子の判断が気になりますが、まさか市長にうって出るのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

民衆の敵第6話の感想

この章ではネタバレはありませんのでご安心ください。後からの章にネタバレがあります。

犬崎が一枚うわてなのか、智子がしたたかなのかこれから頭が痛くなるような展開が第6話でした。目の前の人を幸せにしたいと思うのはわかるんですが、犬崎の言葉に安易に乗ってしまうのがちょっとノリが良すぎるのかな~と(;^ω^)

想像通り周りをがちがちに固められて身動きが取れないので今後どうなるのかとても気にかかります。

藤堂は、智子のまっすぐに市民のことを考えて行動する姿にやっと自分の行く道を決めることになります。しかし、大事な時期にとった軽率な行動によってもしかすると人生を変えてしまうかもしれないんですよね~しかも最後の写真はイカン!と思いました。

スポンサーリンク

民衆の敵第6話のあらすじ

あおば市議会の汚職事件が発覚し、佐藤智子(篠原涼子)が追及したことで騒ぎとなりマスコミが騒ぎたてる事態となった。疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)に向けられ、秘書の望月守(細田善彦)が自ら命を絶った。

市長がとった行動は、辞職した後、市長選を行い市民に決断を仰ぐこと。選挙での話題は、河原田と対立している犬崎和久(古田新太)派が誰を推薦するかだった。

平田和美(石田ゆり子)が犬崎派である智子に聞くと、智子は裏で犬崎に自分が勧められたとしゃべってしまう。和美は、犬崎の意のままに扱われてしまうと智子に忠告をするも、智子は不穏な空気に断ったことを語る。

市民の陳情を智子は役所にかけあうもまともに受けてもらえず困り果てていた。藤堂(高橋一生)はそれでは市長になってしまえば良いと進言。

犬崎から智子は、福祉課の部長である富田恭一(渡辺いっけい)を紹介され一緒に陳情を受けた人々を周っていた。前田康(大澄健也)が市長への出馬をすると言い出した。

突然のことに、新聞社の和美や、新人議員の小出未亜(前田敦子)らも違和感を感じていた。

富田は智子と周った陳情を適切に処理していくのを見て、智子は感心するが、それは犬崎が智子の出馬をあきらめていないからだと言う

民衆の敵第6話の期待度

30代 女性
前回の、犬崎から智子への市長出馬はあまりにも唐突すぎてびっくりした。智子は確かにまだ勉強不足で知らないことが多いが、市民へのアピール度は他の誰よりも目立つ人だし、異色の経歴を持ち合わせているどちらかと言えば市民に近い存在として犬崎は見込んだんだろうと思う。ただ、そんなまだ議会を知らない人を選ぶことによって犬崎は市長になった智子を裏で操ろうとしているのは見え見え・・・。ここから智子はどういう決断をし、どんな行動をするのか楽しみです。

20代 女性
前回、まさかの市長の秘書もっちーが命を絶ってしまいました。このドラマでは、暗い部分ってないと思ってたのでちょっと驚きましたね(;^ω^)もっちーのことを悲しむ間もないのには確かに違和感がありました。

30代 男性
自分は政治のことだから、もう少しドロドロしていても面白いと思いました。月9のドラマなので軽めなのかもしれないですが、犬崎のような小物感の男ではなく、もっとその先に超大物が潜んでいて糸を引いていて智子がそこを目指しても面白いかもしれない。

民衆の敵第6話のネタバレ

ここからはネタバレです。

智子は、あおば市のキュウリ農家を訪れていた。市会議員に陳情で、あおば市の特産物にしたいと言う。和美は、犬崎から智子への市長選出馬の噂を聞きつけ智子に連絡をする。

智子は、それをあっさり認め、さすがに犬崎の企みはわかるので断ったんだと語ります。

残業をしながら陳情の悩みを藤堂に話すと、市長になればもっと簡単にできるという。犬崎に言われたことを告白しすると藤堂は別段驚くこともなく、いいと思うと答えます。

犬崎派では票読みが始まっていました。現市長の河原田晶子には15.7%、佐藤智子は10.9%の予想。そして圧倒的に多いのは浮動票でした。

藤堂は、デリヘル嬢の莉子と会っている部屋で普段着でいると、兄がやってきます。手には、莉子がその部屋に訪ねている写真と興信所の調査報告書。「こんな大事な時に・・・」兄の怒りは藤堂に向かいます。

藤堂は、莉子は弟のために風俗にいると語りますが、兄はだったらなぜ堂々と付き合わないのか?と問い詰めます。いら立ちを見せる兄、藤堂家の一員として政治家になると決心したからこの街に来たのではないのか?と。兄は莉子の写真を踏みつぶし帰っていきました。

智子は、犬崎の元に呼ばれていた。そこにいたのは福祉課長の富田です。うさんくさいと智子は言いますが、富田が陳情に付き合ってくれるという。富田と智子はキュウリ農家に行き、自転車置き場、そして青空保育園の構想のため公園にも一緒にいきます。

突然、犬崎派の前田康が出馬をすることになり所信表明をしました。和美の新聞社でも新人議員たちも対抗馬としては小物の出現に違和感を隠せません。

犬崎派では、富田の活躍で智子が受けた陳情の数々が形になろうとしていました。すると犬崎は再度智子に市長選に立候補するように打診します。同じ犬崎派の前田が出ていることを指摘するも犬崎は気にするなという。

あの手この手で智子を口説き落とそうとする犬崎にその手にはのらないと言う智子。夜、智子は陳情のノートを見ているとこれまでかかわった人たちの顔が脳裏に浮かびます。

一方市長室では、河原田市長が望月に叱咤しているこを思い出していました。いら立ちを隠せず机をたたき怒りだす市長。

智子は、市長選に打って出ることを決意、そのことは瞬く間にニュースとなり、マスコミは自宅に集まりました。本人から相談もなしに勝手に市長選にでることを知った夫の公平は不満を智子にぶつけます。

その夜、和美も智子の元にやってきて忠告します。智子は、犬崎が自分のことを利用しようとしていることはわかっているがそれなりの覚悟はできていると言い物別れに・・・。

翌日、智子は藤堂を誘い、あおば市を見渡せる場所に行きました。今の世の中は、人と人との接点がなくなってしまった。かつては、協力しあっていたのに今では知らない人とは声をかけあうこともできない。孤独を抱え、助けを求めている人もいる・・・。そんな世の中を変えたい。

帰りのバスの中、赤ちゃんが大声で泣いていました。前にいた中年のサラリーマンが怒りだしバスを止め赤ちゃんを抱いている母親に降りろと言う。いやな雰囲気が流れる中、一人の女子高生が立ち上がり男に立ち向かうと周りの乗客も賛同し、男が降りることに・・・、それを見ていた智子は思わず涙します。

智子が市長選に立候補し、粗削りながらも市民の心をうつ演説で市長選に勝利した。市長室では、新旧の市長の交代がマスコミを迎え行われた時、河原田はそっと智子に「私はあなたの味方だ」と告げます。

市長室では、犬崎派の面々がずらりと入ってきて、次の人事を犬崎が語っていました。副市長には前田、そして秘書として富田が担当するそして主要幹部は全て犬崎派で固めてあります。

和美は、智子に起こった裏事情、犬崎が決まりきった古い政治家2人を戦わせて市民の政治不信を植え付けたうえで智子という新しい候補者をたてたのではないかと記事にします。

デスクは今は出せない記事だと預かりとしますがことはどんどん進んでいきます。市長の定例会見が行われ、気さくな市長智子にマスコミはまだどう対応するか決めかねている様子・・・。ボロがでないように、富田も盤石な状態でしたが、そこに和美が質問に立ちます。

選挙戦を戦った前田が副市長になることを指摘し、智子が犬崎派ということで良いのか?と問いただします。市民をだまして市長になったのでは・・・と。ざわつくマスコミたち・・・。

藤堂は、莉子を高級ディナーに招待していました。莉子は、初めての高級ディナーに無邪気に喜びはしゃぎます。その姿を見て笑顔を見せる藤堂・・・。帰り道もう会えないことを莉子に話すと寂しそうに了承し、一緒に写真を撮ろうと言い出し藤堂は快く受けて写真をとります。

すると別れ際、遠くから莉子が「藤堂誠!」と本名を大声で叫びました。

まとめ

莉子は藤堂にとっては心を開放する女性だと映像を見てもわかりますが、最後にとった写真がなにか悪いことに利用されそうな気がします。犬崎に今は利用されている智子ですが、今後どういう風に犬崎の手から離れていくのか手腕が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です