missデビルの秘書が暗躍?眞子の正体とは?第9話のあらすじとネタバレ感想!

過去のホテル火災になにか関係していそうな雰囲気のミスデビルこと椿眞子(奈々緒)。彼女は共亜火災に来たのは悪い人を排除するためだと斉藤博史(佐藤勝利)に言いました。

第9話では、とうとう椿眞子が正体を明かすようです。

missデビル~人事の悪魔・椿眞子第9話のあらすじとネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/missdevil-nagumo”]

 

missデビル~人事の悪魔・椿眞子第9話のあらすじ

ホテルアックスの火災事故の際、保険金支払いを避けるために共亜火災が偽装工作を働いていた…!!その証拠写真を取り戻すために眞子(菜々緒)の元を訪れていた調査会社の縣(大高洋夫)が、遺体で発見された。縣が眞子に襲いかかって来た場にいた博史(佐藤勝利)は、胸騒ぎを抑えられない。

調査会社の縣(あがた)が過去のホテル火災について何か知っている雰囲気はありましたが、事件に巻き込まれたのか亡くなってしまいました。

ただ、保険事故の場合、縣が保険会社の指示なくして動くことはありえないために、誰か当時の事件に絡んでいる黒幕は間違いなくいるはずです。

当時、担当していた現社長の大沢(船越英一郎)と部下だった伊東(木村佳乃)が何か謎を知っている雰囲気もします。

ただ、目的がイマイチわからない。あれだけ大きなホテルの火災保険(しかも全損っぽい)となると相当な大きなお金が動くことから会社のことを考えたのかとも思えますが、ちょっと動機が薄い。

一方、喜多村(西田敏行)が自分を捨てた父だと知らされた千紘(木村佳乃)は、あまりの衝撃に身動きが取れなくなっていた。

これは、突然すぎて驚きました。

千紘が親のことで悩んでいる感じもありませんでしたので、突然出てきた事実にちょっと違和感が・・・。

前回には、喜多村会長から大沢社長が身を引くように厳しく言われていたのはやはり過去の火災保険の事故が関連しているのかも。

 

スポンサーリンク

 

混乱しそうなので関係とまとめると・・・

・大沢社長と伊東部長は過去に同じ部署に居て恋人同士
・伊東部長と喜多村会長は親子
・大沢と伊東は、ホテルアックスの火災保険を担当
・ホテルアックスの支配人の娘が椿眞子(?)
・斉藤博史の父、修と大沢は古くからの知り合い
・斉藤修はホテル火災に関係(?)
・会長の秘書が何かを知っている(?)

ここまではわかっていますし、眞子がなにか自分の容姿(?)のことで悩んでいる感じもありました。強めのメイクをするのはなにか意味があるのでしょうか。

よくドラマにある、多重人格者なのかな・・・とも思います。

 

そんな中、縣の事件の捜査のため、警察が共亜火災にやってきた。事情聴取を受けることになった大沢(船越英一郎)や喜多村、そして縣から脅迫じみたメールを受け取っていた修(鶴見辰吾)。修と共亜火災をつなぐ“点”である博史も警察から話を聞かれることになり…。

縣は、調査をして報告書を偽造した本人です。すべての内容を把握している可能性があるので、火災保険をうやむやにしようとした張本人が縣を殺したのか、それとも、縣が知った内容で金を誰かに要求していたことが考えられます。

ふと思うと、わかりきった内容を偽造してしまう、黒幕もちょっと間抜けといえば間抜け・・・。

ただ、それだけで椿眞子がアメリカに渡り、「デビル」と呼ばれるほどリストラをして、にっくき共亜火災に戻ってくるのかというとこちらも動機が薄いかんじもしなくともない。

ただ、新人の南雲にしても、大沢の命を狙うほどの火災保険でのうらみを持っていたので、ちょっと共亜火災の運営方針がまずいんじゃ・・・(;^ω^)

眞子の無実を信じつつ、縣が殺害された夜に眞子と会っていたことを警察に話してしまう博史。一方眞子は、自分の正体を知った喜多村に共亜火災に来た“目的”を告白する。そして遂に警察から呼び出された眞子と博史。その場で眞子は思いがけない証言をするのだが…。

博史も最初こそは、眞子を怖がり怯えていましたが、行動を共にするようになってから心を開いた部分もあります。

眞子がなぜ斉藤にこだわるのか・・・。

それは、やはり父親の存在を監視するためではないかと思います。

 

[clink url=”https://doramemo.com/missdevil6-arasuji”]

 

missデビル~人事の悪魔・椿眞子第9話のネタバレ感想

第9話では、調査会社の縣が殺されてしまい、直前まで一緒にいた人事ラボの椿眞子と斉藤が疑われることになりました。前回にはハイキックでぶちのめしたシーンがありましたので、あわや・・・と思いましたが、結局は、秘書の本橋みずきが自首するという展開。

縣の件では、刑事がいろんな人に会いに行ったために、なにか触れてはいけないものまで出てきそうな予感です。

斉藤の父、修が社長の大沢と大学時代に山岳部で一緒だったというつながりがわかりましたが、ストーリーでなんとなく怪し気な父修ではなく、第9話では斉藤の母親が異常なほど怯えていました。

椿眞子が前回博史に言った「危機が迫っている、あなたの家族にも・・・」ということがこういう意味だったのかと思いました。

修が関わっているのではなく母親が関わっている。

縣に、「この件から手を引け」と脅迫状を送ったのが斉藤の母親です。

眞子の正体は、やはり16年前のホテルアックスの支配人の娘「キトウマイコ」で、当時の担当部長だった大沢が偽装工作をしたととうとう認めました。

第9話では、並行して進んでいる話がたくさんありすぎて、ちょっと解りづらくどう落ち着くのか混沌としたラストでした。

まとめ

最終回のために、第9話でわかった内容をまとめておきます。

・椿眞子は16年前のホテルアックスのキトウ支配人の娘だった
・ホテルアックスの火災事故の偽装工作を大沢がしていた
・縣に脅迫状を送っていたのは斉藤の母親
・喜多村会長と伊東部長の関係を密告したのは会長秘書
・喜多村会長突然絶命?
・縣を殺したのは、大沢の秘書の本橋みずき
・喜多村会長と大沢の関係は悪くない

なんだか、情報が多すぎてこれが最後にまとまるのか不思議です。

あれだけ怖がっていた人事ラボのみんなも椿眞子には「愛」があるって、言い出してちょっと違和感がありました。ほとんど室長室に籠ってる眞子のことをどれだけ知っているのか・・・。

結局、博史の家族はどっぷりとアックスの火災事故に関わっていたということになりますね。

火災保険がでない、のではなく最初から火災がもしかすると仕組まれたものなのか、そんな結果かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です