missデビルの黒幕は喜多村会長?最終回(第10話)予想とあらすじも!

前回は、椿眞子(奈々緒)の過去が暴かれました。縣という調査会社をしていた男が亡くなり、直前まで一緒にいた眞子が怪しまれ取り調べを受けるという展開でしたが、なんと真犯人は共亜火災の秘書の女性・・・。

社長の大沢がニューヨークに発つ前に慌てて眞子が引き留めました。

しかも、博史の母親までなにか関与している様相を呈してきたmissデビル・・・。一体だれが何のために仕組んだことなのか・・・。

missデビル~人事部の悪魔・椿眞子~最終話のあらすじと黒幕の予想です。

 

[clink url=”https://doramemo.com/missdevil3-kanso”]

 

スポンサーリンク

 

大沢(船越英一郎)が、ホテルアックスの火災事故で偽装を働いていたことを認めた。偽装の証拠を示す写真と引き換えに父の行方を教えるよう、渡米目前の大沢に持ちかける眞子(菜々緒)。

ホテルアックスの火災事故に関しては、社長の大沢もなにかしら後ろめたさを感じているようで、何度となく斧ケ崎という絶壁の上にある石碑に行っていましたね。

大沢社長が花を手向けている姿がありましたので、事故なのか、保険会社がどっぷり絡んでいるのか気になるところです。

大沢は、16年前に縣(大高洋夫)が眞子の父を殺し、ホテルの跡地に埋めたと眞子に告げる。博史(佐藤勝利)は眞子と共に指定された場所で遺体を探すが、眞子の父は見つからない。

眞子の本名はキトウマイコということは前回明かされました。16年前当時のホテルアックスの支配人がキトウという名前だったので、ここで親子関係が分かったのです。

残る謎は、大沢の秘書の本橋みずきが縣の殺人を認めて自首をしたことから、会社がどっぷりと16年前の事件にクビを突っ込んでいるっぽい。大沢と伊東だけではなく、今現在の会社ぐるみということも考えられます。

斉藤博史の父の修は大沢と大学時代に接点がありましたが、母の聡子が縣に「手を引け」と脅迫状を送っていたと前回ありましたので、縣が亡くなったことに少しばかり関係しているのかもしれません。

元々、母に関しては、ここまで誰もノーチェックだったので急浮上に驚きました。

喜多村(西田敏行)は意識を取り戻したが、共亜火災では退職者が続出し混乱が続いていた。投資会社・グッドマンキャピタルの曽我部(堀部圭亮)が共亜火災に出資を申し出るが、眞子は曽我部が信用ならない相手だと千紘(木村佳乃)に助言。そんな中、喜多村が母と別れた経緯を知った千紘は父と和解するが、ホテルアックスの事件が週刊誌にすっぱ抜かれ…!

前回のラストに、喜多村会長が倒れました。伊東千紘の父だということが判明し、千紘もまだそのことが整理できていない様子。この話を聞き出したのは大沢で、会長の秘書、柴崎が大沢に無理やり迫られ白状したのです。

元々、眞子が共亜火災に引っ張られたのも、会社ののんびりした体質を叩きなおすためでしたので、会社の経営状態は随分悪い状態だったのですね。
身売りの話まで出てきてしまいます。

修(鶴見慎吾)から大沢との関係を聞かされる博史。大沢が自らホテルアックスの件を雑誌にリークしたことを見抜く眞子。会社を危機に追いやってでも、ホテルアックス事件の“真相”を公表するべきかどうか悩む千紘。それぞれの思いを胸に喜多村の元を訪れた3人を、最後の試練が待ち受けていた!

修と大沢の本当の関係と博史の母は何を知っているのでしょう。

黒幕は誰か予想!

さて、黒幕ですが、やはり一番過去の問題に関与しているのは大沢社長だと思います。当時火災新種課の部長だった大沢ですので、縣に指示を出す立場ですし、当時の現場の責任者でもありました。

これまで、喜多村会長と伊東千紘の秘密を無理やり聞き出したのも大沢です。

ニューヨークに出張は、「逃亡」だったので眞子は必死になって、警察から釈放後に大沢を引き留めに行ったと思います。

黒幕は大沢予想ですが、実はひとりだけではなく博史の父の修(もしくは母)が間接的に関わっていると予想します。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/missdevi9-arasuji”]

 

まとめ

ここまでを見ると、大沢社長が真っ黒の黒幕っぽいですが、大沢がアックスの事件をあえてリークしたとなれば、大沢には火の粉が飛ばない程度の関係者だったのでしょう。

亡くなった縣にすべてを擦り付けているのか、大沢の秘書が動くとなると、大沢自身が縣から脅迫されていた可能性も残されています。

 

[clink url=”https://doramemo.com/missdevil7-hakamada”]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です