menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

モンテクリスト伯稲森いずみの子供は生きている?第4話の感想とネタバレ!

 

モンテクリスト真海(ディーンフジオカ)が町に戻ってきたことで、それぞれの家庭にほころびが出始めました。元々は欲や金で繋がってできている人たちなので、真海が探せばあらがたくさん出てくるわけです。

その中でも、一番最初に崩れてしまったのが、神楽木エステートの社長、神楽木の家庭です。

モンテクリスト伯の第5話の感想とネタバレ、そして稲森いずみの子供との関係も調査しました。

 

スポンサーリンク

 

モンテクリスト伯第5話の感想

エグイ・・・エグすぎるラストでしたね・・・。

真海が留美に紹介した青年実業家の安堂完治(葉山奨之)と結ばれるというラストでした。

なにがエグイって、この男はおそらく留美の実の息子で、お互いそのことは知りません。真海がすべてを知っていて引き合わせ、留美と神楽木を大きく揺さぶった後で自然に恋に落ちるように仕組んだもの。

う~~ん。留美は、前回もマンションの別室に男を連れ込んでいたのですが、男関係が派手すぎる・・・。

そろそろ落ち着けばいいのに~と思いながら見ていました。

前回、入間公平(高橋克典)と神楽木留美(稲森いずみ)がかつて、愛人同士で、今モンテクリスト真海が住んでいるお屋敷で留美が子供を産み捨て、生きたまま入間が庭のマリア像の下に埋めたことがわかりました。

真海の秘書土屋が、元空き巣でこの家に押し込み、たまたまその現場に出くわしていたんです。空き巣だった土屋が、赤ちゃんを掘り起こして電話ボックスに放置しました。

 

 

留美は、元ホステスだったという過去がありましたが、最初から水商売をしていたわけでもありません。

 

■ドラマ博士のひとことポイント

 
留美の人生の時系列
では・・・

入間の愛人

入間との子供を産むが入間に連れていかれ埋められる

入間の本妻に子供ができる

ショックでホステスになる

政治家の口利きで神楽木の妻となる

 

神楽木は、自分の欲のために政治家の言う通りにホステスを嫁にもらったために、もちろん愛情はゼロ。その愛情がないのがストレスで留美は毎夜、別な男と寝るのですが、そのことも神楽木の知るところだったのです。

ただね・・・この留美という女性は、強そうで弱くてぬるいところが自分の人生をボロボロにしているんですよね。

モンテクリスト真海が、留美について調べあげたことを語るシーンがありましたが、留美は愛する入間との間に子供が欲しかったんだろう~と言ってましたが、もし同時期に本妻がいるのならやっぱり子供を無理に産んだって自分や産んだ子供もかわいそうですしね。

それなりの覚悟があって妊娠して子供を産む決心をしたのかがわからない。

入間も赤ちゃんを段ボールに入れて埋めるなんてことはもう鬼畜としか言いようがないので、どっちもどっちなんですが、それでも良い大人がどうにもできなかったのか・・・とちょっとイラっとします。

ま・・・こういった悪いエピソードがないと、真海がただの復讐鬼となってしまうので、やられる人間も最大限にツッコみどころのある人間像となっているのでしょう。

安堂完治(葉山奨之)は、実は裏のあるヤバイ人間。

青年実業家なんて嘘っぱちでおそらく借金まみれの生活をおくっています。

ただ、ドラマ内では、子供のころ施設で育って不自由な生活をしていたと留美に語ったことから入間が埋めた子供に間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

モンテクリスト伯第4話のネタバレ

ある土地開発のプロジェクトに神楽木が絡んでいました。政治家の木島とのパイプを利用して有利に進めようとする。ただ、木島は他にも不動産業者が動いていることを伝え、神楽木にライバルがいることを語りました。

真海は、留美に接触、自分が融資しアパレルブランドを立ち上げようとしている青年実業家の安堂完治を紹介し、不動産のことで相談に乗ってあげて欲しいと頼みます。

見るからに、好青年の安堂に留美は良い印象を持ち夫に口をきくことを約束する。

南条家にも、真海がある仕掛けをします。

それは、神楽木が狙っている土地のライバル会社のCMを好感度の高い南条夫妻(大倉忠義)が出演させるというもの。

裏で手を回して、まずは南条にCM出演をとりつけ、神楽木の愚痴を聞き出した後、南条が香港で芸能活動をしていた時に裏社会とつながりがあったらしいという情報をそっと耳打ちする。

入間家でも、娘の未蘭(岸井ゆきの)の縁談が持ち上がっていました。大学院生になったばかりの未蘭に公平は、政略結婚をさせようとしていたのです。

未蘭は祖父で介護状態の入間貞吉(伊武雅刀)に助けを求めますが、意志の疎通もできない状態・・・。

未蘭は、自分が研究している海洋生物のために、鮮魚売り場で探し物をしていると仕事をしている男にぶつかられ水浸しになりました。それを偶然見ていた守尾信一朗(高杉宇宙)が、守尾漁業のパーカーを手渡します。

世間話をしていると未蘭の目から涙が流れ落ち、信一朗は、守尾漁業のパーカーを着ていると幸運があると慰めました。

未蘭が家に帰ると、貞吉の元には弁護士が来ていて遺言書の話をしたいと言う。30億ある遺産は、家族で分配するが、もし未蘭を今の相手と結婚させた場合には、遺産は全て寄付をするとのこと。

公平は、意志もままならない貞吉にそんなことができるはずがないと怒りますが、弁護士が持ち込んだ、視線で言葉を交わす機械を利用したもので、公平にも遺産か結婚かどちらかを選べと迫りました。

一方、情事が終わった留美は、男がスマホでやっているビットコインに興味を持っていました。真海とつながっている江田愛利(桜井ユキ)が男たちに金を払い、ビットコインを留美にけしかけていたのです。

1夜にして5倍・・・そう聞くと留美もやり方を聞き、1000万神楽木の口座から引き出してコインを購入。しかし、そのコインは真海が持っていもので、留美が購入した直後に売り浴びせを掛け、留美は300万の損害を出してしまいます。

困った留美は、昔の恋人、公平にすがり300万円を調達。

自分の口座から、仮装通貨に出金があったのを不審に思った神楽木は留美に問いただすと、留美はすぐに返すと言いますが、その調達した現場も神楽木の部下が確認していました。

しかも、毎夜男を連れ込んでいることもすべて知っていたのです。

愛のない言葉に留美はいたたまれなくなり、家を飛び出し安堂に持っていた300万円を手渡します。受け取れないと言っていた安堂でしたが、その後、留美の悲し気な雰囲気を察知し、ふたりは結ばれます。

 

 

モンテクリスト伯の動画を無料で観る方法

これからラストに向けて盛り上がりを見せるモンテクリスト伯のお話しを無料で観る方法があります。

それは、モンテクリスト伯を作っている「フジテレビ」が作っているFODという動画サイトです。

・昼顔
・リッチマン・プアウーマン
・コンフィデンスマンJP
・モンテクリスト伯
・いつまでも白い羽根
・コードブルー
・隣の家族は青く見える
・海月姫

登録はカンタン!1~2分でできます!

 

無料期間内に解約をすれば、料金は発生しません!

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

特徴
・フジテレビの動画が豊富で独占タイトルが5,000本以上
・FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題
・15万冊以上のコミックがある(いつもなんらかの無料コミックが用意されている)
・ポイントがあり、最大1200ポイント貯めれるのでそれを利用して無料動画やコミックを買える

 

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

まとめ

悪いことを考える人は、その後の人生でも人には言えないことをやっているということでしょうか・・・。暖を貶めた3人、入間・神楽木・南条の家庭はそれこそ今にも壊れそうな砂の城だったんですね。

しかし、4話で良いことをしたように見える入間貞吉がそもそも、テロ組織に資金提供する手紙を受け取る予定だったことから、一番悪い人間は貞吉じゃね?とふと思うんです。

入間公平も貞吉のおかげで大変な苦労をして今の地位まで登ったと1話では言っていましたので、遠回しに言うと貞吉が一番の出発点なんです。

ただ、神楽木のような欲だけの人や、元々すみれに惚れていた南条がそばにいるので、暖がなんらかの事件に巻き込まれる可能性は高かったとは思います。

これから、どう攻められていくのか楽しみです。

 

 

モンテクリスト伯全話の感想とネタバレはこちら

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

冬ドラマ(2019)主題歌一覧表

2019 冬ドラマおすすめはコチラ

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!