menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

モンテクリスト伯の第5話あらすじとネタバレ感想!埋められた子供の母への復讐方法がエグイ!

 

モンテクリスト真海(ディーンフジオカ)の復讐劇も本格的になってきた前回。前回は、神楽の妻(入間の過去の愛人)留美(稲森いずみ)をおとしいれるものでした。

当の留美はまだ気づいていませんが、それはそれはエグイ復讐方法で、自業自得とはいえちょっとかわいそうになるほど、ディーン様の憎しみは深いものだと言えます。

モンテクリスト伯第5話のあらすじ、ネタバレ感想埋められた子供と母親への復讐方法です。

 

スポンサーリンク

 

 

モンテクリスト伯~華麗なる復讐~第5話のあらすじ

実の母子に肉体関係を持たせる…。モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手は神楽清(新井浩文)の妻、留美(稲森 いずみ)を彼女が不倫の果てに産んだ安藤 完治(葉山 奨之)と結びつけた。

このドラマのキャッチコピーが「それは、震えるほど美しい復讐劇」とあるのですが、埋められた子供と産んだ母という二人を結びつけるってかなりエグイ復讐です。

埋められた子供は、自分の生い立ちすらわからず、施設で育ったと前回、留美に告白していました。留美とすれば、身から出た錆と言えなくもありませんが、それにしてもディーンさまらしからぬえげつない復讐方法です。

すでに留美は、精神を病んでる風でしたので、間違いなく壊れることでしょう。

真海の次なる一手は、入間 公平(高橋 克典)に向けられる。真海は外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口文矢(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は入間が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だ。日本に帰れたことを喜ぶ出口に、真海は頼みがあると持ちかける。

入間家の未蘭という前妻の子供をなんとかして結婚をさせたい入間公平でしたが、前回は、介護状態の貞吉によっていったんは縁談を破棄するかのように見えたのです。

それは入間の父、貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいというものだった。驚く出口に真海は冗談だと告げるが、入間家は貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

さすがに5兆円もの財産を持つモンテクリスト真海ですので、いろんな人との面識ができてきますね。

直接、殺し屋を雇ってもいいくらいですが、ジワジワと追い詰めて破滅にさせるというのがこのお話しのキモですので、陰謀や金がらみで締めあげていくのでしょう。

ただ、あまり美しくはないような気もします。

一方、未蘭は『富永水産』に頼んでおいたダボハゼを取りに行く。守尾 信一朗(高杉 真宙)からダボハゼを渡された未蘭の顔が輝いた。ランチに出ると未蘭は貞吉の反対で結婚がなくなったことを信一朗に話す。信一朗と未蘭の未来に明るい陽が差し込んだかに思えたが…。

少しネタバレになりますが、水産の研究をしている未蘭と守尾信一朗が前回、魚屋で出会いました。ドロドロとした人間関係渦巻く中で、唯一爽やかカップルです。

未蘭の家では、後妻とその息子がいてやはり不穏な動きをしていますが、このカップルだけは結ばれてほしい。

 

スポンサーリンク

 

未蘭が帰宅すると出口が来ていた。入間は出口に貞吉の遺言書の件を話す。未蘭が出口と結婚したら遺産は全て寄付するというものだ。入間はそれでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頼む。

入間公平はすでに、貞吉の言うことなどあまり重く考えていないし、それほど長くないと思っているのでしょう。未蘭の婚約者の出口をもう少し待たせておいて、相続した後にまた縁談を勧めることもできるワケです。

なんとか一時しのぎをした未蘭ですが、入間の家に居る限り、陰謀には巻き込まれることになりそうです。

出口は真海に成り行きを報告。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。逡巡する出口に真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。

人は金に目がくらむとなんでもしてしまうという心理をうまく引き出していますね。エグイ復讐よりも、こういった心理戦のような復讐がディーンには似合っていると思います。

 

 

 

モンテクリスト伯第5話の感想とネタバレ

第5話を観ていてふと思ったのが、CMが短い・・・ような気がしました。モンテクリスト伯はストーリーの関係上、どうしても最初は厳しいシーンがあるので、視聴率も第1話5.1%、第2話5.7%と今季のドラマの中では低迷していました。

第5話は5.3%とテレビ東京をのぞけば今のところ最下位・・・、大苦戦なんですよね。

テレビ東京の「執事 西園寺の名推理 」よりも低い水準なので、CMが短いのはスポンサーなどの大人の事情が絡んでいるのではないかとちょっと感じました。

ストーリーは、第5話になってきて面白くなってきたと思うんですが、やはり最初のエグイシーンとかで離脱した人もいるんじゃないかな。

5話のすみれとモンテクリスト真海(暖)がとうとう1対1で語り合うシーンは、胸が熱くなりました。

モンテクリスト真海となってから、感情がなくなってしまったのか、復讐の鬼となり表情ひとつ変えなかった真海が、過去の結婚相手を前にして、明らかに動揺しているのがわかりキュンとします。

すみれも、おそらく再会してからずっと暖だとわかっていたような気配で、寝言でうなされるほど気にかかっています。

ずっと、真海がすみれだけを避けていたのに、愛梨(桜井ユキ)が真海をだまして再会させたのです。

すみれが真海にこれまでに結婚を考えたことはないのかと尋ね、真海は、一度だけ結婚を考えた女性がいたが自分が長い旅をしている間に他の人の妻になっていたと言います。

「真海さんはその女性を恨んでいますか?」

「その女性はもう死んでしまったのだと・・・」

「真海さんは、今幸せですか?」

「ええ・・・とっても」

「良かったです、真海さんが幸せに生きていて本当によかったです」

「さようなら、お元気で・・・」

お互い、相手が元愛していた人(たぶん今でも)とわかっていながら、お互いの立場が変わってしまったので言い出すことができない。もどかしいけれどもこうするしかなかったのですね。

どう見ても今の真海には、すみれへの気持ちが残っているのがわかります。

第3話くらいまでの、辛い部分を飛ばしてでもこの部分は見ることをおすすめします。苦悩して色気がダダ漏れのディーン様が見れますよ。

あと、ストーリーの補完をしておきます。
・未蘭の婚約者の外務省の出口を真海が日本に呼び戻す
・真海は出口に入間貞吉の財産のことを語り貞吉を殺すように言う
・貞吉の遺言は、出口と未蘭を結婚させたら財産は寄付することになっている
・入間に真海は、出口が横領をしている事実を語る
・真海は入間公平夫妻を自宅に招く
・愛梨が勝手にすみれも招待する
・入間家では、未蘭と出口がふたりで食事
・ダボハゼを信一朗が未蘭に持ってくる
・未蘭が貞吉の部屋で出口が死んでいるのを見つける
・入間は懇意にしている医者に内密にするように依頼
・毒殺は13年前の入間の妻の時の手口と同じ
・貞吉が犯人と思われていたが瑛梨奈が真犯人

5話はこんな感じです。

もちろん、神楽留美と安堂完治のエグイ関係も始まりました。

つまり、留美にとっては奈落の底の入口に足をかけたことになります。前回の感想でも言いましたが、留美ももうちょっと年齢を考えて節操を持てばこんなことになならなかったのに・・・とちょっと浅はかさに驚きました。

 

 

モンテクリスト伯の動画を無料で観る方法

これからラストに向けて盛り上がりを見せるモンテクリスト伯のお話しを無料で観る方法があります。

それは、モンテクリスト伯を作っている「フジテレビ」が作っているFODという動画サイトです。

・昼顔
・リッチマン・プアウーマン
・コンフィデンスマンJP
・モンテクリスト伯
・いつまでも白い羽根
・コードブルー
・隣の家族は青く見える
・海月姫

↓今すぐお得に動画を見るなら↓無料期間中に解約をすれば、料金は発生しません。

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

無料期間内に解約をすれば、料金は発生しません!

特徴
・フジテレビの動画が豊富で独占タイトルが5,000本以上
・FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題
・15万冊以上のコミックがある(いつもなんらかの無料コミックが用意されている)
・ポイントがあり、最大1200ポイント貯めれるのでそれを利用して無料動画やコミックを買える

 

↓今すぐお得に動画を見るなら↓無料期間中に解約をすれば、料金は発生しません。

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

モンテクリスト伯全話の感想とネタバレはこちら

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ