menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

モンテクリスト伯の復讐方法はすみれにも?第7話のあらすじネタバレ感想!

 

モンテクリスト真海と名を替えかつて自分を陥れた人間たちに非情な復讐を仕掛ける「モンテクリスト伯」。ここまでは小さな種をまきながらジワジワと自らの悪行に対する恐怖を味わせていきます。

チンピラの寺門が前回命を落としましたが、今回は、自分の結婚相手のすみれを奪った南条幸男(大倉忠義)。いったいどんな復讐方法をとるのか、原作から予想をしてみます。

モンテクリスト伯第7話のあらすじとネタバレ感想と、かつての恋人すみれも巻き添えになるのか迫ってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

モンテクリスト伯第7話のあらすじ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)は自分を貶めた寺角 類(渋川 清彦)をこの世から抹殺する。そして、真海が復讐のために放った南条幸男(大倉忠義)に向けた矢も、ついに的を射ようとしていた。

真海を含む神楽、南条、寺角の3人は元々地元で知り合いでした。神楽の先輩の寺角は、昔から怠慢な性格で金に困り詐欺や恐喝で刑務所に入っていたこともあります。

そのことを知って、神楽は金で寺角を雇い、真海の家に押し入らせ、南条幸男に関する過去のヤバイ資料の内容を写真で撮ってくるように依頼をしました。

寺角が相棒に選んだのは、安堂完治。

安堂も借金まみれでやむなく押し入るんですが、その場に現れたのは留美でした。真海から安堂が自分の産み落とした息子だと知り、犯罪をさせないようにしたのです。

そこで、なぜか寺角が留美に乱暴をしようとして安堂が近くにあった、暖炉のマキをくべる棒で殺害してしまいました。留美は庭に埋めると言い、遺体を運び二人で埋めたのです。

寺角が息のあるところに真海が出てきて自分の名を明かした上で土をかける姿にはゾッとしました。

 

幸男の家に、裏組織のダニー・ウォン(葉山豪)とサム・ユンロン(ジョン・リ)が押し入り、何も知らないすみれ(山本美月)と明日花(鎌田英怜奈)を人質にとられる。かつて幸男も片棒を担いだショーン・リー(ジョー ナカムラ)事件の目撃者が香港警察と接触することになったとダニー。目撃者はショーン夫婦の娘、エデルヴァ。エデルヴァはダニーたちが人身売買で売り飛ばしたのだが、日本語を話す男が買い取った。

「日本語を話す男」が意味深ですね。

ネタバレとなりますので正体は伏せておきますが、南条は売れない時代にある組織の手伝いをして、自分が世話になったショーンリーの一家を陥れていたんです。

そのことを調べて知った真海が、前回、新聞社にそのことを書かせたために、あわただしく裏の組織が幸男に接触し始めたのです。

ダニーは幸男が誰かに狙われているのだろうと、その男を探し出すよう命令する。家を飛び出した幸男は江田 愛梨(桜井 ユキ)に予定のキャンセルを連絡、さらに神楽清(新井浩文)に電話するのだがつかまらない。

神楽も、自分の仕事のライバル会社のCMに好感度の良い幸男一家が出ることになり幸男の過去を洗っていました。

その頃、神楽は訪ねてきた真海と会っていた。真海は留美(稲森 いずみ)に引き合わせた安堂 完治(葉山 奨之)が詐欺師だったと神楽に謝る。そして、間もなく幸男がショーンの事件に関与していたことを香港警察が知ることになるとも教えた。

真海は全部自分で計画したことですが、神楽を畳み込んでいますね。

神楽は、ある大物政治家からの口添えで留美と結婚をしているので全く愛情もないし、留美が元々入間の愛人だったことも知っています。ただ、知らないのは、安堂が留美の本当の息子だったということ。

これを知ったら、神楽はどうなるのでしょうか・・・。

愛情がまったくない夫婦なので、さして変わりはないのでしょうが・・・。

寺門の遺体は匿名の通報で警察が発見される。寺門が浜浦町の出身で、15年前に暖が捕まった時の関係者だと国見悠馬(森岡龍)は入間 公平(高橋 克典)に報告。入間は、ラデル共和国から死亡報告が届いている暖を調べ始めた。

やっと入間が真海の怪しさに気づきましたね。ただ、入間にはもっとヤバイ人がそばにいることをまだ知りません。後妻の瑛梨奈は、毒を操るいわゆる「毒婦」です。

元々、未蘭の家庭教師として入間家に入り込み、妻を毒殺した上で入間の後妻になりました。

未蘭の婚約者の外務省の出口が亡くなったのも、この瑛梨奈が毒を盛ったから。少しずつ化けの皮がはがれてきましたが、これも真海が瑛梨奈がどういう人間か知っていて、入間家をつついた結果です。

 

スポンサーリンク

 

 

それぞれへの復讐方法とは

原作でも3人の家庭に主人公が復讐をすることになっていますが、どんなやり方なのかそして元恋人で今は復讐相手の妻であるすみれはそのターゲットになるのか調べてみました。

神楽清(新井浩文)への復讐方法

原作:会計士のダングラール

融資をした先が破産した上に、持っている公債も主人公に嘘の情報をつかまされて売却。

銀行の経営が傾きつつある中、自分の娘とアンドレア(フェルナンの息子)を結婚させて結納金をアテにするものの失敗。娘に捨てられ最後にモンテクリスト伯が預金を引きだしたことで不渡りをだし家族を捨てて夜逃げ。

その後、なんとか現金を手に入れるもモンテクリスト伯の命令でルイジ・ヴァンバの一味に拉致され、金を巻き上げられて餓死寸前までになる。

モンテクリスト伯の正体を知り放心状態となる。

 

ドラマでは、家族構成が違いますし神楽には子供がいません。なので、原作の子供のくだりはないですが、ヴァンパはすでに登場してきましたので、最後は拉致はあり得ると思います。

 

南条幸男(大倉忠義)への復讐方法

原作:フェルナン・モンデゴ (モルセール伯爵)

かつての極悪非道な行動をモンテクリスト伯爵が新聞に書かせて、貴族院でエデが証言したことから失脚。
息子のアルベールがモンテクリスト伯爵との決闘を辞退したので、自分が決闘を言うもモンテクリスト伯爵の正体を知って逃げる。

 

ドラマでは、すでに新聞には香港時代の悪行を書かれ、当時の組織に追われることになりました。

 

入間公平(高橋克典)への復讐方法

原作:ジェラール・ド・ヴィルフォール

妻エロイーズが家で連続殺人をおこし、夫に叱咤された妻は息子のエドゥワールと心中。その後、かつて自分が起こした嬰児の殺害未遂事件をベネディット(自分の息子)によって暴露されて失脚

モンテクリスト伯爵から正体を聞き発狂

 

ドラマの入間家では、すでに妻が毒を使って次々と人の命を奪っています。そして、自分が埋めたはずの子供、安堂完治が生きている設定ですので最後は、公安の入間にはこの話は致命傷となるでしょう。

すみれへの復讐はあるのか?

原作:メルセデス

モンテクリスト伯爵から、かつてのフェルナンの悪行を聞かされ息子に決闘を辞めるように説得し、夫を捨て息子と故郷に戻る

 

ドラマでは、すみれもまた幸男が過去に行ったことで拉致されていますので、直接的ではないにしろ間接的に主人公から復讐を受けていることになります。

 

モンテクリスト伯第7話のネタバレと感想

このドラマは後半に面白くなってくるストーリーですね。

南条がとうとう自分で命を絶ちますが、復讐をしている真海にしても苦悩が深くなってきます。復讐はなにも生み出さないんだな・・・とディーンフジオカのうかない表情を見るとそう思える第7話。

私の正直な感想としては、「面白い」半分、「気持ち悪い」半分です。

とにかく、ここ見せる?っているシーンが出てきて、ちょっと目をそむける部分もありました。

・寺角類の掘り起こされた遺体
・愛梨の(売られた後)過去の話
・幸男が自宅で首を吊る瞬間
・入間瑛梨奈が毒を持ち貞吉に殺しを告白してお前もな~みたいなシーン

これまで、留美の出産直後シーンとか、本物の赤ちゃんの血まみれシーン、魚の内臓を真海が握るところとか、ウエーっとケーキを吐くところとか・・・

あ・・・面白いな~と話しに夢中になろうとすると、こんなシーンがでてきてなんか不快になるんですよね。

後味が悪いというのが感想です。

出演者、物語りなど悪くないし、もう少し見せ方がよかったら面白いのに。

直接見せるんじゃなくて、地上波なんだから視聴者が「想像できる」という表現にしてもらった方がいいんじゃないかな。

最後の幸男がクビを吊る瞬間っている?

足がぶらーんってなってるだけでも、「ウッ」てくる私にはキツかった。

「足ぶらーん」「遺書」「誰もいない庭に風が吹いてる」

こんなのでいいわ~~。

なので、夜観るとちょっと気分が重くなるので昼に見ます。

ネタバレに戻りましょう。

神楽や入間も真海が紫門暖だということに気づきました。

入間は公安の刑事部長なので、寺角の事件をきっかけに、真海をまたもや陥れようとしています。

第7話は、南条家の崩壊が描かれました。

世間から見ると、だれもがうらやむ素敵な家族・・・、真海が動かなければ壊れることはなかったのですが、後のない幸男は自分の命でしかすみれと娘を守れなかったのです。

ま・・・幸男は因果応報、過去にホコリがありすぎてよく今まで何事もなくやってきたな~という印象です。

すみれが真海に南条を助けるように乗り込んでいき、直接会って話すのですが、やはり再会したその時に暖だとわかったと言います。

「あなたを待てなかった私が悪かった」

涙ながらに言うのですが、暖がいなくなってからの顛末は本当に可愛そう。

すみれは暖が捕まってから、暖のお母さんにずっと寄り添っていたのですがお母さんは世間から迫害を受けるので、あえてすみれとは距離を置こうとしていました。

そうしているうちにお母さんが亡くなり、すみれがお葬式をした後に自分も自殺しようとしているところに幸男がきて手を差し伸べたのです。

しかし・・・、真海が事実を語ると、すみれは南条と別れると言い出します。

全てを失った南条は、秘書の江田愛梨に遺書を書けと言われます。この愛梨は、ショーンの娘で、幸男が裏切ったことで、売り飛ばされてしまった女性。

南条は愛する妻と子供を守るために、遺書を書き家で自殺をしてしまいました。

■ドラマ博士のお得情報!


モンテクリスト伯~美しき復讐~を見逃してしまった時にお得に観る方法

モンテクリスト伯を作っているフジテレビが運営している動画サイトFOD(フジテレビオンでマンド)がお得に利用できます!

FODには、ドラマや過去の名作が5000本以上もあり、新作も豊富ですし、漫画や無料雑誌も100種類以上あるのでお得です!

・昼顔
・リッチマン・プアウーマン
・シグナル~長期未解決事件捜査班~
・コンフィデンスマンJP
・いつまでも白い羽根
・コードブルー
・隣の家族は青く見える
などなど

 毎月最大1300ポイント付与されるので、1話300円のモンテクリスト伯もポイントを使って観れますし、原作の漫画もポイントを使って読めます。

 

↓FODプレミアムをまずは無料でお試し!↓
 

 

無料期間内に解約をすれば、料金は発生しません。

※「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 

 

 

まとめ

若干現代風にアレンジしてありますので、設定などは変わっている部分もありますが、復讐方法はほぼ同じような形となっています。復讐を受ける南条、神楽、入間は、暖を陥れてからも汚い手を使ったり、罪を犯したりしながら今の地位を築きました。

因果応報という言葉がこの3人にはピッタリの言葉なのですが、原作を見ると、この3人も主人公を陥れいれた後にまっとうな生き方をしていればここまで悲惨な最後を迎えなくて済んだでしょう。

ストーリーとしては面白い最後になっていますのでこれから目が離せません。

 

モンテクリスト伯全話の感想とネタバレはこちら

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

冬ドラマ(2019)主題歌一覧表

2019 冬ドラマおすすめはコチラ

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!