奥様は、取り扱い注意の最終回は?勇輝(西島秀俊)の正体は悪役なのか 

「奥さまは取り扱い注意」の最終回を前に9話では、かなり菜美(綾瀬はるか)のまわりがあわただしくなってきました。その中でもこのドラマに出てくる優しい菜美の旦那様の勇輝(西島秀俊)の正体については、いろんな説が飛び交っていましたね。

菜美が元特殊工作員だったので、それを見張る公安ではないかとか、同じようなスパイではないかとかいろんな憶測が飛び、また、勇輝(西島)が菜美についているウソも徐々に暴かれてきて、今では菜美もすでに信用はしていません。

ただ、今回の9話では勇輝(西島)が何者かに監視されているような部分も出てきてさらに自宅の菜美を勇輝が監視している姿もあり、お話しがややこしくなってきました。

スポンサーリンク

勇輝(西島秀俊)の正体とは?

9話で勇輝(西島秀俊)が会社の新規プロジェクトでドイツに行かないといけないと言い出しました。菜美(綾瀬はるか)にも一緒についてきてほしいと言うのですが、それはおそらくウソ。

勇輝の心の声が流れていました。ドイツの話を菜美が承諾した時のこと、一緒にドイツ語を勉強しようと表面上はお互いとても良い雰囲気なのですが・・・

「彼女の言葉を信じていいのだろうか?本当は今何を考えているのだろうか?」

そして、菜美が徐々に勇輝のことを疑いはじめ、菜美がクリーニング店の過去の同僚に勇輝の身辺調査をさせていることも知っています。なので、そのお店に乗り込んで、同僚になにも問題なくカタギの人間だとウソの報告をさせていました。

これで、黒確定!と思ったのですが、9話の最後には、会社にいる勇輝に見張りがついているということがわかります。勇輝の会社「T-ismコーポレーション」の勇輝の部屋に来た表情を一切変えないアジア系の男。

勇輝は例の件は順調だと語ると、その男は「上が気にしているから」とクギを指すんです。そこで勇輝が「お前が俺のお目付け役ってことか・・・」と言っていることから、勇輝は誰かの指示で動き、その行動をまた監視されているということになります。

お目付役の男は、日本語があまり上手でない(?)雰囲気もあったので、外国のスパイかもしれないと感じました。ふとその職場で勇輝が見たパソコンには自宅の寝室で菜美が衣服の片付け物をしている姿が映っていたのです。

最終回と勇輝の正体の予想をしてみた

9話までの、話を総合してみてここからは勇輝の正体の予想を立ててみました。

スポンサーリンク

勇輝が今行動していること
・菜美(綾瀬はるか)の監視
・菜美を日本から外に出すこと

今のところ、この2点が彼の任務のようです。ただ、勇輝の態度からやらされてる感も徐々に出てきていることから、自分の意思ではなく強い力が働いているということがわかりました。

菜美はおそらく、自分の姿を見られているのは百も承知だと思いますし、勇輝とその上にある組織を泳がせて何者かの確信をつかむまで静観していると思います。

このお話しの全体的な雰囲気から見て最終回ハッピーエンドに向かうと私は予想しています。

①お互いの素性(スパイ)だとわかっていながら夫婦生活を続ける
②菜美にとって勇輝が敵とわかるが実は勇輝は誰かに利用されていたので菜美がそこにメスを入れる
③菜美は実はなんらかのスパイ活動に利用されていて勇輝が助ける
④菜美を利用したい組織が勇輝に無理やり監視させていた。

菜美がなぜ監視されるのかを考えると、菜美がやはり誰かにとってまずい行動や秘密を握っていると考えられると思うのです。組織も引退したスパイにそこまで執着するほどヒマではないと思うので・・・。

もしくはここで玉山鉄二さんが演じる怪しい横溝が街をつぶすために菜美がその場に居るとジャマなので勇輝の会社にも手をまわし、菜美がこの街から出ていくように仕向けたのではないかとも思います。(ただし横溝は、元スパイが菜美だとは知らなかった)

勇輝の正体の予想
・外国の諜報機関のスパイ
・横溝(玉山鉄二)に乗っ取られた会社の社員
・ダブルスパイ(公安?)

まだ勇輝については、彼の意思が明らかにされていないので、菜美の敵か味方がわかりづらいですが、希望としては、菜美のことを見張る敵だというフリをして、実は菜美を守ろうとしていた公安もしくはスパイだったというお話しなら大どんでん返しもあり面白いと思うのですがいかがでしょうか・・・。

まとめ

・奥さまは取り扱い注意の最終回の予想は、勇輝が菜美の監視をしているが実はダブルスパイ説(希望w)
・勇輝の上層部は外国の諜報部で、菜美のいる街全体を陥れようとしているが菜美が気づき阻止すると予想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です