奥様は、取り扱い注意第8話のネタバレと感想とあらすじ!勇輝の怪我と菜美の怒り

怪しい怪しいと思っていた勇輝にとうとう決定的なウソが出てきました。菜美はさすがに元工作員の勘が働いて勇輝の言葉のウソも見抜きます。今回は暴力を振るわれて怪我をしますが、これは自作自演?と疑ってしまうくらい勇輝が何者かわからなくなってきました。

スポンサーリンク

奥様は、取り扱い注意第8話の感想

この章ではネタバレはありませんのでご安心ください。ネタバレについては下の章でご覧になれます。

とうとう、勇輝の心の声が聞こえてきた第8話。優里と京子の家庭も壊れそうな雰囲気が漂ってきていますが、菜美も夫の隠し事が少しずつ気になりはじめています。

菜美は出勤した夫の尾行もするんですが、普通に会社に出勤している姿が映し出されても、な~んか完璧すぎて逆に怪しいなと感じました。

一番気になったのは、空き巣(殺し屋)が勇輝に対して暴力を振るおうとしてとっさにはらってしまったこと。かなりの達人だとは思われますがとっさの判断で自分を殴らせるんです。

菜美に対しては、正しい君が好きみたいなことを言うので、やっぱり世間で流れる公安関係が正体ではないかと思います。

奥様は、取り扱い注意第8話のあらすじ

近くに住む主婦の妙子がホームパーティを開いた。そのパーティーに招待された菜美(綾瀬はるか)優里(広末涼子)京子(本多翼)の3人。妙子の旦那は大物政治家だが、昨年収賄疑惑で世の中をさわがせた。

その夫のイメージ戦略のために定期的にパーティ―が開かれるという。3人は仕方なく出かけたがどうしても楽しめずに早々と帰ることを決めました。菜美はその場で藍子(笛木優子)の行動を不審に思うもその場を後にしました。

しばらくして、菜美の家の近くで空き巣事件が立て続けに起こる。優里は相川らず冷たい夫啓輔(石黒賢)に失望し、合コンで誘われた安西(小関裕太)に誘われお茶に行くことにします。

京子も不倫を疑いのかかった夫の渉(中尾明慶)は妻と距離をおこうとしいてる状況にイライラ。菜美も、勇輝(西島秀俊)の言葉や態度に「ウソ」が感じられたために尾行してみるが何も確証は得られていない。

そんな時、菜美の家に空き巣が入り、たまたま家にいた勇輝が犯人に殴られて怪我をした。空き巣は金品を盗んでないことと、妙子のホームパーティーの参加者ばかりが狙われていることに菜美が気づく。

スポンサーリンク

奥様は、取り扱い注意第8話の期待度

30代 女性
前回、勇輝のウソが発覚しましたね。福岡出張のはずが東京のホテルにいたことでがぜんネットで噂の公安説の可能性が高くなったような気がします。今回空き巣に入られて怪我をするのももしかしたら偽装なのかと疑っています。

20代 女性
勇輝の菜美への数々の優しい言葉・・・。その言葉を言うときの西島さんの目が笑ってないしなんか無表情なんですよ~菜美に好きな音楽や趣味を聞かれ答えるのに窮していたのは何かを隠しているからだと思う。
ただ、このままスパイやWスパイなどの話になると誰でも予想できるからもうちょっとひねってどんでん返しがあれば面白い。

20代 女性
主婦の付き合いも大変だな。優里の方(若い彼氏)はお互いまんざらでもなさそうなので離婚となるのだろうか。愛のない結婚生活をするくらいなら若い男性とつきあっちゃえ!とも思うがどう見ても若い彼には裏がありそう。あとで泣くことになったらかわいそう。

奥様は、取り扱い注意第8話のネタバレ

ご近所の妙子がホームパーティを開くことになった。妙子の旦那は大物政治家として活躍している人。前年には、収賄の疑惑で大きく取り上げられ告発者が亡くなるという不幸な事件が起こっている。そこでイメージアップとしてパーティが開かれるのが分かっているので菜美・優里・京子は気が進まないながらも参加した。

やはり、パーティーは妙子とその旦那があいさつ回りをし顔を売るだけのもの。面白くない3人はおいとますることに・・・。菜美はその場にいた藍子に不審な雰囲気を感じながらも帰ろうとすると2階から降りてくる藍子に出くわす。

その後、菜美の周辺では空き巣被害が多発していた。手口は宅配便を装い忍び込むもの・・・。特に大きな金品の被害はなくあたりは騒然とします。共通点は、妙子のパーティーの出席者の家。

心配になった優里は夫にセキュリティーの強化を相談するも全く興味を示さない。優里は夫に不信感を覚えていると安西からお茶のお誘いメールが届きます。安西とお茶をした優里でしたが、安西はもう少し優里のことを知りたいと言い出しこれからも会いたいと言い出します。

一方京子も夫に相談しますが、姑がいるから不要と言い出し、さらに週末に買い物に出かけ、ダブルベッドをシングルに変えたいと言い出す始末。浮気を疑っている京子は夫に愛想をつかしていました。

菜美の家では久しぶりの2人でのお出かけ、手をつないで外に出ると、勇輝が財布を忘れたとひとりで家に引き返したところ空き巣とばったり出くわします。襲おうとする空き巣に勇輝はとっさに受け身をとるも一瞬の間をおいて空き巣にわざと殴らせます。

事を知った菜美は怒り復讐を誓い、藍子の元に行きなにか心当たりがないか問いただします。最初は知らないと言っていた藍子は妙子の家での不審な行動を認めました。

藍子は、日ごろからむしゃくしゃしていたので、妙子の部屋の寝室に盗聴器を仕掛け内容を聞いていたんだと言います。その内容はご近所の悪口ばかりだったけれども、少しすると収賄のことや告発者の亡くなったことを知っているような話となり怯えていたんだと言います。それから突然、音がしなくなったので妙子夫婦が盗聴器の存在を知ったと思うと語ります。

空き巣は妙子たちが仕組んだもので、受信機の有無を確認していたのです。

菜美は、妙子を訪ね、藍子が2階に侵入していたことをさりげなく伝えます。すると、妙子たちは事故に見せかけ藍子を始末することに・・・。

郵便を装った殺し屋が藍子宅に入ろうとするとそこには、菜美がいて戦いが始まります。辛くも菜美が勝ち、置物で頭を殴り男は気絶。菜美は藍子に強盗が入ってきたからもみ合っているうちに置物で殴ったと警察に届けるように指示

残ったのは、藍子が残していた証拠のUSB、菜美は受け取るとクリーニング屋に扮したもと仲間に流すと、厚生労働省のホームページがハッキングされその情報が暴露されます。

その夜、ベッドで菜美が勇輝の胸に頭をうずめているも、勇輝の空き巣との怪我の軽さを疑い始めていました。そして勇輝は・・・

「間違いない・・・彼女は気づき始めている」

まとめ

・勇輝は、殺し屋のような空き巣に襲われても軽いけがですんだ
・菜美も勇輝のことを疑い始めているが、また勇輝もそれを気づき始めた
・優里は、旦那とのすれ違いから若い男の誘いにのる
・京子は旦那の浮気を疑い行動を起こそうとしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です