おっさんずラブ(ドラマ)のキャストは?あらすじやネタバレ、原作の情報も!

テレビ朝日系列にて2018年4月21日より、「おっさんずラブ」が放送開始されます。2016年に単発ドラマとして放送され、大変話題となった本作が、待望の連続ドラマ化されます。

「おっさんずラブ」のキャストや内容そしてあらすじと原作についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

「おっさんずラブ」概要

放送情報
日程   2018年4月21日(土) 夜11:15分〜
放送局  テレビ朝日系列
脚本   徳尾浩司
原作   なし
主題歌  スキマスイッチ「Revival」
キャスト 田中圭・林遣都・吉田鋼太郎・内田理央・金子大地・伊藤修子・眞島秀和・大塚寧々

 

あらすじ

主人公春田創一(田中圭)は、結婚願望があるがモテない33歳の独身サラリーマン。ある日、通勤中に痴漢と疑われていたところを、会社の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に助けられる。

そこで偶然見たものは、なんと自分の顔写真のスマホ画面だった。困惑する春田に更に追い討ちをかけるように、黒澤のパソコンから大量の自分の隠し撮り写真を発見してしまう。

黒澤を警戒して過ごしているところに、今度は本社からイケメン後輩の牧凌太(林遣都)が異動してきました。母親から家を出され、料理も家事もできず困っていた春田は、牧を同居するよう誘います。

料理も上手で、仕事もできる、イケメン後輩との共同生活を送る一方、ついに上司の黒澤から愛の告白を受けるのであった

 

スポンサーリンク

 

 

ドラマのポイント

前作から続投の田中圭さんと吉田鋼太郎さん
「おっさんずラブ」は2016年に単発ドラマとして一度放送されています。 年末の「年の瀬恋愛ドラマ」の第3夜にスペシャルドラマとして放送されたのです。

深夜ドラマにも関わらず、突飛な内容とピュアな恋愛模様が話題となりました。この前作から引き続き、主演の田中圭さんとヒロイン役の吉田鋼太郎さんが続投しています。吉田鋼太郎さんの欄に ”ヒロイン” と書かれているだけでもかなりインパクトがあります。

しかも、今回は吉田さんに嫁がいる!?

吉田鋼太郎さんは ”ヒロイン役” は初めてでしたが、視聴者だけでなく共演者からも、「かわいい!」「キュンキュンする!」と評判でした。今回はこのお2人に、更にライバル役林遣都さんも加わり、男同士の三角関係が勃発します!

本格ピュアラブストーリー
男性同士、しかもおじさんの恋愛?と戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、このドラマは本当に純粋な恋愛物語となっています。

男女のラブコメ顔負けの、ピュアな恋愛模様が描かれています。なんと言っても、吉田鋼太郎さんが演じるヒロイン黒澤の女性顔負けのピュアな心や乙女思考にきっと「かわいい」と思ってしまうと思います。

また、新ドラマではライバル役として加わる、林遣都演じる牧も、女性顔負けの料理の腕前の持ち主で、気の利く男性です。2人の間に揺れ動く春田は、女性好きでありながらもその純粋な好意に戸惑いながらも向き合っていきます。3人の関係の行方に注目です。

原作
先に記載した通り、原作はありません。公式ホームページにも情報がなかったため、おそらく完全オリジナル作品となることと思われます。
コメディながらも“常識” に囚われず、価値観や既成概念を改めて問うドラマに仕上がっています。

2016年放送前作「おっさんずラブ」

評判
上記で記載しましたが、「おっさんずラブ」は2016年に単発ドラマとして放送されています。その際にも、男性同士という異例の設定で非常に注目を集めました。放送後は、女性だけでなく男性からも好評で、続編が熱望されていた作品です。

ヒロインの吉田鋼太郎さんは、インタビューにて「前作の反響も大きく、評判も出演してきたドラマの中で一番良かった」とコメントしています。

視聴者だけでなく、出演者や関係者からも大好評の「おっさんずラブ」から目が離せません。

「おっらんずラブ」の注目ポイント

俳優陣
メインキャストはもちろんのこと、大塚寧々さんや内田理央さんにも注目です。
中でも大塚寧々さんは、吉田鋼太郎さん演じる黒澤武蔵の妻黒澤蝶子役ということで、夫から同性愛を打ち明けられ、離婚を迫られた時、どのような対応を取るのか、複雑な役どころの演技に注目です。

また、公式ホームページでも?とさている荒井鉄平という役どころも気になります。

現段階で担当の俳優は明かされておらず、主人公春田の幼馴染である荒井ちずの父親役です。
わざわざ?としてあるので、一体どなたが担当されるのか注目です。

まとめ

男性同士の恋愛ドラマという大胆なテーマで描かれる本作ですが、単発ドラマが放送される際にはテレビ朝日のプロデューサーである貴島彩理さんは「結婚するなら男と女で、という常識を覆す、真剣なラブコメ」と公言しています。

男女の恋愛が一般的な社会ですが、中には同性と恋愛する方もたくさんいらっしゃいます。それは普通の恋愛と変わりなく、異性でなければならないという理由も決まりもありません。コメディタッチで描かれる本作ですが、そこには恋愛に対する固定概念や差別意識を無くすという確たるテーマがあります。

公式ホームページにもあるように「気づけば男とか女とか、そんなちっぽけな既成概念を飛び越えて応援したくなる真剣ラブコメディ」をより多くの方に見ていただきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です