おっさんずラブ続編はハセロス?第1話の感想とネタバレ!

深夜ドラマのおっさんずラブが始まりました。主役のはるたんこと春田創一(田中圭)と黒澤武蔵(吉田鋼太郎)そして、新しくキャスティングされた牧凌一(林遣都)がそれぞれすごく良い味を出していました。

今季のドラマの内、一番笑ったのがこれです。

おっさんずラブの第1話の感想とネタバレです。

 

スポンサーリンク

 

[clink url=”https://doramemo.com/ossanzurabu-kyakuhon”]

 

おっさんずラブ第1話の感想

ドラマが始まる前からバリバリのコメディーということはわかっていたのですが、メチャクチャ面白かったです。ガッツリキスシーンなんかもありましたが、BL目線でキュンというよりも、主役のはるたんの田中圭がすごく可愛い!

これは、田中圭さんを好きになるドラマだと思います。

田中さんの演じる役は、良い人が多いような気がするんですが、これまで何度か見てきてそんなに刺さらなかったんですよね。

でも、今回の春田創一がドジだけども本当に憎めなくて妙に惹かれる男。

前期の、「もみ消して冬」の山田涼介くんの北沢秀作のように、頭の中の妄想で悶えたり、いわゆる顔芸もこなしながら、自分で頭をぺんぺんしたりその仕草が30代の男の人って感じがしないくらい可愛い。

 

[clink url=”https://doramemo.com/momikeshitefuyu-kotaki”]

さらに、吉田鋼太郎さんの演じる乙女な部長も違和感なく笑える演技でした。

春田の不用意な態度に、あからさまに傷ついていたり、自分をかばって春田が機材の下敷きになった後、心配で抱き着いて泣き出しちゃったり。

春田が、部長に抱き着かれて思わず頭を撫でてしまったのはさすがに「ない」な~と思いましたが、それでも全体的には面白かったので、このドラマはおすすめします!

 

スポンサーリンク

 

おっさんずラブ第1話のネタバレ

春田創一(田中圭)は「天空不動産」の営業マン。成績はあまり芳しくないが、まわりの頑張りもあり会社では関東エリアでトップという成績。部を束ねるのは黒澤武蔵(吉田鋼太郎)で、気配りのできる頼もしい上司。

春田が黒澤の目の前で書類を落としてしまい、拾おうとして手がふと触れ合った時、黒澤が動揺します。

春田はある朝、バスで通勤したところ、痴漢と間違われてしまいます。するとどこからともなく現れた黒澤が助けました。泣きながら黒澤に感謝していると、バスが急ブレーキ。

勢いあまって春田は黒澤とハグする形に・・・。

さらにトキメク黒澤は、手からスマホを落としてしまいました。春田が拾おうとしたところ自分の顔写真がありました。

唖然とする春田・・・。

会社では、3年目の会社のエースと言われる牧凌太(林遣都)が転勤してきて一緒に仕事をすることになりました。

おりしも春のキャンペーン中。

黒澤に資料作りを頼まれ、春田は部長のPCを見ると、あるファイルをクリックしてしまいます。その中には、自分を隠し撮りをした写真がいっぱい。

春田の頭の中は何が何だかわからず、トイレでも考え込んだまま答えが出ません。そんな時、そっと近寄ってきた黒澤が「見た?」と声をかけてきました。

慌てて「見てない」と答える春田でしたが態度がバレバレ・・・

気を取り直して牧と一緒にポスティングに行く春田でしたが、管理人と親しく話す姿に牧が微笑んでいました。

そんな時、主任から電話が入り、新人の歌麻呂(金子大地)のフォローに行くことになります。

その影響で、深夜会社に戻ると、暗い部屋に1人きりだと思ったら、春田の日誌には黒澤からびっしりとメッセージが書かれていました。他の人の日誌を見てもなにも書いていないことを不審に思っていると突然黒澤がコーヒーを持ってきます。

飛び上がる春田でしたが、黒澤がブラインドを閉め始めフリックスを大量にほおばると春田の恐怖はMAXに・・・。

慌てて、会社を飛び出して帰っていきました。

追いかけてきた黒澤からメールが届き、背中にクリーニングのタグが付いていると一言。

実家に帰ると、母親がだらしない春田を見かねて一人前にするために置手紙をして出て行ってしまっていました。

すると、春田はなにひとつできず途方に暮れることになります。

仕方なく、幼馴染の荒井ちず(内田理央)の兄の店、居酒屋「わんだほう」に行き、お酒を飲んだ帰り牧とバッタリ出くわしました。牧は料理の材料を買っていて今日は唐揚げをすると言う。

それを聞いた春田は一緒に住まないかと提案すると牧は数日後に春田の家に引っ越してきます。

だらしない春田をかいがいしく世話をする牧でしたが、社内でも仲良しの二人を黒澤がじ~っと見つめていました。

春田の日誌には、黒澤からのメッセージで、「大場海浜公園にて待つ」とあったために、春田が行ってみると黒澤が大きな薔薇の花束を持って待っています。

すると、春田に向かって「好きです!」「はるたんが好きでーす!!」と大きな声で告白・・・背景の光がハートマークに変わります。

写真を見られて吹っ切れて、自分に嘘を付くのは辞めようと思ったと言う。

恐怖に泣き叫ぶ春田に、黒澤は俺に時間をくれと一言。そして、花束を渡すと「ありがとう!」と叫んで帰っていきました。

パニックになり、さらに泣き叫ぶ春田・・・。

春田はちずに相談し適当にあしらわれるも、いつものように泥酔したためにちずが送っていくと、牧が待っていました。

酔っぱらって、春田は牧に仕事の虎の巻を作っていたものをプレゼントします。

それを見た牧は思わず微笑みました。

次の日、春のキャンペーンをその日に控え、春田が発注したチラシにミスが発覚。

慌ててフォローするため、キビキビと仕事を振り分ける黒澤。

春田と黒澤がチラシの訂正シールを貼っていると手がふれあいます。春田は意識してしまうと黒澤は傷ついた表情で去っていきました。

現地で、春田は着ぐるみを着てスタンバイ、黒澤なの方を見ると近くの機材が風で倒れそうになっていたため慌てて飛び込むと、黒澤は間一髪で助かりますが、春田が下敷きに・・・。

病院に運ばれる春田に黒澤と牧が付き添いとなって見届けます。黒澤は明らかに動揺して泣き出していて、牧も涙を出していました。

一瞬、意識を失くしたものの、春田は無傷。

黒澤は、周りが見えなくなっていて、なにか口走ろうとしたために春田は牧を外に出すと黒澤は春田に抱き着き泣き崩れました。

その様子がおかしいことで、牧がなにかに気づき春田がシャワーに入っている時に、春田の日誌を見ると部長からの乙女のようなメッセージが書かれていることを見てしまいます。

春田は、バスタオルを忘れ牧に持ってきてほしいと言うと牧がお風呂場まで来て迫り、春田にキスをします。

[clink url=”https://doramemo.com/ossanzurabu-cast”]

まとめ

このドラマは深夜ドラマにしておくのはもったいないくらいの出来だと思います。微妙なセリフを抜きでゴールデンでも話題になりそうな面白さでした。

今季のドラマのうち一番面白くてリピートして観てしまうほど「はるたん」が可愛かった。

「やってみ~」と口をとがらせて偉そうに言ってみたり、お酒に毎回呑まれてしまい、ベロべロで玄関先でうねうねしてみたり・・・。お話しとしては確かに突拍子もないストーリーですが、演出がスゴイ。

春田の人物像が完璧に仕上がっていて、部長にこう言われたらそんなリアクションになるわな~と納得できる演技で、さらに面白いというオマケつき。

BL要素は多少あるものの、全体的にいやらしくないので、一番のおススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です