menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

おっさんずラブ スペシャルドラマ(単発2016) の動画を無料で観る方法!

 

今季一番の盛り上がりを見せている深夜ドラマ「おっさんずラブ」。全部で7話完結の連続ドラマですが、実はこの元になるスペシャルドラマが放送されていたのはご存知でしょうか?

今でこそ、牧春コンビが可愛いと評判になっていますが、スペシャルドラマでは後輩役は林遣都くんが演じる牧凌太ではなく、落合モトキさんが演じる長谷川という後輩でした。

連ドラが始まる前には、ハセ(長谷川)には根強いファンがいて、キャスト変更を悲しむ声も多かったくらいハセ春コンビは人気がありました。

おっさんずラブの2016年のスペシャルドラマ(単発)の動画を無料で観る方法をご紹介します。

おっさんずラブは2016年のスペシャルドラマ

今の牧は「チワワ」のような小動物系の可愛さがありますが、ハセはどちらかというと線の細い優男系。若干女性っぽさを兼ね備えた男性として描かれていました。

おっさんずラブのスペシャルドラマの概要

放送日:2016年12月30日
放送時間:深夜0:40~
放送局:テレビ朝日

2016年の年末に、「年の瀬恋愛ドラマ」の第3夜として放送されました。

第1夜:緊Q不倫速報(主演:安田顕)
第2夜:恋するJKゾンビ(主演:山本舞香)
第3夜:おっさんずラブ(主演:田中圭)

「キモいけど応援したくなる!おっさん同士のパニックラブコメ」というキャッチフレーズで放送されました。

33歳のモテないおっさんに突然、未曽有のモテ期がやって来た!しかし、それは文字通り、未曽有の事態…。なんと、告白してきた相手はピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”と、ルームメイトの“若きイケメン○根男子”だった――!!第3夜を飾るのは今流行りのBLならぬ…『おっさんずラブ』。カオスにも程がある状況に立たされた主人公が、ぐいぐい迫ってくる男たちに恐れおののき、全力で拒みながらも、いつしか男たちの存在が頭から離れなくなっていく“抱腹絶倒のパニック・シチュエーション・ラブコメディー”が、世の価値観を思いっきり覆します!主人公・春田創一を演じるのは田中圭。色気づいた男たちに翻弄され、あわあわする男をリアルに(!?)演じていきます。そして、芸能界きっての女好きで名を馳せる(!?)吉田鋼太郎が、男好きのおっさん上司・黒澤武蔵に大変身!女子顔負けの乙女っぷりをガンガン押し出し、大胆な新境地を拓きます。さらに、春田に迫るルームメイト・長谷川幸也役には、映画を中心に活躍する個性派・落合モトキをキャスティング。キモイけど…なぜか応援したくなる“おっさんたちのラブコメ”が、かつてないトキメキと笑いを贈ります!

出典:テレビ朝日「年末年の瀬恋愛ドラマ」

おっさんずラブのスペシャルドラマのキャスト

おっさんずラブの2016年のキャストと今との違いを説明します。

春田創一(田中圭)
33歳独身アイデアグッズ販売会社でハセとは同居して1年(連ドラ:33歳独身、牧と同居したばかり、不動産会社に勤務)

アイデアグッズ販売会社の商品開発部に所属する33歳独身、ダメ男。結婚願望は強いが、モテない。会社の後輩・長谷川幸也とルームシェアを始めて1年になる

黒澤武蔵(吉田鋼太郎)
部長で実はゲイ(連ドラ:30年連れ添った妻がいる)

バツイチ。男気溢れる人物で、春田も尊敬する上司。実はゲイ!

長谷川幸也(落合モトキ)
春田の後輩、家事や料理万能、デザイン部所属でルームメイトとして1年過ごしている(連ドラ:牧凌太に変更、春田の家に住んだばかり)

春田の会社の後輩で、家事や料理が万能なルームメイト。デザイン部所属。通称「ハセ」。デキる男で信頼も厚く、女子社員が放っておかないイケメン。…だったが、実はゲイ!

湊あすか(宮澤佐江)
同じ会社の同期(連ドラ:幼馴染の荒井ちずに変更)

男前な性格で、ズボラ。春田に頼まれ、恋人のフリをする。

おっさんずラブ2016年のストーリー

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)はある日、見てはいけないものを見てしまう。上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)のスマホに隠し撮りされた、春田の写真の大量コレクション…え、何? 怖い、怖い。更に、ビビる春田に黒澤はトイレで壁ドンし、「好きです」とまさかの愛の告白!! ――怯えきった春田は同居している後輩・長谷川幸也(落合モトキ)に相談するが、この行為がさらなる窮地を招くハメに…。なんと長谷川が突如、風呂場で壁ドン、「先輩が巨乳好きなのは知っています…でも、○根じゃダメですか?」と迫ってきたのだ!完全にパニくった春田は気になる同期・湊あすか(宮澤佐江)に協力を要請。男たちの愛を回避しようとするが…!? 常識で考えたらアリエナイ、でも性別の壁を越えておっさんと暮らせば幸せ…かも? おっさんたちのドキドキ恋愛最前線、遂に開幕!

出典:テレビ朝日「年末年の瀬ドラマ」

2018年の連ドラでは、後輩の牧に、春田がとうとう「恋愛」という気持ちを持ってしまう部分が表現されていました。つまり、スペシャルで起こった出来事の続きが作られたということです。

連ドラでは、武川主任(眞島秀和)が牧の元カレとして登場したり、マロ(金子大地)が幼馴染ちず(内田理央)や黒澤部長の妻、蝶子(大塚寧々)といい感じになるなど、もう少し複雑になってきていますが、原点はスペシャルなので見る価値はあります。

おっさんずラブの2016年のスペシャルドラマの見方

おっさんずラブの原点ともいえるこの前作を取り扱っている動画サイトは以下の通り

auのIDを持っている方 ⇒ビデオパス(AD)
それ以外の方ビデオマーケット

U-NEXT(年の瀬恋愛ドラマ)

ビデオマーケットの特徴
・国内最大級19万本以上の動画
・月額500円(税抜き)のプレミアムコースあり
・毎月540ポイント付与
・プレミアム&見放題コース月額980円(税抜き)で見放題作品が視聴
・おっさんずラブ(2016)は324ポイント

ビデオパスの特徴
・auのIDが必要
・見放題プランへ初回ご加入に限り、30日間無料体験
・毎月もらえるビデオコイン540コイン(540円相当)でレンタル可能
・スマートフォン・タブレット・パソコンなどマルチデバイス

おっさんずラブ(2018年連ドラ)をお得に観る方法!

告知もされていますが、第6話では衝撃の展開が待ち受けています。

・春田が牧の実家に行く(交際の了承)
・ちずが春田に告白
・牧が倒れる
・武川主任が春田宅に忍び込み牧に迫る
・黒澤が再度アタック

おっさんずラブは、全部で7話ですが、やはり一番の見どころは、2016年のスペシャルでもやっていた1話と2話。かなりパワーアップしてさらに強烈な個性がぶつかり合う部分は、このキャストでないとできないのではないかと思われるくらい面白いのでお勧めです。

どの話も、見て損はしませんので無料体験の時に一度ご覧になってみてください。

 

■ドラマ博士のお得情報!


おっさんずラブとスペシャルドラマを併せてお得に観る方法!

おっさんずラブの動画を見るにはビデオマーケットが便利です。

ビデオマーケットは、初月、無料お試しキャンペーン実施中のため今がチャンスです!

なにより、連続ドラマと2016年のスペシャルドラマの両方があるのです。

登録は1~2分で済むのでカンタン!

※無料お試し期間中に退会すると料金は一切かかりません

ビデオマーケットの特徴
・国内最大級19万本以上の動画
・月額500円(税抜き)のプレミアムコース
・毎月540ポイントがもらえる

・プレミアム&見放題コース月額980円(税抜き)で見放題作品が視聴OK
・毎月540ポイントが付与され、見放題以外の作品も視聴可能

1話324ポイントですから、月1回もらえる540ポイントを使えば1話タダで見れます。

出典:テレビ朝日「年末恋愛ドラマ第3夜おっさんずラブ」
特に、スペシャルは連続ドラマの元になっている作品ですので貴重ですよ♪

ビデオマーケット

 

 

その他、あなたがauのIDを持っている場合にはビデオパスも利用できます。
(auIDが必要です)
両方とも登録できれば、観れる動画本数が増えますのでお得!
 ⇒ビデオパス(AD)

 

おっさんずラブのスペシャルドラマの見どころ!

出典:ビデオマーケット

たとえば、2話の、春田の「良いところ10個」「悪いところ10個」の部分も過去のスペシャルドラマでも演じられています。
スペシャルの後輩役、長谷川(ハセ)は今でも根強い人気がありますので必見です。

出来るだけ連ドラ2018を全話無料で観たい人のための裏技!

そして・・・、ビデオマーケットだけではすべて見れないので、全部無料にしようと思えば無料登録とポイントがもらえる動画配信サイトに登録すれば全話観ることができます。

・TUTAYA TV(ツタヤの動画サイト)
・U-NEXT

※TUTAYA TVには2016年のスぺシャルはありません。2018年の連ドラのみです(2018年5月29日現在)

以下の記事でご紹介していますので、ご活用してみてください。

※ツタヤのお得な使い方の記事に展開します↓↓

 




 

おっさんずラブの全話のネタバレ感想!

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第6話副音声
無料動画

特定商取引法に基づく表記

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ