menu

ドラマめも!~ドラマのトリセツ~

スキャンダル専門弁護士QUEEN第1話のネタバレあらすじ!スピンドクター氷見江に竹内結子!

 

6年ぶりの地上波出演の竹内結子さんが弁護士を演じるスキャンダル専門弁護士QUEEN。これまでと違うのは、法廷で争う弁護士ではなく、スキャンダルの現場で暗躍するスピンドクター。

カッコいい女性たちが、女性たちのためにたたかうストーリーです。

スキャンダル専門弁護士QUEENの第1話のネタバレとあらすじです。

スポンサーリンク

 

スキャンダル専門弁護士QUEENのキャスト

氷見江・・・竹内結子
与田知恵・・・水川あさみ
藤枝修二・・・中川大志
東堂裕子・・・泉里香
鈴木太郎・・・バカリズム
真野聖子・・・斉藤由貴

脚本
倉光泰子
三浦駿斗

主題歌
YUKI 「やたらとシンクロニシティ」

竹内結子さん演じる、氷見江(ひみ・こう)ですが、名前の響きが邪馬台国の謎の女帝、卑弥呼を意識したものっぽいですね。女性のために情熱を傾ける敏腕弁護士という設定なので、より神秘的な名前になったのかも。

 

スキャンダル専門弁護士QUEEN第1話あらすじ

政治家のパーティー会場にドレスアップして現れたのは氷見江(竹内結子)。招待客として会場にいた鈴木太郎(バカリズム)は、なぜ氷見が来たのかわからない。

鈴木は大手法律事務所の副所長で、氷見は同事務所の危機管理部リーダーだ。さらに会場スタッフなどに変装した同僚の与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、事務員である真野聖子(斉藤由貴)も会場に紛れ込み、氷見を政治家やSPの視界から守っている。

氷見が接触したのは大物政治家、林光蔵(山田明郷)。氷見は林の息子がテレビ局の記者・東堂裕子(泉里香)に行ったセクハラを公表しない代わりにネタを要求した。 その後、ある政治家の不正献金問題が発覚。番組で記事を読んでいるのは東堂だ。

氷見が林からネタをもらい東堂に提供したのだ。事務所でテレビを見ていた氷見たちは久々の休みを取ろうとするのだが、すぐに次の案件が舞い込んで来る。 依頼にきたのはテレビ局プロデューサー・深川章一(宇野祥平)。

深川が担当する国民的アイドル・フォレストの冠番組で問題が起こった。番組で歌唱中にメンバーが「ふざけんなよ」と別のメンバーにつぶやき、歌がストップする事態に。これがネットニュースなどでフォレストの解散説や不仲説として流されたため、深川は番組収録でメンバーの謝罪会見を行うことにしたと言う。

そこで、何かあった時のために、危機管理の専門家である氷見たちに協力を求めたのだが…。

出典:ヤフージャパン「テレビ」

スキャンダル専門弁護士QUEENの第1話のネタバレ

放送終了後更新いたします。

   
 
 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018 秋ドラマ中間ランキング!

2018 秋ドラマおすすめはコチラ!

2019 冬ドラマおすすめはコチラ