陸王第8話の感想とネタバレあらすじ!駅伝参加と松岡修造の悪い顔の意味を検証

シルクレイの機械が壊れてしまってから、陸王の夢は絶たれたも同然、宮沢社長(役所広司)もあきらめてしまいました。シューフィッター村野(市川右團次)は弱気になってしまった宮沢のこはぜ屋から姿を消してしまったのです。

もう、打つ手もないとなったとき、坂本から持ち掛けられた話は宮沢の逆鱗に触れることに・・・。とうとう松岡修造さんも出てきた第8話の感想やネタバレです。

スポンサーリンク

陸王第8話の感想

今回は、チーム陸王として、行田市民駅伝に出場します。飛び入り参加の坂本ちゃん(風間俊介)の・・・、、、

走り方が変だった・・・(笑)

そもそも、走るのが苦手な役だったので、相当演技が入ってると思いますが、ふにゃふにゃとした走りがなんとも辛そうでした。

そして今回は、宮沢社長の苦悩の回、買収話からフェリックスの御園社長(松岡修造)と初めて会って買収の条件提示を受け握手を交わすという、もうバンジージャンプを飛ぶほどの覚悟をしてしまうんです。

陸王というシューズと出会ってしまってから、なにかに憑りつかれたように情熱を傾ける宮沢社長の気持ちをあざ笑うかのように降り注ぐ困難がまだ続きそうです。

陸王のことを最初から応援してきた坂本とは買収の話で少しギクシャクしていましたが、最後にはフェリックスとの間を取り持ち奔走する坂本くん。フェリックスがちゃんとした企業なら良いんですが・・・。

若干、不安の残るラストでした。

スポンサーリンク

陸王第8話のネタバレ

ここからはネタバレです。

シルクレイの機械が壊れていしまいました。その機械を復旧するには1億円ものお金が必要です。埼玉中央銀行ももちろん融資には応じず、唯一投資企業に行った坂本がフェリックスからの買収の話を持ち込んできました。

その話に激怒する宮沢、今生き残るにはこれしかない、と言う坂本に身売りをするくらいなら足袋屋に戻る!と話しを蹴ってしまいました。

工場でその話をしていると、社員のひとりが行田市民駅伝に参加してみないかと提案します。もしかすると、みんなで走ったらなにかのきっかけで1億円融資につながるかもしれない。

しかし、宮沢は深刻な話の途中なので、そんな気になれないと断りました。

茂木(竹内涼真)は、村野からもう陸王が作れなくなったことを聞き肩を落とします。
こはぜ屋の面々は、どうにか融資をしてもらえるところを探していますが、やはり金額が大きすぎてどこからも良い返事はもらえません。こはぜ屋は主力の商品を作れないことで、月に200万円という赤字を出してしまう。

玄さんは、飯山との顧問契約も解約として経費を削減するように助言。宮沢が悩んでいるとひとりでいる飯山がフェリックスの御園社長の話をしているのを聞いてしまいます。

「俺が誰とどんな話をしようとアンタには関係ねえ」

宮沢は、フェリックスが買収しようとしてきた会社だと怒りますが、飯山はそれではなにか良い方法でもあるのか?と逆に問いただします。家でもそのことでもめてばかり・・・。

アトランティスは、茂木のことをあきらめておらず、佐山が茂木のところにRⅡの茂木モデルを持ってきていました。村野と相談してからと頑なにRⅡは履かない茂木。

宮沢は茂木のところに陸王が作れなくなってしまったお詫びをしに行くと、茂木はまたいつか陸王を履きたいと語ります。その言葉を聞いて宮沢は、行田市民駅伝にチームを作り陸王を履いて参加することにします。

茂木も、1年前にケガをした豊橋国際マラソンに出場したいと監督に申し出ていて、まずは1万メートルの大会で茂木の様子を見ることになりました。

行田市民マラソンの当日、ひとりのランナーが足をくじいて脱落・・・。諦めかけていたところ、坂本が現れ自分に走らせてくれと言う。

少しだけ迷った宮沢だったが、参加してもらうことに・・・。チーム一丸となり結果は2位。そのころ茂木も1万メートルを走っていました。靴は陸王でもRⅡでもない別のブランド。

茂木も良い成績を残しますが、監督の目はちゃんと見ていました。ミッドフット走行が崩れてしまっていた・・・。

宮沢は走った後、坂本を言葉を交わした。ふと飯山の話をすると宮沢には内緒でこはぜ屋に義理をたて、フェリックスの話を蹴ったことを坂本は語ります。

すると、宮沢は「陸王をこのままで終わらせたくない」とフェリックスの御園と会いたいと言い出しました。

フェリックスの日本本社を訪れた宮沢、御園と初めて会い3億円の設備投資の話を持ち掛けます。御園の狙いは、こはぜ屋ではなくこはぜ屋にいる飯山のシルクレイ。

こはぜ屋のブランド名を残すという話を聞き、宮沢は前向きに話を進めるとその場で決断し帰っていきました。

しかし・・・、残った御園は不敵な笑みをし「あと一押しだな」とつぶやきます

まとめ

御園の3億円の融資話は、また宮沢に不利になる予感がします。フェリックスにとって欲しいのはシルクレイのみ。そのために飯山に1年で6000万という破格の値段を出すとまで言っていたので、今の地点ではこはぜ屋を吸収しシルクレイだけ抜き取るような気持でいるのではないかと思います・

御園はビジネスの世界で底辺からのし上がってきた男・・・。なにも条件なく3億ものお金を出すことはないでしょう。

次週には、アトランティスの小原と接触するようですし、この2社がつながるとこはぜ屋はもう絶対的なピンチを迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です