陸王第9話の感想とネタバレあらすじ!フェリックス御園は宮沢の敵か味方か?

陸王もクライマックスを迎えました。9話では、RⅡを履いた茂木の葛藤もありましたし、こはぜ屋買収に動くフェリックスと宮沢の悩みもありました。陸王を製造したいという情熱がまた湧いてきて、離れた人も集まってくるという回でした。

そんな陸王第9話の感想とネタバレです。ここからはネタバレがありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

前回の感想とネタバレ
[clink url=”https://doramemo.com/rikuou8-kanso”]

陸王第9話の感想

前回はフェリックスの御園の傘下にはいるという話し合いがもたれ、宮沢の気持ちもある程度そちらに傾いたところで終わりました。今回は、社員たちへの報告と対立と混沌とした9話でした。

アトランティスの小原の動きも気になるところで、フェリックスがこはぜ屋を吸収すると聞いてタチバナラッセルに続いてまたもや裏工作に走ったんです。
9話では、詳しい事情は明かされませんでしたが、御園(松岡修造)も最後には悪い顔をしていたんで、こはぜ屋をだまそうとしているのは間違いないと思われます。

ここで、良い働きをするのが、シルクレイの開発者で唯一権利をもつ飯山(寺尾聡)と息子の大地(山﨑賢人)・・・・。9話の助言と働きがなければ間違いなくこはぜ屋は衰退し終わっていたんでしょうが、宮沢の気持ちをもう一度奮い立たせる行動をするんです。

宮沢社長は、いたって普通の人なんですが、人を惹きつける魅力があるんでしょうね。今の世の中、潰れかけて借金だらけの会社にこれだけ力を入れる人なんていないですから・・・。

こはぜ屋に降りかかる困難は決して小さいものではありません。しかし、困難が襲えば襲うほどまた、その倍以上こはぜ屋の結束が固くなっていく・・・。

第9話の大地の頑張りで、陸王を良く思っていない玄さんも折れるというスゴイ結果となりました。

スポンサーリンク

陸王第9話のネタバレ

宮沢は、フェリックスの御園との話を社員たちに話します。すると、ほぼ全員から反対の嵐。特に怒ったのは工員の中心人物のあけみでした。たまたま外で聞いてた銀行員の大橋も反対だと言う始末。

あけみは社長に、絶対反対と言ったあとその場を去っていきました。

村野(市川右團次)は茂木(竹内涼真)の元に、自費で靴を集め持っていきました。茂木は、アトランティスからダイワ食品のためにRⅡを履くように迫られていて仕方なくそのことを告げ、最新モデルRⅡを村野に見せます。

新しいRⅡを持った村野は、その品質の変化に驚きます。これまで障害となっていた部分を調整し改善されている・・・「腐ってもRⅡ」そういうと、茂木に今あるシューズの中でベストであると言い、茂木に履くように勧めます。

RⅡを履いて練習する茂木、そこに現れたのがアトランティスの小原と佐山。

こはぜ屋には、入院していたふ冨久子も戻ってきた。お祝いをしようという宮沢に社員たちは冷ややかな反応。そして全員これからは残業もしないと言い出しバラバラになってしまいます。

飯山に御園はちゃんとした男と社員に言えるかと問われ、宮沢はその経歴を調べ始めます。その経歴は輝かしいものでした。

東大を卒業しすぐに渡米し、アパレルメーカーマンハッタンブルーに就職、39歳の時にフェリックスを創業・・・それを見た宮沢は御園にもう一度会いたいと連絡を取ります。

工場では、社員たちの士気が上がらず商品の生産にも影響が現れていました。しかし、見かねた2人の工員が気持ちはあけみと同じだが残業をすると申し出てきました。

アトランティスでは、茂木が実験に参加していました。その場で豊橋国際の出場に出るのか聞かれるも、監督から1万メートルの結果があり出れるかどうか不透明だと答えます。

茂木は監督に、豊橋国際のためにチャンピオンズカップに出たいと申し出ていました。1万メートルの失態を挽回しフルマラソンに出たいというもの。

茂木が控室に戻ると、そこにはアトランティスの佐山がいました。毛塚が直近に出したタイムを手渡しにきていたんです。

御園と宮沢は富士山の見える湖のほとりで釣りをしていました。その場で御園は自分の経歴を語り始めます。

アメリカで就職した会社が他社に買収をされ、子会社に出向をされてしまった。どうしても未練があったので、自分で会社を立ち上げようとして会社を辞めた。妻のデザインしたバッグを売るジャニスという会社を立ち上げました。

ジャニスは妻の名前、会社は良い方向に進み銀行からも資金を借りて工場もつくり大きくなっていったが、妻が突然のデザイン変更を言い出して方向転換をしたことが裏目にでて、会社は借金が残り妻も新しいデザインを求めて各地を転々としていた。

そんな時、メキシコでおこった大型ハリケーンで妻を亡くしてしまった。

全てを失った御園に、ベンチャーキャピタリストの友人が声をかけてくれてもう一度やる気があるなら資金を準備すると言われフェリックスを立ち上げた。フェリックスは妻の命を奪ったハリケーンの名前と宮沢は聞かされます。
「それが私の原動力です」

一方、茂木はチャンピオンズカップに出場し、RⅡを履いて毛塚に競り勝ち新記録を出していました。

こはぜ屋では、宮沢とあけみが膝付き合わせて語っていました。あけみはポツリと自分がなぜこはぜ屋にいるのかを語り始めます。元々、宮沢の父の代からいるあけみでしたが、一度こはぜ屋を退職し他の有名アパレルに行ったことがありました。

新しい挑戦をしましたが、あけみが思い描いていたものと程遠く、絶望を感じていた時に、先代からそろそろ帰ってこないかと言われ戻ったという経緯を話します。

「このこはぜ屋が第二の家なんだ」

その時、あけみは心からそう思った。なので、大きな会社に変わってしまうのは納得できないんだと語ります。そんな気持ちも受け宮沢は走ります。走って走って工場の玄関先に来た時、これまでの出来事や工場との仲間たちとの思い出が頭に浮かびました。

その場で、携帯を取り出し坂本にフェリックスとの合併の話を進めるようにお願いをしました。

アトランティスの小原はフェリックスの御園を料亭に招いていました。アメリカでは顔見知りの二人でしたが御園はあまり良い印象を持っていません。しかし、こはぜ屋の買収話を嗅ぎつけ、御園が察したのは、陸王を再度作らせないために手を引けとの話ではないかと小原に伝えますが、小原の腹の内はまた別なところにありました。

手を引くのではなく、取引をしたい・・・。内容を伝えると御園はそれもいいと。

茂木の活躍は大々的に報道されていました。RⅡの写真が載っているが宮沢は喜んでいます。

茂木の元には、フルマラソンを断念するようにと監督から指示がありました。その根拠は、アトランティスのデータが原因・・・。茂木のデーター上ではフルマラソンを走っても良い結果がでないという。

RⅡを履いてそんな失態は許されない・・・そう佐山が言うと肩を落とす茂木

そんな時、毛塚が1万メートルで茂木の記録を抜いたことが知らされます。

ニュースを見た、宮沢はなんとか1足でも茂木に陸王を渡せないかと大地らと話をします。シルクレイはあと少しならストックがあるあとはアッパー素材。

大地は、アッパー素材を求めクラヤマ織物に行きました。

担当営業が席を外していると受付で言われ、待つことにした大地、何時間も待ち会社が終わるまで結局粘ったあと、結局営業担当と会えなかったのですが、待っている姿をある男が見ていました。

その男が大地に声をかけてきて、話をすることに・・・。

内容を聞くと、男はビジネスチャンスだと取引を即答してくれました。名刺をもらうとそこには代表取締役と書かれてありました。

朗報を会社全員で聞いていると、玄さんはやはり文句を言いますが飯山が応戦・・・。大地はクラヤマ織物からもらってきたサンプル生地で陸王を茂木のために作りたいと言い出します。

たとえ履かなくても、持つだけでも良いと宮沢を説得・・・。それをそとから見ていたあけみも、復帰し一緒に作ることになります。

茂木は、そのころ、練習をしていました。監督や部員に止められてもやめない・・・。自分の何が悪いのかと自暴自棄になっていたのです。

飯山は村野を誘い飲み屋で話をしていました。もう一度茂木に陸王を届けてほしい・・・。しかし村野は怒り去っていこうとします。
「ものわかりの良い大人を気取ってついやせ我慢をしたくなるんだ!」
こはぜ屋が茂木のことをどれだけ思っているか、一緒に連れ添っていこうとどれだけ本気で思っているのかを伝えます。

あたらしい陸王が完成しました。重さは最高記録の148g!その場に突然村野が現れ、靴を点検し始めます。

修正点を加えて作り直しとなります。
玄さんは、失敗は許されないと珍しく口をはさんできました。

「作るからにはこはぜ屋品質じゃなきゃならん!」

みんなの想いが詰まった新しい1足の陸王・・・。村野が笑顔でひとこと「完璧です!」

その場で、宮沢はフェリックスとの買収の話をします。陸王を失うわけにはいかない・・・頭を下げそういうと、大地は従う・・・、玄さんも従うと言い出します。

あけみは、自分たちの技術を見せつけて「フェリックスに力を貸すつもりで傘下に入ってやろうじゃないか!」

宮沢は一人になった時、飯山がある提案をしてきました。最後のひとあがきをするべきだ、自分はこはぜ屋だけにシルクレイの製造を許可しているから、それをネタにして、買収の話を進めろと言います。

フェリックスとの買収契約の日、宮沢はこはぜ屋のはっぴを着て交渉に臨みます。

そこで、買収ではなく業務提携をし、こはぜ屋からフェリックスにシルクレイを供給するという形をとれないかと打診。怒り狂った御園が部屋を出て行こうとすると・・・。

「バカにしないでくれ!!!」

フェリックス以外に設備投資をしてくれる会社を探し出す。その時後悔するのはあなただ!
[clink url=”https://doramemo.com/rikuou-oohashi”]

まとめ

いざという時に宮沢社長は腹が座っているというか、相手にグサッと刺さる言葉を言いますよね。こはぜ屋を襲う困難もどんどん良い方向に行っていますし、フェリックスの御園には、最後の言葉はどう刺さるのでしょうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です